• 08 Dec
    • オープンスクール【計3回予定!】気軽に来てね♪

      ワンネススクールではどなたでも気軽に様子を見に来れる、オープンスクール体験会を企画しております!気になっている方がいらっしゃればお気軽にご参加ください!12月22日の午後からはクリスマス会をやんわりとやります。気が向けば午後もご参加下さい(クリスマス会は食費実費1人300円頂きます)記事のシェア大歓迎です♪(^ ^)/----------------------------------------------------------------------------------------誰でも気軽に参加できる、フリースクールの一般解放日♪「オープンスクール体験会!」フリースクールってどんなところ?どんな人たちがいるの?どんな雰囲気で何をしているところ?石川県唯一と言われるフリースクールがどんなところか気軽に来て遊んだり、お話ししたりしてみませんか?当日は今ワンネススクールに通っている13歳〜18歳までのワンネス生がお手伝いしてくれます。参加費無料で、飛入り歓迎です!気になる方はお気軽にお問い合わせください。当日は・・・・プラ板でキーホルダー作り(予定)・スウィーツ作り(12月22日はクリスマスケーキデコレーション)・カードゲーム、ボードゲーム遊び・楽器体験・保護者の方は別室にて相談会も行っています。(※ご相談を希望の方は、事前申し込みをお勧めします。)など行っております! ----------------------------------------------------------------------------------------日時:2016年12月22日(木)、2017年1月22日(日)、2月26日(日)10時~13時ごろまで場所:ワンネススクール金沢校舎(金沢市有松2丁目15-2 2F)費用:無料(12月22日午後のクリスマス会は食費実費1人300円頂きます)※相談希望の方は事前申し込みをお勧めします。【お申し込み&お問い合わせ】電話:076-259-5359E-mail:info@oneness-school.orgNPO法人ワンネススクール 〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F (久安交差点近く、文具センター事務キチ金沢店向かい2F) HP : http://www.oneness-school.org/ 

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • お気軽に!【講演会】石川県の若者たちの今後に大人ができることはあるか?

      12月10日(土)に講演会があります! 講師は長年ワンネススクールのスタッフをされて、現在神奈川県小田原市のサポートステーションで相談員などをされている川上泉さんを招いて、講演会を行うことになりました! 神奈川県での取り組みのお話を聴きながら、石川県で私たちに何ができるか一緒に考える機会にして見ませんか?13時半はワンネススクール金沢校舎にて川上泉さんを囲んで座談会も行います(^ ^)※定員10名ほど(当日の申し込み順とさせて頂きます。)講演会は参加費無料、申し込み不要です!お気軽にご参加下さい! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【講演会】石川県の若者たちの今後に大人ができることはあるか?~若者支援の先進地区・神奈川県小田原市の取り組みから学ぶ~ 目まぐるしく変化する、子どもたちを取り巻く環境。様々な若者支援の取り組みで知られる神奈川県・小田原市から講師を招き、石川県の若者たちへ大人ができることはあるか、色々な視点からもう一度考えてみませんか?【主催:金沢市、委託:NPO法人ワンネススクール】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  【日時】2016/12/10(土) 10時~12時(開場9時30分)【場所】金沢市教育プラザ富樫 121研修室(〒921-8171 金沢市富樫3丁目10番1号)【参加費】無料【申込み】必要なし ◆13時半からワンネススクール金沢校舎にて講師の川上泉さんを囲んで座談会もあります! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【少子高齢化が進む中、不登校の小中学生は約12万人となり6年ぶりに増加となっています。】引きこもり・NEET状態の若者も人口減少とともに減る傾向にありますが、全体として高年齢化しており、今後は親が高齢者で本人が中高年引きこもりという深刻なケースが増える可能性が指摘されています。内閣府は15~39歳の「引きこもり」の人が全国で推計54万1000人に上るとの調査結果を今年公表しました。引きこもりの期間は「7年以上」が34.7%と最も多く、35歳以上が10.2%と前回の調査(2010年)から倍増、データからは長期化・高年齢化の傾向が顕著となっていることがわかります。(40歳以上は調査対象から除外されている。)自治体によっては40代が最も多いというデータもあり、2015年の山梨県の調査では県内825人が引きこもり状態にあり、年代別で40代が225人と最多。30代が187人、60代以上も137人いた。2014年の島根県の調査でも1040人が引きこもり状態とされ、年代別で40代が229人と最も多く、次いで30代が219人だった。数字には現れない石川県内の不登校や引きこもり、NEET状態の若者たち。もしも引きこもり・NEET状態の家族や親戚、友人がいたら・・・あなたは何をしてあげれますか? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【講師プロフィール】・川上 泉(かわかみ いずみ)神奈川県西部地域サポートステーション相談員、高校連携担当。電話や面接での相談も行う。石川県ではNPO法人ワンネススクールに8年間勤務、自分を見つけるママの会「Snigel m.(スニーゲルマム)」を運営。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【13時半から講師を囲んでの座談会があります!】講演後はワンネススクール金沢校舎にて、講師の川上泉さんやワンネススクールのスタッフを囲んで座談会を行います。普段は相談しにくいことも、この機会にお話ししてみませんか?申込不要、初めての方もお気軽にご参加下さい!※定員10名ほど(当日の申し込み順とさせて頂きます。)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【お問い合わせ】NPO法人ワンネススクール【住 所】〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F(久安交差点近く、文具センター事務キチ金沢店向かい) 【H P】http://www.oneness-school.org/【メール】info@oneness-school.org【TEL・FAX】076-259-5359(金沢校舎) 【主催:金沢市、委託:NPO法人ワンネススクール】

      1
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 【2016】いのちの暮らし祭り!

