自民党の石破茂政調会長は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、「自民党ならこうすると示さずに『5月末にできなかった。(鳩山由紀夫首相は)辞めろ』というのは従来の野党と一緒で無責任だ」と述べ、党の独自案を検討する考えを表明した。都内で記者団に語った。

 石破氏は独自案について、キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)への現行案ではなく与党時代に検討した中から複数の案を提示する方針を示す一方、「(政府が検討している)鹿児島・徳之島への一部移転は絶対にありえない」とも述べた。

 ただ、大島理森幹事長は同日夕、党本部で記者団に対し、「信頼がないところにどういう案を示しても(沖縄県民と)話す環境にはない」と、独自案の提示に難色を示した。党国防部会の関係者も「党が火中のクリを拾う必要はない」と指摘した。

【関連記事】
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
失敗から何を学ぶか…新しい「鳩山論」の時期が来た
前原氏を「盟友」と呼んだ日 仙谷氏、「ポスト鳩山」のロードマップとは
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<掘り出しニュース>愛知・豊橋市に外国人初の正規職員、日系3世・仲宗根さん「早く一人前に」(毎日新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
「財政運営戦略」を念頭に取りまとめを―民主党マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
首相との面会「あり得る」=徳之島町長(時事通信)
AD