1月21日(土)に行われた第15回ソーシャルサポート力養成講座に
ご参加頂いたゲストさんから、感想を頂きましたので、
ご紹介いたします。
 
---
現役大学生の阿久津と申します。
1月21日NPO法人Light Ring.さんが主催する
ソーシャルサポート力養成講座に参加してきました。
自分がLight Ring.さんを知ったのはSNSで偶然だったのですが、
臨床心理に関心があったためその活動内容に興味を持ち、
自分自身、傾聴のスキルを学んでいながらも身近な人の話は
上手く傾聴が出来ず、感情が揺さぶられてしまっていたので、
身近な人の悩みをもっとありのままに受け止めたいと思い、
この講座に参加させていただきました。
 
まずこの講座の特徴だと思ったことは、
幅広い年齢の方、様々な立場の方、
さまざまな経験をされている方が参加されていることだと思いました。
大学生からすると大人の方は
バイトなどでは関わっていても心理的なことや人生に関することを
話題にできることは少ないと思うので、
こういう経験をしたうえでこういう価値観が生まれる、
というのを自己紹介やディスカッションを通して知ることができるのは、
それだけでも若者の刺激になると思いました。
もっといろんなお話をそれぞれの方々からお聞きしたいと思いました。
 
講座の内容は、
共感疲労とは何であるかを知ること、
負荷がかかるとどんなストレスの表れ方をするのかを知ること、
人それぞれのタイプ別にストレスに対処すること、でありました。
相手の話を重く感じることや、
ストレスがたまると体のだるさや乱暴的な行動が出ることは
一般的かもしれませんが、負荷を抱えている渦中であると
自分が今何でこんなことをしているのかと見失いがちであり、
こうして講座とテキストで
「ああ、今自分にはこんなにストレスが溜まっているんだな。」
と俯瞰して自分の状態を見られるのは
学びの大きな点だと感じました。
 
そして対処方法がいくつか挙げられており、
自分に合うか合わないかの判断を実践し、
目に見える形で行えるもの大きいと思います。
自分の場合は問題が発生した場合は
いつもその原因からなんとか解決しようとする
「問題焦点型」なのだと気づき、
それだけでは人から聞いた悩みが解決困難な場合、
自分も相手も八方ふさがりな気分になることをワークで実感しました。
しかしその後自分の気持ちを切り替える
「情動焦点型」のリラクゼーションを
文字で見て、試せたことで、
それまで「ほんとに効果あるの?」と思っていた
筋弛緩法や呼吸法なども
「今の自分にはこっちのほうが合うかも、やってみようかな。」
と思えました。
 
実際この「気持ちの切り替え」というのは自分にとっては大きく、
講座以降自分一人で過ごす時間も大事にし、
運動やしばらくしていなかった趣味のことをしてみると
良いことも悪いことも落ち着いて自分のことを見つめることができ、
だからこそ他者との時間もより大切に思えるようになっています。
また「気晴らし」は自分にだけでなく、
悩みを抱える人を遊びに連れていく
といった支え方にもつながるなと思います。
 
Light Ring.さんが行っている「支え手を支える」事業は
非常に重要であると思います。
支え手であっても自分のことを知らず、
支え方を知らなくては支え手自身が悩みを抱えてしまい、
場合によっては相談者をより傷つける側になりかねません。
人の相談を第一に受けるのはまさに身近な人であると、
自分もLight Ring.さんがお考えのようにそう思います。
このように支え手が支えられる環境が広まってほしいと思います。
自分は今回は受講生の側でしたが、
今後Light Ring.さんのような活動を支える、
広める側にもなれたらと思っております。
講座に参加できて良かったです。ありがとうございました。
 
---
 
阿久津さん、ありがとうございました!
講座のなかでたくさんの気づきや学びを
受け取ってくださり、とても嬉しいです。
一緒に活動ができる日を楽しみにしています◎
AD
こんにちは。
暦の上では立春を迎えましたが、
まだまだ寒いですね。
 
節分は上司に恵方巻を頂いたので
北北西を向きながら、もくもくとおいしく頂きました◎
 
さて、ご報告が大変遅くなってしまいましたが、
1月21日(土)落合地域センターにて
第15回ソーシャルサポート力養成講座を開催いたしました。
 
 
 
