FUKUYAMAのブログ

ブログの説明を入力します。
思いついたこと、よく分からなくてトモダチに聞きたいこと、日々の近況など書き留めておいています。


テーマ:

 

ようこそ!今山チューリップ園

 

このチューリップ園は

佐賀県佐賀市大和町今山部落の老人クラブが

三叉路のコーナーの空き地を利用して

つくったもの緑の基金の助成を受けて整備したらしい

 

募金を募って整備していくらしいので

お花をながめたら 募金もよろしく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イースター復活祭の日です キリスト教の重要な祭礼ですが
春分のころの、太陽の出ている日照時間のほうが夜の闇よりながくなり
明るくあたたかくなり多くの生き物たちが生き生きと活動を始める
その喜びを多くの人々と生き物たちと分かち合う素敵なお祭りです
だから春のうきうきしている気分は、みんなでハッピーイースターでよいのです
今年2017年は、グレゴリウス暦もユリウス暦もイースターの日は同じなのです
それはつまり、カトリックもオーソドックスもプロテスタントも
世界中すべての人々が同じ日にイースターの喜びを祝いあうという
歴史上もっとも祝福に集う人々が多い一日となります

イースター復活祭の福音が皆様と共に在りますように







イースター・サンデー イースター・マンデー
いかが過ごされましたか

その前の聖なる三日間
過ぎ越しのミサにちゃんと礼拝してイースターを迎えると
その前の年にやったワルイコトがすべてチャラになる(嘘)
といわれます

イースターは毎年、春分の日から最初の満月の次の日曜日です 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イースター復活祭の日です キリスト教の重要な祭礼ですが

春分のころの、太陽の出ている日照時間のほうが夜の闇よりながくなり

明るくあたたかになり多くの生き物たちが生き生きと活動を始める

その喜びを人々と生き物たちと分かち合い感謝する素敵なお祭りです

だから春のうきうきしている気分は、みんなでハッピーイースターでよいのです

今年2017年は、グレゴリウス暦もユリウス暦もイースターの日は同じなのです

それはつまり、カトリックもオーソドックスもプロテスタントも

世界中すべての人々が同じ日にイースターの喜びを祝いあうという

歴史上もっとも祝福に集う人々が多い一日となります

 

イースター復活祭の福音が皆様と共に在りますように

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「タイは戦争状態にない。」←タイの国王や軍人に、弱い者いじめや市民に武器を向けることはっても、外国とガチの戦争する度胸はないよ。そもそもタイ王室やタイ軍とはそういう連中。

タイ王国の徴兵なめてるでしょ、王室の専制と軍事政権下のタイではいつ何時一般市民や自分の親兄弟に、銃口むけて殺戮せねばならんかわからんのですよ。

記事中息子の徴兵を悲しんで自殺する父親のことをおちょくっているようだけど

兵役ついても休暇もれば面会にも行ける
会えなくなるのが悲しくて自殺する人はいないよ

徴兵制や王室、軍政への精一杯の抗議
息子への言いなりになるなというメッセージだと思った方がいい

タイの徴兵は、適正年齢になる前に
自主的に一定時間の軍事訓練を受ければ免除される
それな中学高校の課外授業に組み込まれていて
よほど軍事訓練を忌避しなければ
くじ引きを引くことはない

だからくじ引きするのは
軍事訓練をとにかくさぼった怠け者か健康上の理由か
軍政に抗議して頑強に軍事訓練を拒否したものが
くじ引き会場に義務としていかされる

タイの徴兵くじ引きは
王室への協力拒否者や怠けた人それから健康障害などを
強制していびりぬくためのショーとして機能している

多くの国民のうちゲスな連中が
王室や軍政にこびへつらいをしめすために
あえて冷やかしからかいいじめの片棒を担ぐさまを
王室に見せるための場所として機能しているのですよ

だからこの時期はこういうからかい記事が氾濫する

 

 

タイの徴兵検査に「美貌の人」 FB500万回再生も

http://www.asahi.com/articles/ASK4C5CPZK4CUHBI01N.html

 

タイでは毎年4月、若者たちの人生を左右する「くじ引き」が行われる。赤紙を引けば軍隊へ、黒紙を引けば免除。徴兵制のもと、くじ引きで兵役に就くかどうかが決まるのだ。戸籍上の男性すべてが対象で、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの若者も会場に姿を見せ、話題になる。運を天に任せ、家族も巻き込んだ悲喜こもごものドラマが展開される。

 「世界は真っ暗だ」。北部ウタラディット県の徴兵検査所で赤紙をひいた大学生の男性(21)はそう語った。周りの若者らは、「赤紙が1枚減った」と歓声を上げる。男性は「いま通っている大学をどうしようか」と肩を落とした。

 首都バンコクのとある会場では、若者らがツボに入ったくじを引くたびに、身を乗り出して見つめる家族らから歓声や悲痛な叫び声が上がった。この会場では82本のくじのうち赤紙は7本、黒紙は75本だった。

 タイの男性は21歳になると、通常2年の兵役の対象となる。遅くても30歳までに1度は徴兵検査を受けねばならず、逃げれば犯罪になる。運命の4月に自分が登録した地域で適性検査を受け、合格すれば、くじ引きに臨む。

 バンコクの別の会場には、2014年のクーデター以来権力を握る軍事政権に反対する運動を続けてきた男性も検査を受けに来た。男性は「体重超過」でくじ引きには進まなかったが、「タイは戦争状態にない。徴兵は無駄だ」と批判した。

 親も気が気でない。バンコクの会場で見守っていた母親は「本当はずっと学業を続けさせてあげたいのに」。日本はどうなのかと聞かれ、兵役の義務はないと答えると、「いいわねえ」とため息をついた。

 悲劇も起きた。地元メディアによると、南部クラビ県では息子が今回、赤紙を引いたことにショックを受けた父親(58)が、その直後に自宅で首をつって自殺した。地元の警察は、最長で2年間、息子に会えなくなる寂しさが原因だとみている。

 そして毎年、地元メディアをにぎわせるのがトランスジェンダーの人たちだ。「美貌(びぼう)」の人が現れればたちまち話題になり、ネットでも拡散する。

 ただ、検査には参加するが、多くの場合、兵役にはつけないと判断され、くじ引きから除外されるという。東北部、ウドンタニの検査所に現れた通称「ナニ」は、「赤紙を引く覚悟はできている」と話したが、くじ引きには至らなかった。

 今回、ネット上で話題になっているのはタイ東部で検査に参加した今年21歳になるモンタナさん。会場で撮影された動画は「美しい!」などのコメント付きで、フェイスブック上で500万回以上再生された。

 トランスジェンダーの人たちの中からは、「冷やかした取り上げられ方は不快だ」という声も出ているという。だが、モンタナさんはこうした騒ぎに、「私は(トランスジェンダー徴兵検査に来ることへの)驚きの感情を表す派手な見出しや報道も気にしていない」と話した。(バンコク=染田屋竜太、貝瀬秋彦)

 

 

タイの徴兵検査、トランスジェンダーの苦悩に

http://jp.reuters.com/article/thai-transgender-army-idJPKBN17C06V

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は夜のおミサに行ってきた帰りです。4月16日日曜日はイースター復活祭、そのまえの、3日間木曜、金曜、土曜は夜おミサがあるんです、19:00くらいからかな。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。