      【いのちのくらしまつり2016】冬の足音が聞こえる鳥越の里山、旧保育所の木造校舎でまったりのんびり遊んで学んでみませんか??※出店や内容については随時更新していきます!現在出店者さんも大募集中!雑貨や食べ物などなどお気軽にご相談ください! 時間が止まったようにのんびりとしたお祭りは、過ごし方は自由!美味しいものを食べて、いい音楽を聴いて、いい映画を見て、心と体をリフレッシュしにきませんか?ワンネススクールってどんなところ?どんな人がいる?見学ついでに遊んでいってください(^ ^) ちっちゃな子から、お年寄りまで、みんなで楽しい時間を過ごしましょう! 17時からはプロの音楽家さんによる演奏もあります!(有料)詳しくはこちらから。https://www.facebook.com/events/688496584650717/  【日 時】2016年11月26日(土)10時~【費 用】入場は無料、各部屋で有料のものもあります。【場 所】ワンネススクール鳥越校舎 (〒920-2362 石川県白山市別宮町ロ8)http://ameblo.jp/npo-oneness/entry-11802118010.html ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《1日の主な予定》 10:00〜【はじまりの会】樹林気候 はじまりの会は、みんなで集まって楽しくからだを動かそう! 12:00〜【上映会】みんなの学校14:00〜【上映会】みんなの学校17:00〜【演奏会】萩野やすよし&上野賢治 スペシャルライブ里山の校舎でのんびりプロの演奏を楽しみませんか?飛び入り参加の時間もあります!楽器を持参でいらしてくださいね。https://www.facebook.com/events/688496584650717/19:00〜【夜の部】お楽しみ会(予定)21:00〜【上映会】みんなの学校ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今回上映するのは、今だに全国で上映会が開かれている教育ドキュメント映画「みんなの学校」! ふつうの公立小学校が挑む、みんなに居場所のある学校づくり。不登校ゼロを目指す大空小学校の取り組みは、こんな公立の学校があるのか・・・と驚くことばかり。そんな現場からの教育改革は考えさせらることばかり。一体学校は誰のものなのでしょう。 「そもそも学びとは何でしょう? そして、あるべき公教育の姿とは? 大空小学校には、そのヒントが溢れています。」 【上映会】みんなの学校 計3回上映!①12:00〜13:50 ②14:00〜15:50 ③21:00〜22:50視聴代:大人1000円、高校生以下500円、どちらも1ドリンク付き※17時からの演奏会もご覧の方は、200円引きになります。HP:http://minna-movie.com/ 「みんなの学校」〜すべての子どもに居場所がある学校を作りたい!〜大空小学校がめざすのは、「不登校ゼロ」。ここでは、特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげてきました。すぐに教室を飛び出してしまう子も、つい友達に暴力をふるってしまう子も、みんなで見守ります。あるとき、「あの子が行くなら大空には行きたくない」と噂される子が入学しました。「じゃあ、そんな子はどこへ行くの? そんな子が安心して来られるのが地域の学校のはず」と木村泰子校長。やがて彼は、この学び舎で居場所をみつけ、春には卒業式を迎えます。いまでは、他の学校へ通えなくなった子が次々と大空小学校に転校してくるようになりました。 〜第68回文化庁芸術祭大賞!受賞理由〜全ての子どもに居場所がある学校づくりを目指す大阪市立南住吉大空小学校の取組を、長期にわたり丁寧に追い続けた教育ドキュメント。他の地域では厄介者扱いされていた転校生が、教師と同級生、そして地域が包み込むことで、素直で心優しい子どもに成長していく姿は、見ているものの心を熱くする。大空小学校の試みは、上からの教育改革とは一線を画す、現場からの教育改革でもある。  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【にじ文庫】いろんな人からもらった本を集めたちいさな図書室です。絵本の読み聞かせもあるよ。  【クラフトのおへや】(有料)手を使ってものを作るってとっても楽しいよ。じっくり素材と道具と向き合ってね。 【お店】10時〜16時ごろまで(お店によって変わります)◯ワンネスまったりカフェ 高校生たちが中心となってつくる特製ハヤシライス、ドリンク・スウィーツなどやコーヒー、スウィーツでまったりのんびりしてみてね。 ○Biora House(ビオラハウス) そろばん組立ワークショップ、ハンドメイド品販売 ○旅カフェ ○宇吉堂+カメリアーノ 『宇吉堂』絵本・石けん、フクロコウジなどmini出店。『カメリアーノ』おえかきワークショップ。凧を作って絵を描いて凧揚げする、布フクロ(トートバッグ)に絵を描くなど絵の具ワークやります。 ○菜友館 焼きだんご・加工品販売 ○アイタルカレー ○イハノハ ○地元の方々(予定) ○こどもたちのお店(予定) 委託販売:シーズのパン ○大麻飾り お元氣庵 大麻飾りの展示、販売 「大麻は天と地を結ぶもの、そして大麻(おおあさ)は古代より、人々の身近にあったのです。その作用は禊ぎ、祓い、浄め、結び」 ○小松おやこ劇場 ご飯ものと、手作りアクセサリー、手作り雑貨販売 ○木工教室(家具屋さん) 糸ノコを使った工作など などなど!他にも詳細が分かりしだい随時更新していきます! 出店やおてつだいなども募集しています。お気軽にご連絡ください!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  NPO法人ワンネススクール【H P】http://www.oneness-school.org/【メール】info@oneness-school.org【TEL・FAX】076-259-5359(金沢校舎) 【主 催】いのち暮らし祭り実行委員会 NPO法人ワンネススクール

      2
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 11月【親の会】お気軽に♪

      ワンネススクールでは毎月第3水曜、金曜と親の会を行っております。今月は・11月16日(水)・・・こまつまちづくり交流センター14:00〜16:00・11月18日(金)・・・ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目)18:30〜21:00ごろにて開催されます。 ・ワンネススクール【親の会】ひきこもり、NEET状態が長続きすると本人だけでなく、保護者の方自身も自分を責めたり、なかなか人に相談できずに孤立化が進んでいきます。 その結果情報を得ることが出来ず、ますます悪循環にはまっていくことが多いようです。大切なのは本人が動かなくてもまず家族の中で動ける人が動くこと、そうすることでエネルギーがプラスに循環し始め、親子の正しい距離が見えてきます。親の会は情報を共有し、自分を認め、家族の関係性を見つめ直すきっかけとなります。保護者の方にとっても大切な居場所となるのです。ちょっとした茶菓子や、夜の時間帯では最近はちょっとした食べ物も用意してあります。どうぞお気軽にご参加くださいませ(^ ^)       【日 時】毎月第3水曜(小松)、第3金曜(金沢)・11月16日(水):こまつまちづくり交流センター   14:00~16:00ごろ・11月18日(金):ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目) 18:30~21:00ごろ 【場 所】・ワンネススクール金沢校舎〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F(久安交差点近く、文具スーパー事務キチ金沢店向かい2F)※ワンネススクールの入り口は、1階の囲碁教室とお隣の学習塾の「鍋谷塾」さんとの間の路地を入ってすぐの左側の茶色い扉です。・こまつまちづくり交流センター〒923-0806石川県小松市小寺町乙80-1 TEL/FAX 0761-25-1010http://komatsu-npocenter.or.jp/ 【費 用】 ・ワンネススクールに通う人の、ご家族の方:無料 ・一般参加者:1500円(初めての方は無料です、2回目からの参加で参加費をいただいています。)※日によっては日時の変更のあることがございますので、金沢校舎での親の会、小松市での親の会ともに活動カレンダーにて予定を確認されることをお勧めします。→■活動カレンダー 【お問い合わせ】NPO 法人ワンネススクールHP : http://www.oneness-school.org/ TEL : 076-259-5359E-mail : info@oneness-school.org ※メールでお問い合わせの方は、info@oneness-school.orgのメールが届くように設定をお願いします。また迷惑メールに振り分けられる可能性もありますので、ご確認をお願いします。