今回のテーマは「セルフケア」
 
ひとを支えるためには、
まずは自分自身を大切に。
 
自分自身にアンテナを向けて
ストレス反応を起こしていないか振り返ってみたり、
自分に合うストレス対処方法を考えたり。
 
自分が陥りがちな考え方の癖
認知のゆがみについて
自分ひとりではなく、参加者さん同士でお話をしたり。
 
皆さま、それぞれの気づきを持ち帰られたようで、
お帰りの際の皆さまの笑顔がとても嬉しかったです。
 
セルフケアはその日限りではなく
継続がとても大切です。
 
「ちょっと疲れたかな」
と思ったときには
それぞれのケア方法で
自分自身をいたわっていきましょう。
 
難しく考えることはありません。
 
日常の生活のなかで
自分はこの時間が好きだなぁと
感じるときがあると思います。
 
心身がゆるんで、リラックスできる時間
ゆるんでるなぁ~
と思える時間をたくさん見つけることで
セルフケアにつながると思います。
 
ちなみに私が日常的に使うセルフケア方法は
お風呂に入って寝る
バラエティ番組を見て笑う
通勤のときにひたすらぼんやり外をみる
などです。
 
皆さんもぜひオリジナルのセルフケア方法を
みつけてみてくださいね。
 
さて、次回のソーシャルサポート力養成講座は
2月25日(土)15:00~18:00
大久保地域センターにて開催いたします。
 
Light Ring.は拠点を新宿区において活動をはじめました。
新宿区のに在住、在勤、在学の皆さま
ご興味がある方はぜひご参加ください。
 
新宿に縁もゆかりもないよ…
という方もぜひご参加ください!笑
 
皆さんのご参加を楽しみにお待ちしております!
AD

2016年の振り返りと新年のご挨拶1/2はこちらから・・

 

こんにちは、いしいです。

新年ブログ、長くなりすぎて2つに分けました。

続けますね。

 

プライベートでは、祖父が他界して、間近で久々に死を見た年でもありました。

高3の時に父親が他界したときは、

「自分は生を精一杯に生きよう」と意気込んだことを思い出します。

今になっては、「私は私のペースで自分も満たしてやりたいことで生きていこう」

と感じている心の変化にも気がつきました。

 

やっぱり収骨室とかに入ると自分の死の理想を思い、

今の生き方を考え直すキッカケになります。

 

2017年は、Light Ring.にとって大転換のスタートの年です。

「点」で開催してきた若者自殺うつ予防講座を、新宿区の「面」で取り入れます。

現在の新宿区の若者自殺の主要な方法(ビルの飛び降りなど)のハード面の防止、

特に都民に限らず最期の地として新宿区を選ぶ若者へのアウトリーチの模索について、

 

新宿区の関係者の皆様と協力させていただきながら、初年度をスタートしたいと考えています。

 

よかったら、これまで講座に参加してくださった支え手さんもどうぞ一緒に!

次の展開に進んでいけたら、ものすごく嬉しいです。歓迎してます。

 

いろんな状況がありながら、受け入れて、

Light Ring.に関わってくれるすべての人に深い感謝で一杯です。

スタッフ、プロボノみなさん、本当にありがとう。

参加者の皆様、本当にありがとうございます。

2017年、新たなスタート地点に立つLight Ring.を

いろいろな形で応援してもらえたら嬉しいです。

 

今年も、支え手さんをスタッフ一同大歓迎でお待ちしています。

次に逢える日は1/21(土)。楽しみにしています(^^)

http://lightring.or.jp/events/social_support/

 

2017年も一人でも多くの支えに悩む若者、自分自身に悩む若者に出逢えますように。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

AD

2016年は、このブログを読んでいる方に、本当にお世話になりました。

お久しぶりです。いしいです。

昨年1年間は、「立て直し」「準備」の1年でした。

 

新年なので、個人および代表としての振り返りをしてみました。

あまり自分のことを話さないのですが、この機会に勇気をもって

打ち明けてみようと、思います。

 

