NPO君日記

北陸のお寺、本光寺でNPOを立ち上げる。お寺とは無縁の職業を経てきたNPO君。ひょんな事からお寺の住職からNPO事務局長に任命されたのです。


テーマ:
 8月28日(日)標記の日帰りバスツァーに参加した。

今回の目的は、義経ゆかりの鞍馬寺 を訪ね、理解を深めること。また六波羅蜜寺空也聖人清盛の像 を見学すること等である。そして京都らしい所で京都らしい昼食をとると聞いて楽しみである。
朝6時出発、平均年齢の高い団体にもかかわらず、いつものことながら皆さん元気で感心する。9時30分には京都市内に入り、堀川通りを北上していた。早い出発とはいえ不思議な感覚である。昔は行くだけで一日掛かったものですから。
京
上賀茂神社の近くを通り、京都産業大学やゴルフ場横を通り、鞍馬街道 を走り、仁王門 の前に着く。7月に貴船神社 を訪ねたが、山一つ越えればという近所である。いずれにしろ、大変な山の中であります。
仁王門からケーブル乗り場へ、2分ほどで到着、山道と階段を上り本堂へ向います。ここも何度も焼けており、今の本堂は戦後の鉄筋コンクリート造りである。本堂の両脇に「阿吽の虎」がにらみを効かしている。背中を高く丸めて号令即飛び掛りそうな雰囲気である。NPO君は野球では大のタイガースファンで「これはいい物を見た。今年の優勝は間違いない」と叫んだものでした。
京2
元天台宗で京都の北を守る鎮護の寺であったようで、明治期には苦労したようで、戦後、鞍馬弘教として独立したものである。謡曲鞍馬天狗 に出てきたり、義経が修行した寺と聞くすぐ感心してしまう。京3
本堂から霊宝館へ向かい、百の義経展というのを展示していた。義経の一生を百の項目に分けて詳細な解説パネルがあり、また鞍馬寺に残る義経関連の遺品なども展示していた。(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 8月27日(土)午後3時から小松市公会堂4階大ホールで行なわれた、ヒューマンネット自然塾の講演会に出席しました。
 講師は「安田喜憲」氏(国際日本文化研究センター教授)で『我々の生存を脅かすものは』―森の文明より学ぶ―と題して、パワーポイントを駆使しての講演でありました。
 やすだ 当寺の住職と自然塾世話役さんが知り合いで、NPO法人円満の会として後援団体に加えていただきました。事務局のほうで会員に出席を呼びかけたこともあり、NPO君も講演会に出かけたものです。
 話は非常におもしろく、特に麦作・牧畜型文明から稲作・漁労型文明(森の文明)への移行が必然であるとし、文明の流れを説得力ある説明でなるほどと思いました。但し、アメリカやヨーロッパの人達が、稲作漁労型文明を受け入れるかどうかは定かではないと思いました。
 時間を延長し、質問時間も取り、随分盛り上がったが、女性ばかりが目立つ。講師も「女性がしっかりしていれば大丈夫」と持ち上げるものだから、いささかしらけてしまいますが、その通りとも思う。
 円満の会の皆さんの顔も沢山見え、一安心。帰りがけに加藤明宏さんに新聞記事を渡され、NPO君日記で書いてみたらと言われる。何かと思えば、「もったいない」で有名になった、04年ノーベル平和賞受賞・ケニア副環境大臣「ワンガリ・マータイ」さんのインタビュー記事でありました。
 tyoukou ケニアでも象と人間が衝突している。森林伐採と売る為の杉やユーカリを植えたが森の多様性が失われ、死の森となっているという。彼女はグリーンベルト運動を始めて、3000万本の木を植え、しかも原生種の森の再生に取り組んでいるとのことである。ここでも女性パワーですね。angari
 そしていま、「もったいない」という言葉を国連や世界中で紹介していると言います。
 加藤さんなかなかいい話をありがとうございます。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 宇奈月温泉 に向う途中で、黒部川が扇状地に出るところに愛本という所がある。江戸時代にここに前田藩が橋を架けた。愛本の刎橋と言い、日本三大奇橋 の一つとして有名であったが、明治時代に解体されて今はない。道の駅「うなづき」の横に「うなづき学友館 」があり、2分の1の模型が展示されている。
 そこには寄らずに宇奈月国際ホテル に直行である。さっそく昼食会場に入り、ビールを頼んで食事となった。嫁は大瓶2本も頼んで勿体ないという顔をしている。お風呂に入り、土産物コーナーを見て回り、バスに戻る。
バス旅行1  また黒部ICから北陸道に入り、今度は富山ICで下りて、富山駅前の「富山いきいき館」に向う。最近完成した富山の観光情報センターで、ホテルもあり、いろんなコーナーもあり、ホールもありの大きな建物でした。

 着くとすぐに、5階のホールに案内され、富山県の民謡紹介が始まった。城端「麦屋節 」、五箇山「コキリコ節 」そして最後が八尾の「おわら節 」であった。もうすぐ風の盆も始まることでもあるし、民謡会の皆さんの踊りを見ながら、ゆっくり見に行きたいものだと思いました。そういえば、富山は民謡の宝庫と言われています。

