2016年は、このブログを読んでいる方に、本当にお世話になりました。

お久しぶりです。いしいです。

昨年1年間は、「立て直し」「準備」の1年でした。

 

新年なので、個人および代表としての振り返りをしてみました。

あまり自分のことを話さないのですが、この機会に勇気をもって

打ち明けてみようと、思います。

 

2017年、高校を卒業し、大学生になって東京に出てきて、

個人的に活動を始めて10年目に、

法人化して5年目に、なります。

何ができるかわからないけど、誰かがやるしかないと思った、若者自殺うつ予防問題。

覚悟して理念を掲げて活動を始めてみたら、

よくも悪くも見えてきた事実があり、参加者さんから変化を伝えてもらったりなど、

この活動を通した「結果」のようなものを確かめる瞬間が増えた1年でした。

 

一昨年の大晦日は、自分自身を押し潰して這って生きていた状態でした。

「ミイラ取りがミイラになるな」と、助言いただくほど

自殺防止団体の代表が、死んだほうが楽かもしれないなんて事を考えるほどには、

活動に見合った成果が見られず、絶望感とやりきれなさで一杯でした。

社会課題のために自分をどう使っても成果が具体的に見えてこない事

関わるボランティアのために、自分が合わせすぎている事に

どうしていいかわからないと他者や自分を責めて疲弊をしてしまい、

目の前が暗い日々が続いていました。

余談ですが、何も準備しなくても電車に飛び込めばいいって思う感覚が

痛いほどに良く分かるようになりました。ハード面の支援も大切だと気づきます。

 

去年は、ようやく結果が少しずつ見えてきました。

・  支え手の参加者 Iさん、Hさんの変化

(3年前にNEWSZEROの特集に出てくださった

 Iさんの彼女さんが就職できたと報告いただきました。

 本当におめでたいです。

 「これで安泰というわけではないけどほどよい距離で見守ります」

 と真摯に向き合っていらっしゃるIさん。

 今後も心から、応援しています。)

・  心の病予防プログラム「Light Ring time」で見えた定量結果の国際学会発表

 (効果指標チームのみなさんが頑張ってくれました。)

・  児童青年精神医学会登壇

・  聴くトモカフェプログラムが世田谷区委託事業「こころスペース」に展開

 (聴くトモさんが頑張ってくれています。)

・  初地方(福岡)でのLight Ring Time開催

 

 

・  私から鎌田さんへ事業運営・当日司会の引き継ぎ

・  小中高専大への講演(10代の学生・親教師向けの講演が増えてきました)

・  中期経営計画の策定、中期目標(KPI)の設定

・  NHKクローズアップ現代 東北版 スタジオ出演・授業撮影

・  CCTV出演 

・ 日本テレビ スッキリ! コメント出演

・  ハフィントンポスト スタート 

・  若者自殺対策全国民間ネットワーク共同代表就任

・  大学客員講師就任

 

 

お声がけをいただいてたくさんの機会をいただき、素敵な出会いに恵まれました。

本当にありがとうございます。

 


2/2へつづく・・

 

AD