静岡県焼津市で2006年12月、ブラジル人母子3人が殺害された事件の遺族のミサキ・マルシリオ・コウイチさん(49)が、焼津市内のアパートの自宅で死亡していたことが23日、わかった。

 日本政府からの代理処罰要請に基づきブラジルで起訴されたネベス・エジルソン・ドニセチ被告(47)は公判中に釈放され、現在は行方知れず。ミサキさんは「犯人を日本で裁いてほしい」と願っていたが、日本での審判は実現せず、故国での判決言い渡しも聞き届けないまま他界した。

 焼津署によると、ミサキさんは3月末、自宅で死亡しているのが見つかった。病死で、死後1か月近く経過していたとみられるという。

 事件でミサキさんは、妻ソニアさん(当時41歳)、長男ヒロアキさん(同15歳)、次男ヒロユキさん(同10歳)の3人を失った。ネベス被告は、事件後間もなくブラジルに出国。日本政府からの代理処罰の要請に基づいて起訴されたネベス被告の初公判(08年2月)の際はミサキさんもブラジルに渡って傍聴。罪状認否を留保したネベス被告に対し、ミサキさんは閉廷後、「何も話さないなんてあんまりだ」と怒りをあらわにした。

 しかし、裁判所はその後、ネベス被告の身柄を釈放した。ミサキさんは「日本で裁いてほしい。真相を聞きたい」と度々口にしていた。

 ミサキさんは、ソニアさんとともに1990年に来日。事件当時は焼津市内のプラスチック部品製造工場で働いていた。事件直後は母国へ帰ることも考えたが、「家族で過ごした楽しい思い出が全部ここにある」として焼津市に残り、短期のアルバイトをこなし、ブラジル人の友人から支援を受けながらアパートで一人暮らしをしていた。最近は病気がちで、外出することも少なくなっていたという。

鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
増える「夜型」美術館 「仕事帰りに見たい」の声に応え(産経新聞)
<強盗殺人未遂>タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川(毎日新聞)
ネット選挙 解禁範囲の議論始める 与野党協議機関(産経新聞)
火山噴火 日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
AD