      1
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 【出店者募集!】いのちの暮らし祭り2016

      【出店者様募集!!】今年もやります!「ワンネススクール いのちの暮らし祭り2016」飲食ブースの出店や子どもたちが遊べる企画、映画の上映や夕方にはプロミュージシャンによるフルートとギターのスペシャルライブもあります!その他企画も大人から子どもみんなで現在計画中!お祭りは里山の古い保育園が会場です!他では味わえないくらいのんびりした雰囲気がこのお祭りの売りでもあります(^ ^)フリースクールがどんなところ?と興味がある方も出店してみてはいかがでしょうか?日が迫って来ていますが、興味あるかたはぜひぜひ出店を検討してみてください(^ ^)詳細はまた後日お知らせ致します(^ ^;)2016【いのちの暮らし祭り】概要 「時間を忘れて、深ーく息して、夢中になって、なんでもやってみる、生きる知恵を学び、未来を創ろう」里山の暮らしを体験しながらみんなでこれからの暮らしを考えよう おいしいフード、ワークショップ、こどものおへやもあるよ �日時:2016年11月26日(土) 入場無料、雨天決行場所:NPO法人ワンネススクール鳥越校舎 【出店者様要項】 ●出店条件 「時間を忘れて、深ーく息して、夢中になって、なんでもやってみる、生きる知恵を学び、 未来を創ろう」というお祭りの趣旨に賛同して頂ける方 自分たちの未来を自分たち手で作って行くことを大事にしている方、丁寧に手で作ること を大事にしている方●出店における注意事項 •出店料は1日のみ出店の場合500円。•出店ブースでの搬入・搬出・運営・管理・両替などは出店者様にすべてお任せします。 •出店にともなう機材・道具などは各出店者様でご用意ください。 •こちらで準備できるものは机・パイプイスなどです。数に限りがありますので、机・バ イプイスなどをご入用の場合は事前にご連絡ください。•出店は10時から16時を予定しております。 •特別な理由が無い限り、出店場所は先着順にてご希望の場所を確保していただきます。【その他連絡事項】 •出店準備は午前8時からできます。•出店の方の機材に付きましては、出店者様で管理してください。 盗難・破損などの保障は致しかねます。•駐車場は会場近くです。 •当日は可能な限り乗り合わせてご来場ください。•マイコップ・マイ箸・マイ皿持参でお願いします。 •前日から準備の泊まりは1泊1000円を杜の光熱費及びシーツ台として頂きます。また、入浴施設がないためお風呂は近場の温泉施設をご利用頂きます。 •ワンネススクール鳥越校舎では水しか出ません。また、排水がすべて用水路に流れ出るため中性洗剤の使用はできません。多量の塩気の強いものや油物はボロキレや新聞 紙などで拭き取ってから洗って頂きます。<<<主催・いのちの暮らし祭り実行委員会>>>【問い合わせ先】NPO法人ワンネススクール〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F  TEL/FAX : 076-259-5359E-mail : info@oneness- school.org 【出店などに関わる連絡】 NPO法人ワンネススクールE-mail : nakamura@oneness- school.orgFacebookからでもご連絡頂けます。

      テーマ:
  • 17 Oct
    • 10月【親の会】参加はお気軽に♪

      ワンネススクールでは毎月第3水曜、金曜と親の会を行っております。今月は・10月19日(水)・・・こまつまちづくり交流センター14:00〜16:00・10月21日(金)・・・ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目)18:30〜21:00ごろにて開催されます。 ・ワンネススクール【親の会】ひきこもり、NEET状態が長続きすると本人だけでなく、保護者の方自身も自分を責めたり、なかなか人に相談できずに孤立化が進んでいきます。 その結果情報を得ることが出来ず、ますます悪循環にはまっていくことが多いようです。大切なのは本人が動かなくてもまず家族の中で動ける人が動くこと、そうすることでエネルギーがプラスに循環し始め、親子の正しい距離が見えてきます。親の会は情報を共有し、自分を認め、家族の関係性を見つめ直すきっかけとなります。保護者の方にとっても大切な居場所となるのです。ちょっとした茶菓子や、夜の時間帯では最近はちょっとした食べ物も用意してあります。どうぞお気軽にご参加くださいませ(^ ^)       【日 時】毎月第3水曜(小松)、第3金曜(金沢)・10月19日(水):こまつまちづくり交流センター   14:00~16:00ごろ・10月21日(金):ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目) 18:30~21:00ごろ 【場 所】・ワンネススクール金沢校舎〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F(久安交差点近く、文具スーパー事務キチ金沢店向かい2F)※ワンネススクールの入り口は、1階の囲碁教室とお隣の学習塾の「鍋谷塾」さんとの間の路地を入ってすぐの左側の茶色い扉です。・こまつまちづくり交流センター〒923-0806石川県小松市小寺町乙80-1 TEL/FAX 0761-25-1010http://komatsu-npocenter.or.jp/ 【費 用】 ・ワンネススクールに通う人の、ご家族の方:無料 ・一般参加者:1500円(初めての方は無料です、2回目からの参加で参加費をいただいています。)※日によっては日時の変更のあることがございますので、金沢校舎での親の会、小松市での親の会ともに活動カレンダーにて予定を確認されることをお勧めします。→■活動カレンダー 【お問い合わせ】NPO 法人ワンネススクールHP : http://www.oneness-school.org/ TEL : 076-259-5359E-mail : info@oneness-school.org ※メールでお問い合わせの方は、info@oneness-school.orgのメールが届くように設定をお願いします。また迷惑メールに振り分けられる可能性もありますので、ご確認をお願いします。

      1
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 【料理】ワンネス生で作るお昼ご飯!

