三重県四日市市の大型スーパーで先月、食パン2袋から縫い針が見つかった事件で、県警四日市北署などは18日、偽計業務妨害容疑で、同市富田一色町、パート清掃員伊藤富佐子容疑者(67)を逮捕した。同署によると、「なぜか入れてしまった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は先月18日午後7時20分ごろ、四日市市富州原町の「ジャスコ四日市北店」で食品売り場に陳列されていた食パン2袋に、いずれも長さ約3センチの縫い針2本を差し込み、同店の営業を妨害した疑い。 

【関連ニュース】
厚揚げパックに待ち針=スーパーで客が購入
「中学爆破する」市に予告メール=小学校含み休校に
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本
刺身と菓子パンから針=三重
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本

首相動静(2月22日)(時事通信)
<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
参院選での定数是正は断念(産経新聞)
政府、金賢姫元工作員の来日に向け韓国と協議(産経新聞)
金剛峯寺新法印に田島大僧正(産経新聞)
AD