【ワシントン=佐々木類】日米両政府は14日、先の外相会談で合意した同盟関係深化のための協議について、議題や協議の進め方などを話し合う事務レベルの初会合を国防総省で開く。日米関係筋が明らかにした。

 会合には、防衛省の高見沢将林防衛政策局長、外務省の冨田浩司北米局参事官、グレグソン国防次官補(アジア・太平洋担当)、ドノバン筆頭国務次官補代理らが出席する。日米安全保障条約改定の署名から50年となる今月19日に予定している外務・防衛担当閣僚による共同声明の内容も詰める。

【関連記事】
日米外相会談 移設平行線も同盟深化協議は開始
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は
日米のきしみ、経済に波及 米長官のエコカー減税懸念表明で
クリントン氏「現行案がベストだ」 日米外相会見詳報 
普天間めぐり平行線 日米外相「5月まで…」「現行案急げ」

犠牲バイト店員「拳法で全国大会、優しい先輩」 居酒屋発砲3人殺害(産経新聞)
参院選、小沢氏の陣頭指揮で=首相(時事通信)
<独立行政法人>役員公募に統一基準作成を 官房長官が指示(毎日新聞)
富士重工、防衛省を提訴…ヘリ発注打ち切り(読売新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
AD