      久しぶりのブログになってしまいました。 一度リズムが狂うと復活が難しいですね。。。生活も一緒ですね。  今日はワンネス生たちがつくるお昼ご飯をご紹介!手軽に作らず、コツを押させて美味しいものを作ります! ↓こちらは完成写真を取り忘れてましたが・・・すき焼き!人数が少ない日は・・・頑張って来た人たちにご褒美?贅沢に美味しいすき焼きをお昼からいただきました!   厚焼き玉子も人数分。なかなか上手にできました♪      ↓こちらは採れたての新米と古米の食べ比べ!おにぎりとギリシアの塩だけで!やっぱり新米は美味しい。。。      ↓こちらはサンラータンメン!!うますぎました。暑い日はちょっと酸っぱいものはいいですね。暑いけどさっぱり♪       ↓↑この日は舞茸と柚子胡椒のパスタ!とブロッコリーと合鴨のサラダ。贅沢・・・・・しかし予算の半分で!!これがワンネスクオリティ♪   レストランみたいですね♪     中学生男子の美味しい手料理が毎週振舞われております!      ↓↑こちらはタコライス!温泉卵も自分たちで!うまそーーーー   ↓↑餃子は皮からつくります!この日は変わり種餃子も。トマトとじゃがいも?手前の餃子はバナナ餃子。賛否両論。    週2回は自分たちで作ってみんなで食べます。自分たちで作れると料理の腕も自然と上がりますね。 疲れた時などは、美味しいものを食べるのが一番!ですね。 久々のブログ・・・・続けれるように頑張ります(^ ^;;;) 

      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 【日々の様子】始業式!からの1週間。

      夏休みも終わり、通常運転に戻りつつあるワンネススクールです。始業式も3回行い(笑)、いつもどおり・・・にもどるにはみんな少し時間がかかるかな?という感じです。さて、今年はなぜか9月のこのタイミングでなぜか各地の大学生から実習やボランティアの申し出がありました。長野、京都、神奈川、金沢など各地の大学から自主的に参加!それぞれフリースクールやボランティアに興味があり、わざわざワンネススクールを選んできてくれました。感謝!さらには卒業生たちも何人も遊びに来たり、ボランティアに来てくれたりと、賑やかなスタートとなりました。大人から中学生まで、まさに雑木林的環境!ある卒業生は夕方に東京で面接・・・の前に朝準備体操をしに来ました!朝は必ず体操を行います、みんなゲームという名の指の運動は行っていますが、体を動かすことは少ない?ということで、毎日軽めの体操を行っています。今週は大学生の人たちも一緒に体操!それぞれ自己紹介も行い、あっという間に打ち解けました。大人の人数の方が多い?と思うくらい賑やか、年齢はばらばらです。人も多いし、夏休みはのんびりしてただろうということで、始業式のあとはいきなり体育!体育館でバスケやソフトバレー!かなり蒸し暑いですが、人数も多いと対抗戦もできかなり白熱!みんな汗だくです・・・水曜日の農作業では大根とかぶを植えるため畝作り!最初はみんな慣れないですが、時間をかけてこだわりの畝が完成!こうして畝作りから始めると収穫が楽しみですね。お昼は豚キムチ丼!最近はお昼ご飯のメニューを考えるのが一苦労。アイデア募集中です!美味しいものを食べて、この日の午後は大掃除を行いました。こちらは初まきわり!体をうまく使わないと、簡単には割れてくれません。力任せよりも、集中力?汗だくになって冬に向けての薪割りでした。金曜日は自由な時間として過ごすことが多いです、課題が残っている人は自習。終わってお昼からはこの日が最後の大学生さんたちとカードゲームで盛り上がりました。最初はボランティアとしてお手伝い、何かを教える?という感じで門をくぐった大学生さん達も、最後には中高生のみんなと友達のように仲良くなり、またいつでも遊びにきてねーということでお別れとなりました。いろんな年齢、いろんな世代、いろんな経験をしてきた人達がそれぞれのことを認め、ありのままで過ごせる場所がワンネススクールです。自分のペースで、安心して過ごせるようにみんなそれぞれが工夫しています。こうして大学生のみんなや卒業生、社会人の人たちと一緒に過ごすことでいろんな人がいるんだと実感してくれたのではないかな?と思います。そうしていろんな人と出会い、少しでも世界が広いと知ることで、前の一歩踏み出す勇気になるかもしれませんね。【筆者:スタッフ】

      3
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 報告【おーぷんはうす夏合宿】『若者たちと語ろう!』~親・おとなに言いたいこと~』

