ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

前回のブログ記事を書いてからだいぶ日にちがあいてしまいました。


いやはや、

年度代わりはいろいろ異動などがあって忙しいものですね。。

さて、

さっそく続きを書こうと思いますが、

今さら何の話だってくらい時間が経ってしまいましたね。


申し訳ありません。。

ご容赦ください。


前回紹介した「医○4」の最終回、

そこに登場する元全米ナンバーワン脳外科医「岡○」の何が神業かって、


なによりもそのスピードが神業であると書きました。


脳底動脈の動脈瘤というのは、

数ある動脈瘤の手術の中でももっとも深部にある、難易度の高い動脈瘤です。


ここに到達するアプローチは代表的な物が2つあります。


一つは前頭葉と側頭葉の間からシルビウス裂を分け入っていくアプローチと、

もう一つは側頭葉の下からのアプローチの2つです。


ドラマではこの2つが登場していました。


「シルビアンフィッシャーを開けるぞ」 と言っていたのは前者のアプローチ。


そして、

クリッピングが出来ないと分かって、フローコントロールに切り替える時に


「サブテンポラールアプローチの視野が必要だ」


と言っていたのが後者です。


一般的な脳外科の手術では皮膚を切って、その下の筋肉を処理し、骨をあける開頭までの所用時間が、

だいたい30分から、時間がかかると1時間程度です。


骨が外れて、そのあとに脳を覆う硬膜を切開してから、

ようやく脳にアプローチします。


脳へのアプローチでは、脳とその血管を傷つけないように、

脳を覆うくも膜だけを切開して、展開していくのですが、


これがくも膜下出血後は血のせいで難しくなります。


要は脳の表面が血まみれになっているわけですから、

念入りに洗浄して血を流さなければ、切っていいくも膜か細い血管かがなかなか見分けがつかないのです。


つまり、

くも膜下出血後の脳へのアプローチは、出血がない状態より時間がかかるのです。


そこでこの、脳の前頭葉と側頭葉の間を指す シルビアンフィッシャー をきっちり分ける作業には、

それなりに30分から手間取ると1時間前後の時間がかかることが多いのですが、


このドラマの岡○は5分程度でこの操作を終了させました。


脳の一番深部にある脳底動脈まで到達するには、

より広くこのシルビアンフィッシャーを分ける必要があるので、これは神業です。


さらにそこから脳底動脈瘤を確認するまでが5分程度。


同様にこれもやはり早いです。


そして極め付けはそこから、

動脈瘤のクリップが出来ないと判断した後です。


アプローチをサブテンポラールに切り替えてから、

バイパスを行うのですが、このバイパスは脳の最も深部でのバイパスになります。


このミクロの術野で血管をつなぐ手技は、

最も上手な脳外科医でもやはり10分以上を要します。


通常の十分に練習を積んでいる脳外科医で20-30分というのが平均。

今回のような深部だともっと時間がかかるでしょう。


しかもいきなり縫い始める前に周囲の準備が必要ですので、

実際にはもっと時間がかかるものです。


しかし、岡○はこの辺りの手技をすべてトータル10分程度でやりきりました。


これはまさしく神速です。


「いくらドラマでもそりゃちょっと早すぎるでしょう、どう頑張っても全部で1時間はかかるよ」


というのが本音ですが、

まあ、そこは医○ですから良いとしましょう。


加えて、

動脈瘤の根っこが石灰化して硬化しているから、

「クリップをかけたら動脈瘤がふっとぶ!」


というような解説がドラマ中にありましたが、

実際には動脈瘤がちぎれるというようなことよりも、


硬いからクリップをしても閉じない、ということの方が多いはずです。


とまあ、

いろいろありましたが、それでも面白かったですね、このドラマ。


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(11)
PR

テーマ:

昨日、ある医療ドラマの最終回を見ました。


そう、

「医○4」です。


ある方のコメントで医療ドラマへの感想を求められたので、

ちょっとたまには書いてみようかと思います。


しかも今回のこのドラマの最終回には脳外科の手術も関わっていましたので、

正直、かなり楽しんで見る事ができました。


実際に現実味がどうか、ということではなく、

ちょっとありえないと思いつつも脳外科医的には、

そうきたか!すごいな! と、盛り上がってしまうような内容でした。


ドラマでは、

心臓と脳の動脈瘤が同時破裂!

