荒川源流を舟で楽しむ埼玉県長瀞町の「長瀞ライン下り」がシーズンを迎えている。船頭のガイドを聞きながら、春の長瀞渓谷などを満喫できる。

 ライン下りを運航する秩父鉄道によると、雪解け水が流れ込み、昨年同時期より水かさが多い。このため、国指定の天然記念物「長瀞岩畳」や、高さ20メートルの荒川橋梁(きょうりょう)を見ながら、迫力あるライン下りを楽しめるという。

 全行程6キロと、中間地点を船着き場とスタート地点にする3キロの計3コース。【内藤絵美】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
コウノトリ:卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡

<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
米大統領補佐官と電話会談=「普天間」早期解決を確認-岡田外相(時事通信)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死-東京地検(時事通信)
6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案(医療介護CBニュース)
AD