郵政民営化に反対して自民党を離党し、無所属を続けていた平沼赳夫元経済産業相(衆院岡山3区)は2日、月内にも新党を結成する意向を固めた。政党助成法で定められている現職国会議員5人という政党要件について、都内で記者団に対し「条件を満たす状況になっている」と述べた。参加議員の見通しがついたとみられる。

 「新たな保守勢力の結集」を掲げ、夏の参院選に複数の新人候補を擁立する方針だ。保守層に支持を広げ、民主党、自民党の二大政党とは別の「第3極」を目指す。新党には、衆院会派「国益と国民の生活を守る会」(平沼グループ)所属の衆院議員のほか、自民党から複数の参院議員の参加が取りざたされている。

【関連記事】
4月新党ラッシュの予感! 公選法の「保護」規定で どうなる平沼グループ、鳩山邦夫氏…
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…
【週末に想う】散る桜 残る桜も 散る桜 小林静雄
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲
平沼グループと山本有二氏の「のぞみ」が25日に勉強会
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<民主>定数3以上は複数候補擁立へ 統一地方選(毎日新聞)
【from Editor】邦夫さんたち、違うだろう(産経新聞)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)
<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
AD