世界のゆくえ

シリーズ エンド オヴ ザ ワールド


テーマ:

福島原発事故の真相

史上最悪の福島原発事故から1年7ヶ月が経過した今、事故現場は如何なる事態となっているのであろうか。

世の中で最も危険な物質である1~3号基の核燃料棒は、溶け落ちた地中で安全な状態を保っているのであろうか。残念ながらそういう状態ではない。更に悪化の一途を辿るばかりである。もはや一刻も早くセメントを流し込み、コンクリートの墓を造るしかないと指摘されているが、マスメディアからはこうした情報が流れてくることはない。報道を止められている模様なのだ。従って、民衆の不安感はあたかも遠退いたかのような感がある。しかし、現実はそうではない。私達は事故の真相と実態をもっと深く知らなければならないのだ。

「原子力とは最終的に人間がコントロール出来ないもの」という。これ程単純な道理が未だに理解出来ず、原子力推進の迷妄から冷めない者が居る現実は、何とも恐ろしいことか。これは、日本経済や国力の低下云々よりも以前の問題なのである。因みに、先進国の中でも正常な思考力を持つ国、オーストラリア、イタリア等8カ国は、「最終的に制御出来ない危険物」以外の他の理由もあるが、原発廃止に向けて政策を転換、又は所有しなかった。

では、何故この国では、このような事態に至ったのであろうか。1954年、元読売新聞社主、正力松太郎や中曽根康弘等により、原子力開発予算が国会に提出され、順次組織化が進み、1962年には茨城県東海村に国内第1号の動力原子炉が建設された。 この背後には政財官のおどろおどろしい利権構造が横たわっていることは疑う余地はなく、それを容認してきた近代世相自体も愚かしいのである。

我が国の保有する原発はいずれも、M8以上の直下型地震に対する耐震と、巨大津波に耐えられる構造ではないと指摘されている。

原発は、核爆発とは異なる緩やかな核分裂システムとはいえ、核実験や核兵器取り扱いの経験がない日本の原発従事者達は、一度事故が起きてしまうと即時に対応処置を執れる能力を持たず、危機意識を抜き取られた非常に幼稚な運転技師達によって、巨大な危険物システムを運転していた事実がある。

そもそも、原子力機構は国の行政下にあるもので、一電力会社の単独機関でないことは衆知の事実だ。正に原子力機構とは、官僚癒着型の強権巨大組織体なのだ。

福島原発に関して更に掘り下げれば、主に設計に携わったのは米国ゼネラル・モーターであり、国際資本、所謂海外の軍産複合体に干渉され、連綿と建設されてきた原発の一つであった。事故後、政府は民衆の目を一貫して東京電力などに向けさせる姑息さで、万人から非難されるのは当然というもの。

また、政治家のトップの言も滑稽千万。「現在、原子炉周辺において、終息に向けての作業を進めています‥‥」と言い放つ常識の無さなのだ。10万年以上燃え続ける核分裂に終息が無いことは衆知のこと。全てに経験が浅いであろうと思われる民主党の若手議員は、あたかも自分達が現場の指揮を執っているかの様な口調での発言もあり、滑稽の上塗りでもあった。特に、当時の内閣官房長官などは、何十万頭の動物を屠殺(虐殺)に追い込むという冷酷、非情の処置に対して、臆面も無く「安楽死させます」と平然たる態度で述べる姿には、虫唾が走る思いであった。

私達日本人は、これまで多くの苦難を乗り越え、他に類なき再生力を持つ民族として高く評価されている。凄惨を極める東北被災地においては、涙枯れても再生に向けて進まなければならない。

しかし、二次被災(人災)である原発事故は全く異質の事情であり、人間(国民が選んだリーダーたち)の浅知恵から生まれた、起こるべくして起きたあまりにも巨大な事故である。既に如何なる経験や知識も及ばないこの事態は、近い将来、体内被曝による膨大な発病者や奇形児が続出するのではないかと言われ、極めて深刻な予測がなされている。

「福島原発の真相」とは、私が著書(伝統と崩壊の狭間で/2010年11月発行)に述べた「文明(利便性追求と奢りの顛末)の終局様相」の一面と言える。今や汚染列島となりつつある我が国の現状。戦前戦後を通じて、我が国の政府構造は完全に綻びを見せて始めている。この危機存亡の時、私達ひとり一人が思慮分別を高め、現行の政財官学、その他、この国の機構制度を根本から否定し、完全に異なるパラダイム構造を希求しなければないと私は考えている。

民衆の代表者たる者は、先ず人徳・文化的素養を持つ清冽な人物であることが第一条件であり、実は哲人である必要がある。日本国民として政治、経済、法律学は一応学んだであろうが、弁論バカの高額所得者、政治屋集団を養って置く余裕は、今の日本にはない。更に付け加えれば、一国の有事が発生した際に持つべき的確な才量と気魂、それらを備えた大器の人物を探し、政界人事をそっくり入れ替えなければならない。現政府機構の再編などの生易しいものではなく、全く新しい政府システムを創設しない限り、現在の窮地を脱すること等不可能と考えなくてはならない。

福島原発の処理作業は、今尚危険な域を脱することが出来ず、この後の推移が辛うじてでも、破局を免れるよう祈るばかりである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青柳―宇さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。