      8月7日、8日にかけて行われた金沢の親の会「おーぷんはうす」の夏合宿が行われました! ワンネススクールからも在校生や卒業生に協力してもらって、この企画が実現しました。 『若者たちと語ろう!』~親・おとなに言いたいこと~』 現在14から21歳の中学生や高校生、大学生・専門学生の計6名が出演してもらい、不登校や引きこもりを経験していた当時の様子、その時親や大人に言いたかったことなどを聞こう!という企画です。 もちろん、大勢の目の前で話をするということは誰でも緊張するものですが、今回話をしてくれる人たちは不登校や引きこもりを体験したことのある若者。もともと人の多い場所が苦手だったり集団にそもそも馴染めない、人前で話をすることが苦手といった人たちが大人の前で話をするということ自体が素晴らしい挑戦だなと感心していました。 けれど今回の企画で何か過去のキズを掘り返してしまわないかという心配もありました。 しかし企画の趣旨を説明し、過去のことを過去のものとして整理をして話ができると踏んだ若者たちに声をかけたわけです。 終わってみればそうした気遣いは、過剰な心配だったなと思える日となりました。 会場には数十名の参加者さんたちがこちらを向いて座って話を聞こうと待っています。 それも自分の親の世代やそれ以上年の離れた初対面の人たちを前に、本人たちの緊張感は嫌でも伝わってきました。にもかかわらず登壇してくれた若者たちの姿を見るだけで、企画してよかったなと思わせてくれました。 今回の企画では一人一人簡単なプロフィールからインタビュー形式でその場で司会が気になったポイントを深掘りし、当時では語れなかった気持ちや思い出を話してくれました。 中には今回参加はできなかったが、文章で当時を振り返り「あの時こうしてほしかった、こんな言葉を言って欲しかった」と具体的に書いて協力してくれた高校1年女子もいました。 個別に内容を書くとプライベートなことなどが多く含まれるので、気になる方は次回こういった企画があった時にぜひ参加してください。 一番印象に残っていることは当時苦しかった時の大人の態度、特に本人が気力体力ともに傷ついている時に、大人が元気づけるという行為でした。 それは大人の独善的な行為で真に本人たちの気持ちを汲んだものではなかった、ということです。 本人たちの言葉には「そってしておいて欲しかった」「ほっといて欲しかった」という言葉が多く聞かれました。 大人になってわかることは、先生たちの嘘のような気遣いや訪問は仕事だったからかな・・・?とか、言葉自体は嘘ではないが親や大人たちの心配する声かけはそれしかなかったからかな?など思い返すことはたくさんあります。大人にも事情があったんだなと分かることがたくさんあります。親や教師、大人たち全員が立派な人間でもない、ということもわかります。 しかし大人が良かれと思ってとった行動や言葉(立派な大人を演じなければならない?)も、時によってはに本人を追い込んでいる場合があることを知る必要があります。本人たちを追いやるつもりも気持ちもなかったとしても、私たちは現在苦しい人たちを助けるつもりの言葉や態度が大人の都合によって、独善的にならないように心がける必要があるととても思いました。当時「そっとしておいて欲しかった」「ほっといて欲しかった」ということを思わなかった、という女子高生もいました。彼女の話によると、そうしたことを思うまでもなく、そっとしておいてもらえたようで、安心して家にいることができたようでした。 不登校や引きこもりというのは、それ自体が問題というよりも、その状況が本人とその周りにとって生き生きと生きる機会や希望を奪われているという点で問題だと思っています。 今回登壇してくれた若者たちは当時を整理し話しながら、生き生きと過ごしているように見えました。 まだ色々と苦しいことや悩みは尽きないと思いますが、当時私も感じた「この世の全てが終わってしまえばいい」「人生すべてが終わってしまって、もう生きる価値も意味もない」といったような夢も希望もないような状態ではなく、この後歩んでいく人生の中で必死にもがきながらも何かを掴もうとしているように見えました。 話は少し変わりますが、亡くなった遺族の悲しみに寄り添い援助する行為をグリーフワークといいます。 そのグリーフワークのなかで、遺族にかけてはいけない言葉というのがあります。その一部には、 「あなたの気持ちはわかります。」 「頑張ってください。」 「泣いた方がいいよ。」 これを見た時に、不登校児や引きこもりの人にかけてはいけない言葉ととても似ているなと思いました。 おそらくそれは本人たちが「社会的な死」の中にいるからだと思いました。 学校や友人関係、社会の中の「私」が死んでいるからです。 若者が「死にたい」という言葉の裏には、生き物としての「死」ではなく私という存在自身から逃げたい、消えていなくなりたいという気持ちの表れなのだと思います。 それは「社会的な死」を迎えてなお身近な大人、世界からから安心して生きていくことを認めてもらえないからだと感じました。 「社会的な死」を乗り越えた若者たちはみなとても優しく、人の話をしっかり聞き、どこか地に足がついているように感じました。 日本の今の社会にからすこし薄れてしまったものを彼ら彼女らに感じるのは少し大げさかもしれませんが、私たち大人が彼ら彼女らから見習うことがあると感じました。 今回の企画を通して不登校や引きこもりを経験しても、その後どのように生きていくかがもっとも大事だなと思いました。 また本人だけではなく、身近な大人や親も含めて大きく成長できる貴重な機会であることも改めてわかりました。 不登校や引きこもりを経験すると、自尊心や自己肯定感を激しく失う場合があります。それをその後の人生で取り戻す時にまた周りや自分を傷つけることもあります。 しかしその後どのように生きていくかというヒントは周りの大人、ひいては社会の大人たちにかかっているのではないかと思います。 今回おーぷんはすの合宿に初めて参加して、この場所にいる大人たちがみんな優しく話をよく聞き、よく働く人たちであったことがそのお手本でもあるとも思いました。 またこうした企画が行われることを楽しみにしております! 【筆者:スタッフ 中村】

      4
      テーマ:
  • 13 Aug
    • ワンネススクールの夏休み。

      みなさんいかがお過ごしでしょうか???ワンネススクールももれなく夏休みに突入しております。お盆を迎え、それぞれのんびりしている人、宿題に追われている人それぞれに過ごしていることと思います。さて「ワンネススクールの夏休み」・・・・というと、ずっとお休みというわけには行きません。夏休みですが、やることがたくさん。毎週トイレ清掃のボランティアは欠かさず行うし(やりたい人のバイトにもなっています)、春から育て始めた夏野菜も収穫の時期を迎え毎週火曜と金曜日は金沢校舎前で「ワンネス野菜市」として中高生が販売しています。夏休み明けの始業式の日というのは、中高生の自殺率が圧倒的高いのだそうです。夏休みに入り安心して過ごしていたけれどその終わりの日、というわけです。ところが、ワンネススクールではこれが見事にあてはまりません。今年は始業式が2回(笑)に分けてあります、さらに始業式の前の週ではすでに活動がぼちぼち始まっています。絶望的な終わりの日というのがここには無い、というわけです。こうした日々を送っていると「学校」という枠組みに馴染めず、結果として死を選ぶ人がいるというのは、まあなんとも罪深い社会だなと思ってしまいます。夏休みが休みになっていないことについては、子どもたちからもブーイングが起こります。まあそれも織り込み済みで、中高生のみなさんにスタッフからお願いをして一緒に夏を過ごそうという感じであります。そして、毎年恒例の夏合宿「サマースクール」も今年は8泊9日行いました!参加者は延べ40人以上。取り立てて宣伝もしていないのですが、北は北海道、東京や、南は奈良、さらに今年はフランスからも親子で参加してくれる人もいらっしゃいました。17年の歴史をもつサマースクールでは「お腹の中にいるときから参加しています」という女子高生も参加するほど、夏になると必ずやってくる人たちがいます。ワンネススクールの夏合宿は、生活合宿です。野外体験の凝ったプログラムやアクティビティはありません。毎日忙しく子どもたちを追い立てて動かし「思い出作り」と称して無理をさせることはありません。みなと同じ時間に起き、散歩をしてご飯を作って、地元の川で遊び、自由に過ごし、風呂を薪で沸かし、薪で米を炊き、みんなで雑魚寝。地に足のついた夏合宿は一夏の思い出では味わえない体験があります。普段から活動の場としてワンネス生が過ごす鳥越校舎は一つの家となります。鳥越校舎は設備の整った綺麗な施設ではありません。みなが協力をして掃除をして、快適ではない場所でいかに自分が環境に合わせ暮らしていくかという力が必要となります。ある中学生が「お金を払ってこんなことをさせるのか!(笑)」というくらい、暮らしの中で働くことがメインのこの合宿は、むしろ貴重な場所となっている気がします。青少年自然の家などでの合宿ももちろん良いですが、この「家」のような夏の時間を求めて日本各地から17年以上通っている人たちも何人もいます。小さい頃から通いだした彼ら彼女らはすっかり大人になり(小学校の先生になった人も!)今では自分のためでもあり子どもたちのために毎年忙しい時間をぬって来ています。東京から毎年いらっしゃるHさんは「東京生まれの東京育ちなのでお里はないが、ここが私のお里だ」と言っているのがとても印象的でした。毎年夏になるとそれぞれの暮らしと成長を語り合う古い知人友人がこの場所に集まるという意味では、まさに里帰りなんだなと思えました。帰る場所があるというのは、人の成長にとって大事なんだと聞いたことがあります。外で一所懸命に生きて、家では安心してしっかりと休むことが良いサイクルを生むんだそうです。それはサマースクールが「お里」となって、日々一生懸命生きている人たちの帰ってくる場所となっていることとどこか似ている気がしました。サマースクールや夏の合宿、保養キャンプなどは石川県でもたくさん増えてきました。しかし、このあらゆる人種と年代が揃い楽しく過ごしながらも、生活そのものが目的であるという合宿は少ないのではないでしょうか。今回のサマースクールの模様はまた別の機会に詳しくご紹介したいと思います。まずは今年の夏の感想ということで、スタッフの感想でした。(筆者:スタッフ 中村)

