2月25日(土)に行われた

第16回ソーシャルサポート力養成講座に

ご参加頂いたゲストさんから

ご感想を頂きましたのでご紹介いたします!

 

-------

 

支え手支援のようなソーシャルビジネスに興味があり、

Light Ringさんの講座に参加させていただきました。

今回のテーマである傾聴は、私の勝手なイメージですが、

医師やカウンセラーのような専門家等のプロの技という印象があり、

受講前は3時間で私のようなズブの素人に何が出来るのだろうか

という不安な気持ちがありました。

今回は 座学、実践、振り返り という3つのパートに分かれており、

座学では講義形式で傾聴の目的、効果、必要な心構え、

そして基本的な話法を教えていただきました。

傾聴の目的、効果や必要な心構えについてのウェイトが大きく、

基本的な話法は具体的なことを数点教えていただいただけなので、

正直「えっ これだけで話を引き出せるの? 」という気持ちがありました。

 

続く実践のパートでは、実際に傾聴スキルを使って

話し手さんの悩みを聞くわけですが 
焦る焦る・・、何を話したいのか、何に悩んでいるのか、

肝になる部分を捉えることが大変でした。

話しを聞きながら、思い出したのは傾聴の目的と心構えでした。

目的と心構えを思い出しながら、

話しを聞き、聞いたことを整理しながら

対話をすることで何とか進めることができました。

 

もし話法をたくさん教わっていたら、

あれもこれもと余計なことを聞いて、

必要な話を引き出すことは出来なかったと思います。

これはあくまでも私個人の意見であり、

他の参加者さんの意見とは違うかもしれませんが、

傾聴で大切なことは、具体的な話法よりも、

目的や心構えなのだと感じました。

 

今回、たくさんの気づきを得られましたので、

最後の振り返りではいろいろと話したいことがありました。

可能であれば、各自の振り返りを材料に

話し合いをして気づきの共有が出来たら良かったです。

傾聴は、座学や本を読むだけで得られる技術ではないと感じました。

傾聴スキルを学び、実際に悩みを聞く経験ができ

非常に有意義でした。是非次回も参加したいと思います。

 

-------

 

いつも真剣にやわらかく、

参加してくださっている姿が印象的です。

「傾聴」と構えず、日常のふとしたときにも

傾聴を実践していただけたら嬉しいです。

ご感想を頂き、本当にありがとうございます!

 

Light Ring.では3月25日(土)に

今年度最後

ソーシャルサポート力養成講座

Light Ring Timeを行います。

時間について下記をご参照ください。

 

開催日 3月25日(土)

場所   NPO協働推進センター

 

◆Light Ring Time◆

14:00~18:30(13:45開場)

詳細はこちら→http://lightring.or.jp/events/lrt/

 

◆ソーシャルサポート力養成講座◆

18:00~20:30(17:45開場)

詳細はこちら→http://lightring.or.jp/events/social_support/

 

繰り返しになりますが、

今年度最後、です!

皆さまのお申込みをスタッフ一同、お待ちしております!

 

AD

春先頃からどうにも目がかゆく、

くしゃみや鼻水がよく出るな…

と思い続けて3年ほどが経過しました。

 

先日ついにアレルギー検査を行い、

見事に 「スギ 5」 でした。

スタッフの鎌田です。

ちなみに秋田県の都道府県の木は「スギ」です。

 

2月25日にソーシャルサポート力養成講座を行いました。

テーマは「傾聴」

身近な人の話を聴く「コツ」を学んでいただき、

実際にグループワークで傾聴を行っていただきました。

 

 

皆さまには真摯に取り組んでいただき、

アツい回だな、と感じておりました。

 

「傾聴」ときくと

とても難しいことのように感じられる方が多いかもしれません。

 

最初から「プロ」のように「聴く」ことは難しいかもしれませんが、

相手に寄り添って、「会話」をする

それだけでも、「聴く」ことになると私は考えています。

 

また、傾聴は悩み相談だけではなく、

日常のコミュニケーションのなかでも意識して使うことで

スキルが磨かれていくものでもあります。

 

でも、相手の話を聴いているだけでは

自分も疲れてしまうので、

自分から「話してみる」ことも

大切だなと感じています。

 

