京都市立京都堀川音楽高(京都市中京区)が所有するバイオリンが、本来、購入したはずの外国製の高級品とは別の、数百万円安いものに入れ替わっていることがわかった。

 同校は「いつ、どこで入れ替わったのか全くわからない」と困惑している。

 同校の備品台帳によると、バイオリンは、20世紀前半に活躍したイタリアの有名バイオリン作家ガエタノ・ガッダの作品で、1947年製。楽器販売業者によると、ガッダの作品は、海外のオークションでは200万円前後で落札されるケースもあるが、日本では1000万円以上で取引されることもある。

 市教委が99年に「ガッダの作品」との条件付きで入札を行い、楽器販売業者から212万円で購入。学校外の演奏会に持ち出し、生徒の楽器が壊れた際の予備として使っていたという。

 しかし、昨秋の監査で、購入以来初めて、バイオリン内部のラベルを調べたところ、イタリアの別の作家の作品(1988年製)になっていた。

 同校は、バイオリニスト葉加瀬太郎さん(42)の母校。 

法廷内で精神鑑定 大阪・住之江の死体遺棄(産経新聞)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
ワクチン接種、合意先送り=山田副大臣と地元首長らが協議―口蹄疫(時事通信)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)
<普天間移設>27日に知事会 訓練の分散移転受け入れ協議(毎日新聞)
AD