 チンドンコーナーあり、薬コーナーあり、土産物コーナーあり、情報コーナーありで結構楽しめました。ここで使えるサービス券で土産を買い、これも儲けた気分になります。
バス旅行2  ここを出ると普通道を走り、婦中町のぶどう園 に向います。本日最後の訪問場所です。マスカットを小さくしたようなブドウで名前はわかりませんが、なかなか美味しかったです。30分食べ放題といいますが、一房で十分です。もう一房土産代わりにバスに持ち込み、満足したという顔で、帰路につきました。

 機会があれば、また参加しょう。嫁を誘ってもこれなら安上がりだし楽しめるもの。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 地元新聞社の日帰りバスツァーの愛好者である。会費が安い割に、昼食がよい、お土産が付く、個人ではなかなか行けない所を案内してくれるなどの利点がある。但し、バスツァーは平日なので女性のグループが多く、男一人の参加は少し恥ずかしいものがある。

 今回は富山新聞社の主催で、名前の通り富山の観光施設を訪ねるツァーで、嫁に夏休みをとって貰い、二人で参加した。

金沢駅西口 集合で、車を駐車場に入れ受付場所に急いだ。ここの駐車場は12時間券があって千円である。時々利用して重宝している。定員100名と聞いていたのにバスが5台も並んでいる。申込者全員参加になったらしい。

 NPO君が乗った2号車は、北陸道を走り魚津の蒲鉾屋 さんに向った。お店に付くと、中は二階から工場が見学できるようになっていて、ガラス越しに包装している所が見学できた。一階の売り場に向うと、もう女性方は試食に買い物に大騒ぎである。買い物は嫁に任せて、自動販売機のビールを見つけて、試食の蒲鉾をいただきながらビールを飲み、いい気分である。隣で、引き出物などに見られる豪華蒲鉾の飾付を実演していた。職人技であります。
かまぼこ

 今度は、北陸道を戻って立山ICで降り、立山の入り口、富山地鉄立山駅前の立山カルデラ砂防博物館に行く。一度見学したことがあるが、弥陀ヶ原台地の南側に大変な地形があることにびっくりする。一世紀近く砂防工事を続けているとの事です。
toyama
 今度はまた戻り立山ICから黒部ICへ、今日は北陸道を行ったり来たり、それでも昼食となれば、早く宇奈月温泉に着かないかと思う。(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
歩行者天国の国道157号線をむさし方面に歩く。太鼓のステージがあり、よさこいソーランの舞台がまた現れる。屋台が並び、焼きソバやヤキトリ、ビール、カレー、うどんにそば、いろんな店が並ぶ。国土交通省や道路公団のブースもある。コマツのミニショベルカーでフーセンを掬っている。

祭り2

ビールとつまみとおろし蕎麦を求めて、嫁とあいているベンチを探しながら行きかう人の顔を見る。ようやく空いたベンチにすわり、ビールを飲み蕎麦をすする。普段はバス停でそこのベンチじゃないか。

maturi3

ようやく暗くなった通りにライトを浴びて、もう一つの目的である「高岡御車山」を探す。かなり向うに聳え立っているあれだ。高さは8m以上あり、きらびやかな飾り付けである。高岡以外で初めて曳かれたとのこと。5月のおまつりには各町内から7基の山が出る。これは一度見に行かなければと思う。

祭り1

秀吉や利長の名前が出てくるわけで、前田家の剣梅鉢の紋が、山の台部分に輝いている。工芸的にもたいしたものです。

よさこいソーランの人がひっきりなしに横を通る。こちらも相当なブームで地元に数十チームあるのではないか。また機会があればゆっくり踊りも見ればいいと思い、賑やかな通りを離れ、シャトルバス乗り場に向った。
祭り見物は疲れるものです。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 8月13日(土)、休日となりましたので午前中お盆の墓参りを済ませてきました。墓参りの前に自宅の仏壇に線香をあげ、「正信偈 」を震える声で唱えてみました。お寺に勤めている身としては、また先月帰敬式(おかみそり)を受けて法名を授かった者としては、ここは頑張らなくてはというところです。
夏祭り1
 昼の用事を片付け、愛犬「 」の散歩と食事を済ませ、5時ごろ金沢に向いました。
 パーク&ライド無料シャトルバスで、西部緑地公園から長町研修館まで行き、香林坊へ出ました。模擬店やよさこいソーランの歌と踊りで賑やかなこと。でも今日は目的が二つあり、とりあえずその一つへ向かいました。
 夏祭り2
ラブロ片町前で(社)石川県トラック協会青年部の主催で「トラック引きレース」が初めて開催されるからです。実はNPO君は数年前まで協会職員で5年在職していたのであります。訳あって辞めましたが、かつての上司や同僚に挨拶もしなければと、いささか緊張して会場に向うと、皆さん一生懸命お世話をしていました。退職後初めて皆さんと顔を合わせた訳で、きちんと挨拶が出来て何よりでした。
 「トラック引きレース」とは大型トラックを5名で30m引っ張る、タイムトライアルレースです。但し、5名の体重が350kg未満の条件があります。
 チアガールの応援もあり、18チームの選手は2回引っ張るとのことで、張り切っていました。
なつまつり23
(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。