2017年、高校を卒業し、大学生になって東京に出てきて、

個人的に活動を始めて10年目に、

法人化して5年目に、なります。

何ができるかわからないけど、誰かがやるしかないと思った、若者自殺うつ予防問題。

覚悟して理念を掲げて活動を始めてみたら、

よくも悪くも見えてきた事実があり、参加者さんから変化を伝えてもらったりなど、

この活動を通した「結果」のようなものを確かめる瞬間が増えた1年でした。

 

一昨年の大晦日は、自分自身を押し潰して這って生きていた状態でした。

「ミイラ取りがミイラになるな」と、助言いただくほど

自殺防止団体の代表が、死んだほうが楽かもしれないなんて事を考えるほどには、

活動に見合った成果が見られず、絶望感とやりきれなさで一杯でした。

社会課題のために自分をどう使っても成果が具体的に見えてこない事

関わるボランティアのために、自分が合わせすぎている事に

どうしていいかわからないと他者や自分を責めて疲弊をしてしまい、

目の前が暗い日々が続いていました。

余談ですが、何も準備しなくても電車に飛び込めばいいって思う感覚が

痛いほどに良く分かるようになりました。ハード面の支援も大切だと気づきます。

 

去年は、ようやく結果が少しずつ見えてきました。

・  支え手の参加者 Iさん、Hさんの変化

(3年前にNEWSZEROの特集に出てくださった

Iさんの彼女さんが就職できたと報告いただきました。

本当におめでたいです。

「これで安泰というわけではないけどほどよい距離で見守ります」

と真摯に向き合っていらっしゃるIさん。

今後も心から、応援しています。)

・  心の病予防プログラム「Light Ring time」で見えた定量結果の国際学会発表

 (効果指標チームのみなさんが頑張ってくれました。)

・  児童青年精神医学会登壇

・  聴くトモカフェプログラムが世田谷区委託事業「こころスペース」に展開

 (聴くトモさんが頑張ってくれています。)

・  初地方(福岡)でのLight Ring Time開催

 

 

・  私から鎌田さんへ事業運営・当日司会の引き継ぎ

・  小中高専大への講演(10代の学生・親教師向けの講演が増えてきました)

・  中期経営計画の策定、中期目標(KPI)の設定

・  NHKクローズアップ現代 東北版 スタジオ出演・授業撮影

・  CCTV出演

・ 日本テレビ スッキリ! コメント出演

・  ハフィントンポスト スタート

・  若者自殺対策全国民間ネットワーク共同代表就任

・  大学客員講師就任

 

 

お声がけをいただいてたくさんの機会をいただき、素敵な出会いに恵まれました。

本当にありがとうございます。

 


2/2へつづく・・

 

第30回Light Ring Time

テーマ:

みなさまこんにちは。
年末のドタバタのなか、
今年もう終わるの!?
と震えています。
スタッフの鎌田です。


12月17日(土)
第30回Light Ring Time
を開催いたしました。

 

 

今回、初めて参加します
という方が多くいらしてくださり、
私もなんだか緊張した進行になってしまいました。

 

皆さまそれぞれの、様々なお話をききながら、
「支え」について考えておりました。

支えるということに関しては、
これ!という正解がないものなので、
そのプロセスのなかで色々な試行錯誤や
不安や葛藤、矛盾した想いも生まれると思います。
もちろん、喜びや嬉しい瞬間もあります。

 

「支える」って本当に色々な感情が動くと思っています。

 

色々なものが自分のなかに生まれて、

それらを自分ひとりだけで抱えていくのは
結構しんどいよなぁと、私は感じています。

 

生まれてきた感情や思考は
少しずつアウトプットしないと
パンクしてしまったりもします。

でも、感情や想いを吐露できる場所って
意外と少なかったりします。

 

色々をはきだして、
でもそうするときっとさらに、

色々なものが生まれてきてしまうのですけど、
それを受け容れて、またはきだす。
その循環を繰り返すことが、
日常の支えや、支え以外でも
燃え尽きないコツなのかも、


と、今回のLight Ring Timeをみて、
思ったりしています。

今回、ご参加頂いた皆さま、
本当にありがとうございました!


次回のLight Ring Timeは
3月25日を予定しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

来月は

1月21日(土)

ソーシャルサポート力養成講座

を開催します。
詳細はこちらから!

http://lightring.or.jp/events/social_support/