      3
      1
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 特別企画!【親・大人に言いたいこと】おーぷんはうすさんの合宿へ参加!

      金沢の親の会としては長く活動をされている「おーぷんはうす」さんが毎年企画している夏合宿へ、今年はワンネススクール生や卒業生が参加することになりました!おーぷんはうすさんと関わりのある中高生も一緒に参加する企画となり、若者が親や大人に言いたい事(言いたかった事)などを語りあい、それを大人に聞いてもらおうという企画になりました!なかなか今本人に聞けない事も・・・・様々乗り越え振り返りながら語る青年達から質問をして、聞いて、のんびり学んでみませんか?気になったかたはまず一度ご相談ください!〜おーぷんはうす合宿〜【場所】湯涌創作の森 (076-235-1116)【日時】2016年 8月7日(日)~8日(月) ※5時から夕食、宿泊室の1階で、(事務室受付のあるところ)【参加費】日帰り(夕食、研修、交流会含む)1500円、研修のみ1000円、学生(小中高大生)500円、幼児300円※創作の森での宿泊参加も可能です、気なる方は一度ご相談ください。おーぷんはうす、ワンネススクールのみんなは一泊します。宿泊参加の場合は2500円。【研修内容】6時30分~ おーぷんはうす代表・多田さんのあいさつ6時35分~ 若者たちと語ろう「親・大人に言いたいこと」(ワンネスの青年たち・おーぷんはうすの青年たち)9時~ 交流会 ( 飲みながら) 【申し込み・問い合わせ】TEL/076-241-3953(おーぷんはうす、小林)

      2
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 夏本番!【今年も開催♪】2016サマースクール

      今年もやってきました!ワンネススクール恒例の夏休みサマースクール!心身を整える夏休みにしよう♪食は野菜中心で体を浄化、毎朝は整体で体に勢いをつけます!遊ぶ、創る、学ぶ、働く、食う、寝る!夜は学習も。生活を通して、ピーンと張ったりゆるめたりという時間の使い方を身につけていこう!【日 程】平成28年8月3日(水)~ 8月11日(木)8泊9日【場 所】ワンネススクール鳥越校舎(石川県白山市別宮ロ8)【費 用】8泊9日 31,000円 ※日帰りは2,500円。1泊2日6,500円、1泊追加ごとに+4000円、6泊目からは+3,000円に割引。長期滞在がおすすめです!【対 象】18歳以下 ※18歳以上の方は個別ご相談ください、また小学生2年以下は保護者同伴となります。【宿泊場所は自然豊かな里山の旧保育所!】鳥越校舎は日頃の活動や合宿などで使用しています。サマースクールでは男子部屋、 女子部屋に分かれて生活します。親子部屋もあります。山と田んぼに囲まれ、目の前には野球場、少し歩けば川もあります。トイレはコンポストトイレ(循環式)、お風呂は鳥越の温泉に行きます。食事も自分たちでつくってみよう!毎日食べる野菜はワンネス生が春から育てた農薬・化学肥料不使用です!洗濯も料理も掃除、全部自分たちで行います。いつもと違う少し不便な生活も、仲間と暮らせば楽しいと感じます。今年は楽しみながら、心と体を整えよう!【サマースクールでいつも大切にしていること】・生活する+活動するリズムある生活を送ります。生活の中には学び/仕事など、好きなこともあれば嫌いなこともいろいろありますが、それをすることによって様々な変化に対応することができ、偏りのない生活を送ることができます。・活動を選択するいくつか選択肢を設けています。それらの中から自分で選ぶことによって自発性と責任を身につけていきます。・みんなで仲良くしようさまざまな場所からいろいろな年代のお友達が集まります。共同生活を送るので、互いに尊重しあいながら過ごしましょう。・携帯電話やゲームについてサマースクールは普段できない体験活動を目的としていますので、基本こちらでは使いません。使用に関しては親子で話し合ってください。詳しい内容をなどこちらからも確認していだけます!【2016サマースクール】募集チラシPDFダウンロード申し込み期限は特に設けておりません、詳しいスケジュールなども含めお気軽にご相談ください。【お申し込み&お問い合わせ】NPO法人ワンネススクール住所:〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F(金沢校舎)HP:http://www.oneness-school.orgTEL/FAX:076-259-5359E-mail:info@oneness-school.org

      3
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 京都から自転車で来た!【毎年恒例】京都・わく星学校と交流お泊まり!