「聴く」と「話す」のバランスを調整しながら

身近なひととの「会話」を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

次回のソーシャルサポート力養成講座は

3月25日(土)18:00~20:30

新宿NPO協働推進センターにて行います。

詳細はこちら→http://lightring.or.jp/events/social_support/

 

テーマは「寄り添う」

 

身近な人を支える上で

自分が「どこまで」支えられるのか

自分も相手も大切にしながら支えを続けていくには

ということを皆さんでお話をしていくことがメインになります。

 

いま、自分ができる寄り添い方を

考えたり、振り返ったりできる時間になれば幸いです。

 

3月25日(土)はLight Ring Timeも行います。

時間 14:00~16:30

場所 新宿NPO協働推進センター

◆詳細はこちら→http://lightring.or.jp/events/lrt/

 

これが今年度、最後の

ソーシャルサポート力養成講座

Light Ring Timeとなります。

 

ご興味のある方、お時間のある方は

お気軽にお申込みください!

 

AD

「自殺対策を推進する議員の会(議連)」の若者自殺対策ワーキングチーム座長 谷合正明参議院議員へ、5年ぶりに改定する自殺総合対策大綱の中へ「若者自殺対策を強化する」項目を追加する要望書を提出し、快く受け取っていただきました。

 

 

来年度の改訂に、無事に反映され、全国にいる1人でも多くの

”身近な支え”に悩む若者に、サポートの手が差し伸べられること心から願います。

 

NPO法人LightRing.では、今後も関係各所と協力し、若者自殺対策を推進するべく活動を行ってまいります。若者自殺の実態を知りたい方はこちらからお問い合わせください。

 

***********************************************
Light Ring.は「そばで大切な方を守りたい」方が、
自分と大切な人の心の病を未然に防ぎ、
自分らしい人生を歩み抜けることを応援する、
総合的ソーシャルサポートを行っています。

特定非営利活動法人Light Ring.(ライトリング)
 http://lightring.or.jp/
【総合受付】 info.lightring@gmail.com
 ※ メールでのお問い合わせを推奨しております。
【電話】    03-6868-7224
【FAX】     03-6893-3931
【twitter】   @npolightring (公式)
【Blog】    http://ameblo.jp/npo-lightring
----------------------------------------------
青年期向けこころの病予防推進プログラム
■若年層支援向け傾聴サポーター聴くトモ養成講座
■ソーシャルサポート力養成講座
http://lightring.or.jp/events/social_support/
■悩む人をそばで支える事例検討会Light Ring Time 
http://lightring.or.jp/events/lrt/
■カフェ聴くトモプログラム 
http://lightring.or.jp/events/kikutomo_program/ 
----------------------------------------------
***********************************************

AD

一人で悩まないで

テーマ:

今年も気づいたらもう3月。

 

3月は卒業式に年度末にと

多くの人にとって変化の時ですね。

職場でも人の入れ替わりがあり、変化に富んだ毎日を

過ごしている事務局メンバーの岩井です。

 

3月は「自殺対策強化月間」と定められています。

それはなぜか。

3月は、自殺で亡くなる方の数が最も多い月です

(平成26年~28年 厚生労働省 自殺統計から)。

 

「自殺対策強化月間」として、

特別電話相談、講演会、キャンペーンなどを行い、

悩んでいる人を支える、悩んでいる人を支えたい人をつなぐ

取り組みを行っています。

 

多くの人が人に言えない悩みを抱えて、人知れず悩んでいます。

 

悩んでいた時に家族や友人など、身近な人の支えや一言で励まされたり、

楽になったりした経験はありませんか?

悩みを話せる人、場所があることはとても大きなことだと思います。

 

 

私は中学時代、学校環境・家庭環境があまり良くなくて

荒れている時期がありました。

周りから見たら好き勝手やっている風にみえたかもしれません。

今振り返るとそう思われてもしょうがなかったなぁと思います。

 

しかし、その時の自分はそんな環境の中で、どうしていいか分からず、

鬱屈していました。

それで周りに迷惑を掛けたり、傷つけたり。

そのまま変わらずにいたら高校も行かずに目的もなく毎日を過ごして

いたかもしれません。

 

そんな自分に対して、いつも本気で向き合って、本気で怒ってくれる

友人がいました。

どんなに邪険にしてもいつも自分と向き合って、信じてくれた人。

自然と自分もその人には何でも話すようになっていました。

 

そして、その中で自分も「このままではダメだ」と思い、

その人の支えもあり、高校進学、そして大学にも行くことが出来ました。

 

そして、今は自分のことを思って、支えてくれた人のように

自分も悩んでいる人を支えられるような人になりたいと思い、

日々過ごしています。


あなたのすぐそばにもきっと相談できる人がいるはずです。

一人で悩まずに身近な人に話してみませんか?

