今年も開催しました、

共同参画ファシリテーター育成研修(*)


(*)男女共同参画の視点を有し、

財団と協働して地域で活動できる人材を育成するため、

人材育成事業等の研修修了者のうち希望者を対象とした研修。


◆「共同参画ファシリテーターは、何をするのか?」

昨年度実績から、紹介しますと・・。


①南魚沼市主催事業支援

 南魚沼市男女共同参画推進に向けた研修会での運営協力


②新潟県産業労働観光部労政雇用課主催事業支援

 「ワーク・ライフ・バランス推進セミナー」での運営協力


③新潟県産業労働観光部職業能力開発課主催事業支援

「新潟県就労促進講演会」でのワークショップ運営協力

など。


主催者から、

「講演のあとにワークショップを行い、アウトプットの場を作りたい」

という依頼があれば、

財団の専門員と一緒に出向き、ワークショップの運営を行っています。


◆共同参画ファシリテーターは、

ファシリテーションのスキルはもちろん、

「男女共同参画の視点」が、求められています。


積極的に、財団事業に参加し、

学習の機会を得ると同時に、

年1回は、全員で集まり、

「最近、どうよ?}と情報交換や

スキルアップに努めています。

(年1回の健康診断ですなへび


◆今年は、8月31日に開催、

11名(女性7名・男性4名)が参加。


ばらんす~frameをはずしてわたしらしく~

講師は、加留部貴行さん

(財団事業の「ファシリテーション基礎編・中級編」の講師)


オールリクエスト大会(課題を持ち寄り、一緒に考える)と、

最近話題の「ワールド・カフェ」についてレクチャーを受けました。


ばらんす~frameをはずしてわたしらしく~

「最近、こんなことを経験した。どう対応すればいい?」

「問いって、難しい・・・」

など、など。


◆今年は、特別に

2月にもう一度、研修会を開催。

ファシリテーションスキルの他に、

「男女共同参画の視点」について

みっちりと学ぶ予定。

(まあ、人間ドックですなへび


ますます、バージョンアップしていきますよ!


共同参画ファシリテーターについて、

もっと詳しく知りたい方は、財団までお問合せください。









AD

会議や話し合いを

スムーズに進行させるファシリテーション基礎

体験しながら学ぶセミナーを、8月30日に開催しました。


講師は加留部貴行さん。

NPO法人日本ファシリテーション協会フェローで、

九州大学大学院の客員准教授です。


ばらんす~frameをはずしてわたしらしく~

*ちょっと早口の加留部さん。

「参加者のみなさん、大丈夫…?」と、

心配でしたが・・・(へび


「テンポがよく、わかりやすい!」

「集中して聞くことができた」大好評でした。


20代から70代の男女20人が参加。


午前中は、講義中心。


それぞれの現場での会議風景

思い浮かべながら、

ファシリテーションスキルの

基礎を学びました。


午後は、

講義のほかに、

活動(板書リレーやワールド・カフェなど)を体験。

「ファシリテーター役」を全員で体験しました。


【アンケートから:主な感想

★会議でどうやったら納得できる合意が得られるのか?と、

悩んでいたが、解決策(道筋)がみつかった。


★わかりやすい説明で、ストンと納得できる内容だった。


★ホワイトボードを使った会議進行は、仕事にも役立つと思った。


★ワークショップや官民協働の機会が増えてきたので、

 今後の実践に活かしたい。


★研修センターで研修を企画する上でも活用できると思った。


などの感想がありました。


◆今回は、ファシリテーションの基礎を学ぶセミナーでした。


秋には、基礎編を学んだ方のスキルアップのために、

「ファシリテーション中級編」を開催します。


日時:11月23日(祝・土)24日(日)

講師:加留部貴行さん


ファシリテーションの基礎を学び、いざ実践!


・うまくいったこと

・うまくいかなかったこと・・・などなど、


いろんなことを体験して、

「中級編」にご参加ください!


お待ちしています!


へびでした。









AD

7月27日、

青木将幸さん見参でするん♪


『市民の会議術

ミーティング・ファシリテーション入門』の著者で

ファシリテーターの青木さんをお招きして

セミナーを開催しました。


このセミナーの興味深いところは

佐渡市と燕市からの参加者が多かったということです。


青木さんの本も出版社の方が驚くくらい

佐渡で売れているらしいです。


プログラムは参加者の声を聞いて

その場で紡ぐことが多いので・・・と

ノープランでセミナーがスタートしました。


9時30分から17時30分という長丁場にもかかわらず

青木さんは至ってフリー。


フリーだから持つのか・・・??


疲れ知らず。

会場だけでなく建物内も散策。



ばらんす~frameをはずしてわたしらしく~

皆さんの声を聞いたり

お話したりするときのスタイルもフリー↑


機嫌良く「そこにいる」と言う感じです。


話し合い・ワーク・話し合い⇒振り返りを

丁寧に繰り返し

気づきや学びが深まっていきました。


青木さんの「待つ」ことの豊かさを

再び垣間見られたセミナーでしたうふ♪



AD