というまず普通はお目にかからないような最悪の状況が描かれていました。


僕自身、

そんな経験は全くありません。


そこで同時に止血のための手術をしようというのですから、

もうこれは現実の医療では滅多にありえないウルトラな手術ですね。


この同時手術が勃発するという事自体がまず、

滅多にない状況と言えるでしょう。


そして、

その手術の内容はまさにチーム○○でしか成し得ない超絶なものでした。


心臓の部分に関してはあまりわかりませんが、

まあ、あーいった再建術というのはあり得るんじゃないかと思います。


脳に関しても、

あの術式自体はもちろん超高難度の手術ですが、

有り得ないわけではありません。


脳底動脈瘤に対するクリッピングは難易度高ですが、

動脈瘤治療に熟練した脳外科医であれば可能です。


そして、今回のドラマで行われた、

脳血管バイパスを併用したflow control surgery、


これも関西の某有名大学が主に

flow alterationと呼んで治療を行っています。


脳底動脈はちょうどトンボのように見えるので、

Mission dragonfly と呼んで、この困難な疾患の治療に挑んでいます。


よって、

今回登場した脳外科の手術は実際に行われているものではあります。


しかし、

いくつかの点でやはり今回のドラマの手術は人智を超越した神業としか言えません。


それは、

圧倒的に手術時間の問題です。


次回に続きます。



名月の電子書籍と紙の書籍の紹介

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ











いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

今年もインフルエンザが流行しているようです。

しかしながら、ピークは越えつつあるのかもしれません。


今回は新しいインフルエンザワクチンについて少し書きます。


脳外科とはちょっと離れた話題です。


インフルエンザワクチンを毎年受けている人はきっとこの記事を読んでいる方にも少なくはないでしょう。

二の腕の裏側に注射するあのワクチンです。


現在インフルエンザのワクチンと言えば、この筋注によるワクチンですね。

しかしこのインフルエンザのワクチン、

決して感染そのものを予防するための物ではないということをどれだけの人が知っているでしょうか?


「ワクチンを打ったからインフルエンザにはかからないはず」


そう思っている人の方が多いのではないでしょうか。


実際には今のワクチンを接種したとしてもインフルエンザにはかかります。

喉や鼻の症状は防げないのです。


では何のために今のワクチンを打っているかというと、

重症化を防ぐためです。


毎年流行る季節性のインフルエンザはまれに免疫の弱い小児や高齢者に肺炎や脳炎などを起こし、

0.1%未満の死亡率があります。


これを防ぐためにワクチンを打っているようなものであり、

感染そのものを予防するためではないのです。


これは何故かというと、

筋注したワクチンは体内でIgGというタイプの抗体を作りますが、

そのIgG抗体は感染の入口である粘膜の防御には役立たないからです。


インフルエンザの感染は鼻や喉の粘膜から起きるのですが、

その感染を防ぐためにはIgA抗体が必要です。


そして、

そのIgA抗体をつくるために必要なワクチンは筋注ではなく、

経鼻ワクチンなのです。


鼻に噴霧するこのワクチンは鼻や喉の粘膜にIgA抗体を作ります。

そうすることによってインフルエンザの感染そのものを予防することが出来るのです。


とはいえ、この経鼻ワクチン自体は必ずしも新しい物ではありません。

この経鼻ワクチンは1990年代後半から研究されていました。


しかし、

なかなか実用化までのハードルが高く、現在も実用化には至っていないのです。


そんな経鼻ワクチンがいよいよ実用化に向けて動きつつあるようです。

このワクチンが完成すればついにインフルエンザの感染そのものを予防できるようになるかもしれません。


今後、日本でこのワクチンが世界に先駆けて承認、使用されるようになればと願います。


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥500円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ











いいね!した人  |  コメント(9)

[PR]気になるキーワード