有識者でつくる「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)は16日、「政治改革課題に関する提言」を鳩山由紀夫首相に手渡した。提言では、鳩山政権を「首相の指導力が疑問視され始めているのは、政治主導を看板にした政権にとって極めて深刻な事態だ」と批判。「政治主導が成功しているとは言い難い」として首相主導による政府・与党一元化を急ぐよう求めた。昨年衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)については、「必ずしも十分なものではなかった」と指摘したうえで、柔軟な見直しを促している。

 「政治とカネ」の問題では、政治資金の透明化を図るため、政治家個人の政治活動に関する資金を一元管理する「政治会計」の新設を提案。政治会計を管理する団体が解散した場合、資産は政治家個人ではなく、政党に帰属させることで、「政治家の不当な利益」を防ぐよう主張した。

 また、国会改革については、与党が独走せず、与野党合意のもとで進めるようクギを刺すとともに、予算委員会を文字通り「予算を審査する委員会」に大きく見直すよう求めている。

【関連記事】
仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?
民主党政権で学生の「官僚離れ」に危機感 直嶋経産相がメッセージ
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール
閣内不一致どころか、もはや“閣分裂”の域に
外国人地方参政権問題に一石

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
天皇陛下から「おめでとう」真央、緊張のち笑顔(読売新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)
AD