野の花手芸噺

毎日の手仕事記録日記。フェリシモ、ホビーラのキットがメイン。着せ替え人形も大好き。作品の感想や画像を残すべく自己満足のためにやっています…


テーマ:
今日もいつものクチュリエのかぎ針編みお花モチーフの紹介なのですが、趣向を変えて出来上がりまでをちょっと詳しく書いていこうと思います。
かなり長くなりますが、興味のある方はお付き合い下さい~
選んだのはキット番号は77のクモマグサ×シャクヤクのクマグサのお花モチーフの出来るまでです。

フェリシモさんの説明書の完成画像
野の花手芸噺-P1000576.jpg
今回もとっても可愛らしいモチーフになりそうな予感…
そうそうフェリシモさんの指定のかぎ針は5号なのですが、私は4号針を使っています。最初に5号針で編んでみたところ、サイズがかなり大きくなってしまったので、ひとつ小さい号数の針を使うことにしました。
5号で出来上がりが小さくなってしまう方は6号で編んでみるといいかもしれません。
でもこの毛糸は合細で、二本どりでも細いので小さい針の方が編みやすいかもしれません。

編み図にしたがって1段目を編んでいきます。毛糸はオレンジ色に近い茶色です。
出来上がったら編み図と比較して大きさを確認します。
これは結構大切な作業です。この時点で編み図と極端に大きさが違う場合は、キツ目に編んだり、ゆるく編んだりの工夫が必要になってきます。
一段編む毎にちゃんと大きさを確認していくと、編み直しが必要な場合にも手間がかからないです。
野の花手芸噺-P1000577.jpg
大きさは大丈夫なようですね。
大きさの確認をした時点で私は端糸の始末をしてしまいます。
説明書では最後にまとめて処理するようになっていますが、次の段を編むのに糸が残っていると邪魔だな~と感じるからです。
そして同じのをもう2枚編んでしまいます。1枚ずつモチーフを完成させて編み上げてもいいのですが、流れ作業的に糸替えを区切りに3つまとめて編んでいくほうが、同じ大きさで編めているかの確認も出来て、出来上がりの大きさにバラつきが出ない気がします。

糸を白に替えて、2段目を編みます。そして、再び編み図と確認。
野の花手芸噺-P1000580.jpg
ちょっと大きめに編み上がったように見えますが、これは許容範囲です。3段目を編む時に花びらの上の目の部分に針を入れて編みこむ図案なので、頭の目の部分は3段目と重なる感じになるからです。
でも、もしすごく大きくなった場合は、編み図をちょっと変えたりもします。
例えば、この2段目は長々編みで花びらを作っているのですが、それを長編みにすると一回り小さくなります。
サイズを合わせたら、残りの2枚も編んで、糸の始末をします。

そしてお花部分の最後の段。糸を薄いオレンジに替えて編んでいきます。
最後の編み図との確認。
野の花手芸噺-P1000582.jpg
やった~!ジャストサイズに仕上がっていますよね。
3段目を編むことによって、2段目が少し小さくなっているのがわかりますでしょうか。
もちろん3枚編み終わったら糸の始末。

続いて糸を緑に替えて、モチーフを四角にするための飾り編みの部分を編みます。
ここからは全てのお花モチーフにだいたい共通している編み図なので、編み目さえ均等にするように心がければ大きさの確認はしなくても大丈夫でしょう。
野の花手芸噺-P1000583.jpg
この時点が一番ナヨナヨしていて、出来上がりに不安を覚えてしまいます。
丸まってしまっていて、ちゃんと四角くなるのかしら?って毎回思ってしまいます。
3枚編んで糸の始末。

糸を生成りに替えて、最後の2段を細編みをしていきます。
そして糸処理して完成!
野の花手芸噺-P1000584.jpg
細編み2段終えると、飾り編みだけの状態と比べると少しは4角形に見えてきますよね。
残りの2枚も編み上げたら、いよいよ形を整える作業に入ります。

そこで秘密兵器!
野の花手芸噺-P1000585.jpg
汚い布に4角形が並んでいますが(笑)
実は古いアイロンボードにクラフト用のマスキングテープでモチーフの出来上がりサイズ9.5cm×9.5cmの四角形を沢山作っています。
これがあるおかげで、私の日々のお花モチーフ制作が格段に楽チンになっています。
普通はアイロン台に出来上がりサイズを書いた紙をのせて、それを下敷きにマチ針を止めていくのですが、それだと10回位使うとヘニョヘニョになるので、このアイロンボードじかに線を描く!という発想が生まれました。
マスキングテープなので、すぐに剥がせるし、水にも強いです。貼りっぱなしにしていても、普段アイロン台として支障なく使えます。
そして1度にモチーフを何枚も処理できます。

それではマチ針でカタチを整えていきます。
…が、その前に私は出来上がったモチーフ一度すすぎ洗いします。
洗面所にぬるま湯を張って、柔軟剤(ウチではホテル宿泊時に戴いてくる携帯用のリンスを代わりに利用。)をほんの少し溶かして、軽くすすぎ洗いをして、タオルで挟んで軽く押して水気を切ります。
そしてスプレー糊をひと吹きかけて、さっとモミモミして馴染ませます。

そしてようやく本当にマチ針登場。編みあがりは出来上がりサイズよりも気持ち小さくなっていますので、四つ角からモチーフを伸ばすようにして、マチ針を止めていきます。
野の花手芸噺-P1000586.jpg
マチ針は面倒くさがらずに、沢山使って形を整えるときれいな仕上がりになります。
四角形4辺はもちろん、お花の方も形がキレイに出るように止めます。
実際このモチーフ1枚に24本使っていますよ。
この後、スチームアイロンをかけると早く仕上がるのですが、私は先にすすぎ洗いをして薄く糊付けまでしているので、このままモチーフが乾くまで2~3時間放置します。

そしてクモマグサ完成!
野の花手芸噺-P1000595.jpg
キレイに四角形になりましたね。

長くなりましたが、今日はここまで!
明日は単色モチーフのご紹介。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

nonohanaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。