鳩山由紀夫首相は23日の参院予算委員会で、官房機密費(内閣官房報償費)について「4月からすべての支出をチェックする。適当な年月を経た後、すべて公開するよう準備に取りかかっている」と述べ、今年4月以降のすべての支出について一定期間が経過した後に全面公開する意向を初めて表明した。ただ、公開時期については「当然、すぐに公開することは必ずしも適当ではない」と慎重に検討する考えを示した。

 首相は同日夜、首相官邸で記者団に「前政権では官房長官からどこに行くか記録にとどめていない。問題だ」と指摘。今後はすべて記録にとどめるよう平野博文官房長官に指示したことを明らかにした。【鈴木直】

【関連ニュース】
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き
官房機密費:半年で3.6億円 未使用分は返納へ
官房長官:鈴木宗男議員に質問主意書の取り下げ求める
官房機密費:あり方を見直す考え 改めて示す…官房長官
官房機密費:首相、公開方法の検討を指示

郵政改革、今週決断=政府出資と郵貯限度額が焦点-亀井担当相(時事通信)
刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決(産経新聞)
雑記帳 海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
AD