「みんなで食べよう宮崎の牛」―。鳥取県米子市の畜産農家が経営する焼き肉店が6月1日から、これまで扱っていなかった宮崎の牛肉をメニューに登場させる。普段はライバルだが、口蹄(こうてい)疫で苦境に立つ宮崎の生産者にエールを送ることを決めた。
 「同じ生産者として痛いほど気持ちが分かる」と語るのは、鳥取県のブランド牛「大山黒牛」の専門店を経営する西田佳樹さん(38)。西田さんは大山黒牛を約130頭飼育する畜産農家でもある。
 子牛が生まれてから出荷までの約900日間は「牛に幸せに過ごしてもらうよう骨身を削る」日々だ。そうして育てた牛は「消費者が喜ぶおいしい牛になる」という。
 連日の報道で「感染していない地域の牛まで風評被害で売れなくなる可能性」を耳にした。生産者の仲間としてできることはないか。宮崎の牛肉を店で提供することを思い付いた。
 通常は1カ月間で1000人前のコースが売れるが、半分に当たる500人前を宮崎から買い入れる。その分、自分の牛が売れなくなる恐れもあるが、「やってみよう」と踏み切った。
 初回の仕入れ先は宮崎県日南市の牛で30キロ。現地の畜産農家と話した上で選んだ。他の非感染地域からも買っていくという。 

貨物船 宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
口蹄疫ワクチン接種 農水相発言、遅れの一因 「補償額」に地元不信感(産経新聞)
<死体遺棄>側溝に切断された両脚 新潟・村上(毎日新聞)
福島・飯舘 善意の絵本、村に続々 10日間で1万冊突破(毎日新聞)
今年度予想は2ケタ台の増収・増益-大洋薬品工業(医療介護CBニュース)
AD