【慶州(韓国南東部)=赤地真志帆、水沼啓子】岡田克也外相は16日朝、慶州市で韓国の柳明桓外交通商相と会談した。岡田氏は北朝鮮の関与の疑いが高まっている韓国哨戒艦沈没について「韓国を支持し必要な協力を惜しまない」と表明、今後も日米韓が緊密に連携して対応していくことを確認した。また、2004年11月以来中断している日韓経済連携協定(EPA)の交渉について日本側は早期再開を求めた。EPAについて今月末に韓国・済州島で予定されている日韓首脳会談で協議される見通し。

 一方、竹島(韓国名・独島)への実効支配を強めるなどの韓国側の最近の動きに関連して岡田氏は「抑制してもらいたい」と要請。これに対して、韓国側は従来の立場を述べるにとどめた。両外相は、竹島問題が日韓関係全体に悪影響を及ぼさないよう努力することで一致した。

 岡田氏は16日午後、民間機で帰国した。

【関連記事】
オバマ政権と中国の危険な妥協
対北朝鮮 日米韓で危機への備えを
沈没は北の攻撃と判断 韓国軍が声明発表へ
北朝鮮の水中訓練が激増 哨戒艦沈没と関連か
米海軍「真珠湾以来の大敗北」
少子化を止めろ!

主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
<入管>収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)
<猫虐待>25歳男を書類送検 「鳴き声うるさかった」(毎日新聞)
石原知事「鳩山大先生が知ってらっしゃるか知らないが…」(産経新聞)
揺らぎ続ける首相 質問無視、メディア対応異変(産経新聞)
AD