一般社団法人のための講座集客を安定的に顧客獲得する方法

一般社団法人で講座集客を安定的に顧客獲得する方法を伝授するブログ。ボランティア団体の立ち上げ、営業、行政書士の知識経験を基に伴走型起業支援行政書士の太田吉博がお伝えします。

こんにちは、太田です。

 

 

今日のテーマは起業家の選ばれる理由作りです。

ビジネスで成功する上で最も重要なことは、他(社)者との差別化です。

よほどの特殊な発明・ビジネスモデルでない限り、通常のビジネスはライバルがたくさん存在し、その中から選ばれなければなりません。


顧客は、まず買い物をするときに他社と比較し、一番自分にとってメリットになりそうなところから購入します。

あなたのビジネスが、その選ばれるためのメリットが感じられなかった場合は、あなたから購入されることがありません。

ただ、このメリットを打ち出すことが、難しいため、結局差別化がわかりやすい価格のディスカウントになってしまいがちです。

 


私は、本当に最初は、実績作りやあなたのサービスをまず体験してもらうためにも、ディスカウントというのも、商品によってはありだとおもっていますが、それをずっと続けるわけにはいきません。

例えば、創業50年の実績とか、2000件以上の実績とかあれば、
それだけで、選ばれる理由となります。

ただ、起業家にはそれがない。

そこが、事業を始めるばかりの起業家の一番悩むところであります。


では、どうするか。

まず、自分の勝負する商品やサービスに関するライバル情報を集めます。

他社はどういうポイントで勝負しているのか?

 

どういう差別化をしているのか?

ということを調べます。

そのうえで、他社がやっていないことは何なのか?

 

付加価値を考えます。

 


ポイントとしては、NO1になれそうな分野であったり、他の人がまだ入っていないオンリーワンの分野を探します。

そこには掛け合わせの要素で考えることも一つのヒントかもしれません。

もちろんそこには自分の過去の経験からの強みも必要です。

書くのは簡単ですが、ここの部分が実は一番難しいです。


私自身、「選ばれる理由が大切ですよ!」と、普段からお客さんに言い続けていますが、

自分自身の選ばれる理由は何なのか?

 

強みは何なのか?

 

と相当悩みました。


「人のことは分かっても、自分のことって分からない」とつくづく思いました。


人間は、自分のこととなると、どうしても客観的に見られないものです。

 

それは、人間は「感情の生き物」だからではないでしょうか。

私はそこでメンターと出会い、いろいろと相談する中で、「自分の強み」を確認することができました。

私のようなアドバイザーの存在価値は、ここにあるように思います。


どれだけ優れている起業家の方でも、自分のことを100%客観的に見ることはできません。

そこには感情がどうしても入ってしまうためです。


そのため、優秀な多くの経営者の方は、客観的にアドバイスのできるパートナーを身近に置かれているのだと思います。


私がお客様と接する時には、まずは、お客様の立場・気持ちを深く理解するところから始めます。


その上で、私は「客観的な視点」を常に忘れないように心掛けています。


時には、それが「厳しい」と感じられるお客様もいらっしゃるかもしれません。


もちろん、私はお客様を尊敬しています。


しかし、客観的なアドバイスをズバっとお伝えすることが、真にお客様のためになると信じているのです。


人は自分のことには客観的になりきれない。

 

だからこそ、第三者の視点でアドバイスをすることが、お客様の繁栄に繋がるんだ、と。


少し話がそれましたが、私が常に大切にしている「視点」をお伝えさせていただきました。

 

 

こちらではブログではお伝えしていないノウハウなどをお届けしています!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京での一般社団法人設立に関しては、こちらが参考になります。

http://syadan.crews-g.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

太田 吉博の個人facebookはこちら

http://www.facebook.com/yoshihiro.ohta

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料メル マガはこちら

講座集客にお悩みの一般社団法人の方へ 安定的に顧客獲得するためのキャッチコピーと仕組みの作り方

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

一般社団法人の講座集客サポート行政書士 太田吉博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります