東京都三鷹市の集合住宅の住民と管理組合が、同じ集合住宅に住む将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(70)を相手取り、敷地内での野良猫への餌やりの差し止めなどを求めた訴訟で、加藤九段は26日、餌やりをしないことと慰謝料など204万円の支払いを命じた東京地裁立川支部判決を受け入れ、控訴しない考えを明らかにした。

 加藤九段は読売新聞の取材に「判決文をよく読んで、犬、猫の存在を守る社会通念が書かれていて満足した」と述べる一方、「敷地外での餌やりは続ける」と話した。

ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
閉鎖中の食肉処理場を再開へ=特例、牛肉の出荷促進で―農水省(時事通信)
スポーツ・タレント候補 安易な擁立に反対9割、「谷氏は当選なら五輪断念を」の声も(産経新聞)
国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
参院選敗北なら首相退陣=公明・みんなと連立も―渡部氏(時事通信)
AD