      毎年恒例になっている京都のフリースクール「わく星学校」のみんなが今年も自転車ではるばる鳥越まで来てくれました!!一日中自転車にのって、テントで2泊しながら、時に雨に打たれながらも・・・・無事に到着!!前日までは畑日和のお天気でしたが、到着するころには本降りでした。わく星学校のみんなが来る前までは、ワンネスは畑作業!!梅雨前のはずが・・・梅雨の後のようなお天気!今年の夏もとっても暑いのでしょうか・・・ナスも無事に育っております♪トマトもすくすく!トマトはあんなに瑞々しいのに水はそんなに上げずに育てるんですね!こちらはトマトの余分な芽をつむ作業。わく星のみんなをおもてなしするためにおやつづくり♪夕ご飯も一緒に作りました!わく星のみんなは小笠原への旅行へ行った時の話をしてくれました。小笠原諸島の話はまるで南国。東京都とは思えませんね!午後はみんなでソフトボール!自転車で京都から金沢まで来て・・・次の日はソフトボール!わく星学校おそるべし。ソフトのあとは卓球でした笑長く続いてきたわく星との交流は毎年みんな楽しみにしています。また来年も来てくれるのかな?おまちしております!【筆者:スタッフ】

      4
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 株式会社ヴォイスさん【会社説明会の見学】説明会ってなんだ・・?!

      先日、金沢を拠点に活動する「ヴォイス」というブランディング、デザインやCM、WEB制作、NPOやカフェも運営する会社の会社説明会をみんなで見学してきました!【株式会社ヴォイス】http://www.brandvoice.jp/ 「会社説明会って・・・・なんだ?」 初めての就職活動で突然訪れる緊張の会社説明会。「立派な社会人としての振る舞いができないと恥ずかしい思いをするのではないか・・・」とか、「説明会だけど、会社の人たちに見定められているのではないだろうか・・・」と不安になるような要素がいっぱいですが、その前に会社説明会の見学できたらいいなぁと思っていたところ、ヴォイスさんが快く引き受けてくれました!! ありがとうございます!! この日はぞろぞろと7名で押しかけました。会場は里見町にある町家ダイニング「フルオブビーンズ」さん!http://www.fullofbeans.jp/ 以前職場実習も受け入れていただいたこともあります! おしゃれなカフェの2Fでの会社説明会です。本来は就職活動をする大学生や、中途採用を希望する人しか入れないこの会の最後尾でひっそり見学。デザインという仕事とはどういうものか、どんな思いで仕事をしているか、そういったことをいま現在バリバリ働いている人たちが目の前で熱弁!会社とは・・・仕事とは・・・話を聞いているうちに、働くということをいろんなことが生きていくことそのものに直結してくるような話だなぁと思いました。中高生も終始真面目に聴講。聞いていて楽しい話!そしてためになる・・・お忙しい中、、、ワンネス生の中高生、大学生のために合間を縫ってヴォイスの宮川社長がみんなにお話をしてくれました!!みんな少し緊張?「働くって、お金を稼ぐだけのこと? なんで働くの?」もしかすると学校では学べないかもしれない疑問ですね。宮川さんのお答えは「好きなことを見つけてひたすれ熱中すれば、自然とそのプロになれる」とのこと(かなり要約しています・・・すみません)。イヤイヤ働くもの一つとしてあるけれど、どうせならどんな仕事でも熱中してみたら好きになることもある。それなりに大変だけれども、好きなことを仕事にすることもできる!と。「会社という漢字はひっくりかえしたら、社会。社会に必要とされなければ会社として意味がない」なるほど。働くこととも直結するお話ですね。宮川さんはみんなと同じ目線から丁寧に人生の先輩としてお話してくれました。本当に感謝です!!↓こちらは会社説明会に参加された方々のワークショップ風景。終始なごやかな雰囲気。 ヴォイスのみなさん、フルオブビーンズのみなさん、就活生のみなさん、お忙しいところお邪魔になりました! 10代の頃は「なぜ働かなくてはならないのか?」「働くということはお金を稼ぐことなのか?」とわからないことだらけでしたが、よく考えたらそんなことは学校では教えてくれませんね(笑) ハッキリと教えてくれる大人もいなかった気がします・・・(私だけ?)ヴォイスさんで働く人たちは、やる気に満ちた人たちばかりで、仕事にも誇りを感じました。そういう大人に10代のうちに会えること自体が、何か一つの答えのような気がします。「なぜ働くか?」という子どもにとって素朴な疑問に、ハッキリと子どもたちにもわかるようにお話して頂いた宮川さんにも大変感謝です。大変勉強になりました!ありがとうございました!というわけで、毎年お邪魔させてくださいとお願いしました。また来年も宜しくお願いします!!ワンネススクールではこうして色々な大人や会社のお世話になりながら、みんなで成長していっております!(^ ^)/【筆者:スタッフ】

      5
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 【若者支援】シェアハウス始めました!

      去年から計画していたシェアハウスが、なんとか春からみんなで住み始め、シェアハウスを開始することができました!実家を離れるにしてもバイトだけでは暮らしていけない・・・、親や兄弟と離れて自立・自活をしてみたいけど、ちょっとお金がかかりすぎる・・・、といった理由でなかなか家をでずに実家暮らしという人は多いのではないでしょうか?シェアハウスはもともとスタッフのおじいちゃんにあたる方が所有する家で、ご好意でお借りすることができました。感謝です。シェアハウスでは、生活するための家電や道具はあらかじめ揃っています。部屋はそれぞれに1部屋ずつです。プライバシーはある程度守られるようになっています。現在8部屋で5名が入居、おんなじような仲間が世代はバラバラでのんびり暮らしています。興味のある方は一度お問い合わせください!さらに詳しくはHPで!https://senshinan.amebaownd.com/

      4
      1
      テーマ:
  • 29 May
    • 【フリースクール】最近の月曜日は美味しいものを作って食べる!

