ご近所散歩① 幡生神社とサル舎

テーマ:
 以前に「散歩で見つけたもの」として、憩いの森の周辺で見つけたものを紹介した事があります。家の駄犬「菊」と散歩をしていると、まだまだいろんな物や事を見つけます。少しずつ紹介できればと思います。
 最近は吉竹町側の駐車場に車を置き、菊を連れてそのあたりを散歩する事が多い。そこでまず「憩いの森 総合案内所」の周辺をご案内します。
 11

先ずは幡生神社です。駐車場の北側の森に鎮座しています。平成5年9月に放火によるものと思われる失火により全焼しました。たまたま単身赴任先から帰省していて、消防自動車がサイレンを鳴らし走って行った先に黒い煙がモクモクと上がっていました。
 
幡生神社

このあたりでも由緒ある、織物の神様を祭る神社でしたが、焼け落ちる本殿を見ながらだれがこんな事をと腹立たしい思いをしたものです。平成10年4月に再建落慶しましたが、吉竹町の皆さんの大変な負担があったと聞いています。
 大きな椎の木が何本もあり、椎の実が沢山落ちています。今では拾う人も少なくなっています。
総合案内所の横に、サル舎があり一匹のサルがいつも寂しそうにしています。
芦城公園 にいたサルで、公園に「千叟屋敷と玄庵」(裏千家の茶室)ができる時にこちらに移ったと聞いています。
 
サル

NPO君が高校生の頃(約40年前)、芦城公園にはサルとイヌワシがいて、学校の行き帰りによくサルを冷やかして行ったものです。その何代目かのサルでしょう。
 綜合案内所の裏には最近梅の木が植えられている。青年会議所の事業だと言うが、小松市の市花は梅でありますから、梅の名所になってくれれば良い。 散歩の楽しみが増えてよい事だ(続く)

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD