発達中の低気圧の影響で、北日本と北陸は14日から15日明け方にかけて、20メートル以上の強風が吹き、海上も大しけとなるため、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、14日に予想される最大風速は北日本の日本海側の陸上で20メートル、北日本の太平洋側や北陸の陸上で18メートル。海上でも20―25メートルの強風が吹く。北日本では、強い寒気の影響で雪を伴い、吹雪となるところもある。

 北日本や北陸の沿岸では大しけも予想され、波の高さは5―7メートルが見込まれている。

<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)
<善通寺市長選>平岡氏が無投票で初当選 香川(毎日新聞)
米タイム誌インタビュー 首相「今まで従属的…米の言いなりならぬ」(産経新聞)
特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)
原人事官の再任を閣議決定(産経新聞)
AD