 

左が私です。

 

1月21日(土)に行われた第15回ソーシャルサポート力養成講座に
ご参加頂いたゲストさんから、感想を頂きましたので、
ご紹介いたします。
 
---
現役大学生の阿久津と申します。
1月21日NPO法人Light Ring.さんが主催する
ソーシャルサポート力養成講座に参加してきました。
自分がLight Ring.さんを知ったのはSNSで偶然だったのですが、
臨床心理に関心があったためその活動内容に興味を持ち、
自分自身、傾聴のスキルを学んでいながらも身近な人の話は
上手く傾聴が出来ず、感情が揺さぶられてしまっていたので、
身近な人の悩みをもっとありのままに受け止めたいと思い、
この講座に参加させていただきました。
 
まずこの講座の特徴だと思ったことは、
幅広い年齢の方、様々な立場の方、
さまざまな経験をされている方が参加されていることだと思いました。
大学生からすると大人の方は
バイトなどでは関わっていても心理的なことや人生に関することを
話題にできることは少ないと思うので、
こういう経験をしたうえでこういう価値観が生まれる、
というのを自己紹介やディスカッションを通して知ることができるのは、
それだけでも若者の刺激になると思いました。
もっといろんなお話をそれぞれの方々からお聞きしたいと思いました。
 
講座の内容は、
共感疲労とは何であるかを知ること、
負荷がかかるとどんなストレスの表れ方をするのかを知ること、
人それぞれのタイプ別にストレスに対処すること、でありました。
相手の話を重く感じることや、
ストレスがたまると体のだるさや乱暴的な行動が出ることは
一般的かもしれませんが、負荷を抱えている渦中であると
自分が今何でこんなことをしているのかと見失いがちであり、
こうして講座とテキストで
「ああ、今自分にはこんなにストレスが溜まっているんだな。」
と俯瞰して自分の状態を見られるのは
学びの大きな点だと感じました。
 
そして対処方法がいくつか挙げられており、
自分に合うか合わないかの判断を実践し、
目に見える形で行えるもの大きいと思います。
自分の場合は問題が発生した場合は
いつもその原因からなんとか解決しようとする
「問題焦点型」なのだと気づき、
それだけでは人から聞いた悩みが解決困難な場合、
自分も相手も八方ふさがりな気分になることをワークで実感しました。
しかしその後自分の気持ちを切り替える
「情動焦点型」のリラクゼーションを
文字で見て、試せたことで、
それまで「ほんとに効果あるの?」と思っていた
筋弛緩法や呼吸法なども
「今の自分にはこっちのほうが合うかも、やってみようかな。」
と思えました。
 
実際この「気持ちの切り替え」というのは自分にとっては大きく、
講座以降自分一人で過ごす時間も大事にし、
運動やしばらくしていなかった趣味のことをしてみると
良いことも悪いことも落ち着いて自分のことを見つめることができ、
だからこそ他者との時間もより大切に思えるようになっています。
また「気晴らし」は自分にだけでなく、
悩みを抱える人を遊びに連れていく
といった支え方にもつながるなと思います。
 
Light Ring.さんが行っている「支え手を支える」事業は
非常に重要であると思います。
支え手であっても自分のことを知らず、
支え方を知らなくては支え手自身が悩みを抱えてしまい、
場合によっては相談者をより傷つける側になりかねません。
人の相談を第一に受けるのはまさに身近な人であると、
自分もLight Ring.さんがお考えのようにそう思います。
このように支え手が支えられる環境が広まってほしいと思います。
自分は今回は受講生の側でしたが、
今後Light Ring.さんのような活動を支える、
広める側にもなれたらと思っております。
講座に参加できて良かったです。ありがとうございました。
 
---
 
阿久津さん、ありがとうございました!
講座のなかでたくさんの気づきや学びを
受け取ってくださり、とても嬉しいです。
一緒に活動ができる日を楽しみにしています◎