JR旅客6社は14日、夏の臨時列車運行計画を発表した。7月1日から9月30日までに主要48線区で前年比8%減の1万853本を運行。景気回復の兆しを受けて前年並みの4123万人の利用を見込むものの、昨年5連休だった9月の連休が3連休になることなどから、臨時列車の本数は抑え気味となった。

【関連ニュース】
東京メトロ:東西線、人身事故で乱れ
南海高野線:快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪
横須賀線:女性はねられ死亡 5万人に影響
JR埼京線:新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響
JR関西線:「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩

「辺野古周辺」明記へ=負担軽減で環境特別協定-普天間政府案(時事通信)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
鳩山首相が「6月以降も努力」と5月末決着断念を表明 普天間移設問題で(産経新聞)
うつ病が回復しない原因、「自分の性格」と考える患者が7割超(医療介護CBニュース)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
AD