      今年の春から月曜日のお昼はフリースクール(主に中学生)が作ってくれています!作る場所はシェアハウス!作る分量は高校生や就労支援のお兄さんお姉さんたち、スタッフの分まで作ります!多い時で15人分くらい。なかなか普段では調理しない分量で食材を切ったり、炒めたり、ご飯を炊いたりもなかなかの作業量。しかしながら・・・・みんなの頑張りによって、なんとまあ毎週美味しいものを食べさせていただいています!【デミグラスソースのオムライスとアボカドのサラダ!】ええ!もちろん卵はふわとろですよ!!!!中学生たちも、ちゃんとコツを押さえれば誰でも作れます!ワンネスの中学生たちはみんな習得!【木の子あんかけと大根おろしのわらじハンバーグとお味噌汁!】ハンバーグも贅沢・・・と思いきや、工夫をたくさんしたおかげで格安!なのに美味しい~!!みんなでハンバーグを焼いて、あんかけも和風!うますぎた・・・・【野草の天ぷらとシーチキンの大根サラダ】こちらは以前ブログでも紹介した野草の天ぷら!そうクローバーを天ぷらで食べました!うまかったです!【にぼしだしのスープの野菜ラーメンとフキ味噌&餅】この日のメニュー以外でも、鶏ガラからスープからとったラーメンなども・・・!にぼしスープは上品でうま味がすごい!! そして何よりスープの香りと透明度!みんな最初はうまくできません・・・が結局出来上がってみるといつも成功!誰かが手伝ってくれたり、教えてくれたり、それぞれが得意なことを分担したりと、先輩の高校生のみんなもなんだかんだと言いながら協力的!そうなんです、ワンネススクールはいつもとっても美味しいものを食べています笑料理はおちついて、段取り良く、丁寧に作ると失敗も少ないですね(^ ^)スタッフに元料理人がいることもあり、包丁などの道具の使い方も教えています。スウィーツも、普段はなかなか使わない道具も揃っていているのでなんとでもなります(^ ^)料理人の人のアドバイスでは「料理のコツは大事な人を思いながら作ること!」気持ちが最も大事だということだそうです!さあ腕に自信のある中学生たちよーいつでも料理修行においでっーー!(^ ^)/【筆者:スタッフ】

      4
      1
      テーマ:
  • 23 May
    • 【写真】最近の活動は??

      こんにちは!僕メガネはワンネス写真部なのでこれから写真メインのブログも更新して行きます。では本文をどうぞ!今回は最近の鳥越での活動写真を中心に載せます。【キュウリのために!!】畑題名通りキュウリのために柱を作りました!倒れたら困りますかね(*^_^*)【恵み】畑こちらも畑、水をあげてる所です。育つのが楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク【手植えに向けて】田んぼ場面変わってこちらは田んぼ植えるところが分かるように専用の道具で印を付けてるところです。【泥と友達】田んぼ苗を植えてるところですね。ずっと中腰で業するので腰がやられました。笑【苗の邪魔をするもの】これは田んぼの雑草を刈ってるところですねみなさん気づきました?よく見たら写真中央にカエルがいるんですよ【美味しい!】これはお昼ご飯の冷やしうどんです。最近は暑い日が続いているので冷たい食べ物食べると生き返りますね!これにて第一回メガネ写真展を終了とさせて頂きます。ご来場頂きました皆様誠にありがとうございました。っと茶番は置いといてですね次の更新もお楽しみに。ではまた( ´ ▽ ` )ノ筆者・メガネ

      5
      テーマ:
  • 20 May
    • 【ワンネス通信】皆様へ!

      1.今から皆様ににワンネス通信を送ります!2.今回は皆で頑張って作りました!3.手作り感満載ですがお楽しみに! 【筆者・メガネ】

      6
      テーマ:
  • 18 May
    • 5月20日【親の会】お知らせ!

      ワンネススクールでは毎月第3水曜、金曜と親の会を行っております。今月は・5月20日(金)・・・ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目)にて開催されます。・ワンネススクール【親の会】ひきこもり、NEET状態が長続きすると本人だけでなく、保護者の方自身も自分を責めたり、なかなか人に相談できずに孤立化が進んでいきます。その結果情報を得ることが出来ず、ますます悪循環にはまっていくことが多いようです。大切なのは本人が動かなくてもまず家族の中で動ける人が動くこと、そうすることでエネルギーがプラスに循環し始め、親子の正しい距離が見えてきます。親の会は情報を共有し、自分を認め、家族の関係性を見つめ直すきっかけとなります。保護者の方にとっても大切な居場所となるのです。ちょっとした茶菓子や、夜の時間帯では最近はちょっとした食べ物も用意してあります。どうぞお気軽にご参加くださいませ(^ ^)【日 時】毎月第3水曜(小松)、第3金曜(金沢)・5月20日(金):ワンネススクール金沢校舎(有松2丁目) 18:30~20:30ごろ【場 所】・ワンネススクール金沢校舎〒921-8161 石川県金沢市有松2丁目15-2 2F(久安交差点近く、文具スーパー事務キチ金沢店向かい2F)※ワンネススクールの入り口は、1階の囲碁教室とお隣の学習塾の「鍋谷塾」さんとの間の路地を入ってすぐの左側の茶色い扉です。【費 用】 ・ワンネススクールに通う人の、ご家族の方:無料 ・一般参加者:1500円(初めての方は無料です、2回目からの参加で参加費をいただいています。)※日によっては日時の変更のあることがございますので、金沢校舎での親の会、小松市での親の会ともに活動カレンダーにて予定を確認されることをお勧めします。→■活動カレンダー【お問い合わせ】NPO 法人ワンネススクールHP : http://www.oneness-school.org/ TEL : 076-259-5359E-mail : info@oneness-school.org※携帯メールでお問い合わせの方は、info@oneness-school.orgのメールが届くように設定をお願いします。また迷惑メールに振り分けられる可能性もありますので、ご確認をお願いします。

      5
      テーマ:
  • 13 May
    • 【今年も農業!】鳥越の作業風景

      今年もワンネススクールは、野菜や田んぼのお世話をしています!畑での作業風景です!お昼は野に咲く食べられそうな植物を調理しかき揚げなどを作りました。よもぎ、クローバー、つくし、あざみ、あと何かの草。最初は食べれるか心配でしたが案外たべてみるとおいしかったです。ぜひみなさんも食べてみるといいですよ。【図鑑などでちゃんと食べれるか見てからたべましょう!】↑野草の天ぷら!クローバーがたっぷり!【筆者:M】

      6
      1
      テーマ:

プロフィール

ワンネススクール

お住まいの地域:
石川県
自己紹介:
http://www.oneness-school.org/ 石川県金沢市と白山市の旧鳥越地区を拠...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
135854 位
総合月間
111219 位
ニート
85 位
学び・教育
1988 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。