W杯開幕に合わせ11日夜、東京・汐留の大手広告代理店「電通」本社ビル(高さ210メートル)壁面に「祝 開幕」の文字が現れた。窓のブラインドの開閉で表示。大会を盛り上げようとW杯期間中はほぼ連日午後7~10時、巨大なサッカーボールや日本代表への応援メッセージなどを描く。【小泉大士】

【関連ニュース】
南アW杯:日本応援サポーターも出発
南アW杯:「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画
南アW杯:くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪
南アW杯:ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル
南アW杯:競技場でキックオフコンサート…今夜開幕

小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還(産経新聞)
菅首相の所信表明詳報(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」(産経新聞)
<はやぶさ>ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地(毎日新聞)
<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)
病院の病床再び減少、160万床割り込む―3月末概数(医療介護CBニュース)
AD
 菅新首相は8日夕、首相官邸で記者会見し、「政治の役割は、『最小不幸』の社会を作ること。貧困や戦争をなくすために政治は力を尽くすべきと考える」と抱負を述べた。

 参院選の勝敗ラインについて、「岡田代表時の議席(2004年改選時の50議席)がベースとなる。これをどこまで超えられるかだ」と述べた。

 新内閣のキャッチフレーズについて、菅新首相は(幕末の志士・高杉晋作にあやかって)「奇兵隊内閣」と表現した。

 今国会の会期延長について、「新しい幹事長らや他党と議論して方向性を定める」と述べるにとどまった。

 また、財政、社会保障の建て直しを軸とする成長戦略について触れ、経済、財政と社会保障を一体にして建て直しをしていく考えを述べた。

京の四条の橋の上、未明2人組強盗(産経新聞)
哀川譲氏の小説を自主回収=「井上堅二氏作品と類似」―アスキー(時事通信)
<毎日世論調査>菅首相に期待63% 小沢氏辞任評価81%(毎日新聞)
厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)
民主代表選 菅氏つかず離れず 小沢氏と連携慎重(毎日新聞)
AD
 名古屋市議会は24日、審議経過をまとめたものをテレビで放送する費用を6月補正予算に盛り込むよう、河村たかし市長に求めた。対立が続く議会からの要求に、河村市長は「中継をそのまま伝えるならいいが、編集となると少数意見が封殺されるのでは」と述べ、議会側の主張が一方的に流されることを警戒している。

 河村市長は毎週のようにテレビに出演して議会批判を展開している。横井利明議長は「市長に言われっぱなしではなく、市民に判断材料となる情報を提供しなければ」と対抗心を燃やす。

 一方で市長も、民主党市議団が市内全戸に配布したビラで当初予算案や市民税恒久減税を批判されたことに不満を示し、議会独自の情報発信には神経をとがらせている。

 議会側は、民放地上波の放送枠を買い取り、定例会が終わるごとに5分程度の番組を放送する考えで、事業費は5370万円。

 この要求に対し、河村市長は「税金を使うことが市民にどういう意味があるか検討したい」と答えた。記者団には「市民を無作為抽出して意見を聞いてみたい」と語った。

 名古屋市議会事務局によると、政令市の議会で地上波で広報番組を放送しているのはさいたま、川崎、横浜、大阪、京都の5市で、本会議中継や議員座談会が主。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市議会:全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ

普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
[ケヤキ・庭石訴訟]元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁
区長の育休を条例化、給与は半額…文京区(読売新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
対外純資産266兆円 過去最高19年世界一 21年末(産経新聞)
AD