森 羅 万 象 【Works Edition】

【スーパーアナログを駆使し「キャラクターモデルはアート成り得ないのか?」を模索するメカ造形作家の仕事】


テーマ:
【エピローグ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■当初、組み立て部分は10章と短かったのに、補足も入れると全16章。

■まさかダンバインに迫る回数になるとは予想もしませんでした。

森 羅 万 象  【Works Edition】
“SOUND BUSTTER UNIT” for YF-19 ■SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■結局、インスト紙面だけでは伝えられない事を写真を交えて実践的に・・・・と
考えるとこうなるのでしょう。

■ただ、とくに反響がないので「意味あるのかなぁ~」と不安ではあるのですが。。

■これも「作家たるものの務め!」と続けて行きますので、今後も御覧あれ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■最後に。  ご購入頂きました方々の制作の参考になることを願いつつ。 

【Scripted to : SOUND BUSTTER UNIT : Fin】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■よくよく考えると、「マックス夫妻は全ての機体を所有(コレクション)している」という設定を見た記憶があるのを思い出しました。

■ファイヤーバルキリーイメージがスタートの「RED」ではありますが、対に「BULE」を持ってきたのは
意図していなかったとはいえ、この設定の事が頭のどこかに残っていた故の産物かもしれません。

■「赤」と「青」の
バルキリー。  

■最終的には「ミリア」と「マックス」の機体をイメージしているって事で決着!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
【完成】

森 羅 万 象  【Works Edition】
■1/72 SCALE RESIN CAST KIT
UNITED NATIONS SPACY
VF-19
with
SOUND BUSTTER UNIT

■Resin・cast:13parts


■Release by GIGA CREATIVE SYSTES
2002/2010

■Replication by STUDIO DIMENSION IMAGE
■WONDER FESTIVAL 2010 ONLY Release

■SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010

(C)1994 BIG WEST

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【カラーリングのススメ】

森 羅 万 象  【Works Edition】 ■カラーリングは完全なオリジナルです。

■「RED」のベースソースがファイヤーバルキリー。

■「BULE」は「RED」への対をイメージしたもの。


■オリジナルのカラーリングを行なう場合、写真のようにインストや設定画などに書き込んでイメージを固めてから塗装する事をお奨めします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【マーキング(デカール)について】

森 羅 万 象  【Works Edition】 ■本キットにはデカールは付属していませんが、ご覧の通り完成品には貼り付けしています。



■その為、完成品について一言アドバイスを記しておこうと思い補足記事にしておきます。



■まず、ベースキットとなるYF-19付属のデカールからは「統合軍マーク」程度しか使っていません
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■「RED」には多少ステンシルを使っていますがそれでも(私の判断では)使えるのは3~5種程度。
(写真の黄色い矢印はキット付属だったと思います)

■「BLUE」に至っては正真正銘「統合軍マーク」オンリーです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■この「統合軍マーク」が曲者で、貼り付け部分が鋭角な為ほぼ「割れ」ます。
【確率75%(imai調べ)】

■その為【マークソフター】は必修です。
それでも4枚中3枚割れましたが・・・
(私が下手なだけでしょう・・・・・)

■それ以外のデカールは全て市販の「ガンダムデカール」を使用。

■昨今色々出てますが、正直殆ど使えないです(私のセンスには合わないです。あってもサイズが合わなかったり、無駄なものが多かったり・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■各自で「使えそう」なものをチョイスして下さい
(いずれ自社で出そうかなぁ~。もちろん「自分用」メインですが)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ツイッターではない、つぶやき(大体「ツイッター」って何ですか?)

■ちなみに写真の【マークソフター】は発売当初購入したもの。
15~20年くらい前?当時はとりあえず「素材」の類はほぼ全て購入していたものです。

■今と違い模型素材環境は「グンゼ産業」位しかなかった時代の話・・・・。
しかも使ったのは今回を含めて2回だけ。でも、今後は活躍しそうだなぁ~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ウイング基部のゲート処理】

森 羅 万 象  【Works Edition】 ■成形上ウイング基部のゲート部分が本体ユニット接合部に架かってしまっています。

■一見面倒な加工が必要に思われるかもしれません。  
しかし、
この工作自体はあくまで「接合部」の修正で、見える部分ではありませんので高い精度が必要な作業ではありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】

■まず、張り出したゲートを切り落とし、大まかにヤスリがけをして写真のように整形します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】


■次に内壁部分のゲートをデザインナイフで「V字」に大まかに切り出します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】

■最後にデザインナイフの刃をスライドさせる「カンナ掛け」で完成。

■総括すると【基本、見えない部分はテキトー】でいいのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【パーツの変形への対処】

森 羅 万 象  【Works Edition】 ■写真の翼のような薄いパーツや細いパーツなどは成形時は問題なくとも製品として封入以降にパーツ同士やビニール袋などに当たる事による圧力で自然と変形してしまいます。

■今回のサウンドブースターでは薄物パーツにボール紙を当てて別梱包化しましたが変形の可能性は否めません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■そこで、変形したパーツをお湯(沸騰した熱湯)につけて直します。

■予想よりも「ふにゃふにゃ」になるので注意!これを何度か繰り返しながら指で形を整えます。

■形が決まったら水(水道水)で冷やせば一瞬で硬化します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■これで修正完了。

■これはかなり大きなパーツ(厚みのあるパーツ)でも修正が可能です。

■これはGK製作の基本工作の一つですので覚えておくと便利ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ウイング(小)の接続~完成】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】


■最後に⑤で下準備しておいたウイング(小)を接着して完成となります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ウイング(大)の接続】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】

■ウイング(大)には「L・R」があります。

■本体への接続面にスリットの刻印が
【3本=L】 【2本=R】 となります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】

[Ms’STYLE]

接続には0.5mmの真鍮線を使用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【本体の接続 (YF-19への接続)】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■前回完成した【YF-19+エンジンブロック】にSB本体パーツを接続します。

[Ms’STYLE]

イベント等での出展の為、梱包・分解が必要な私はここを接着していません。
完成品には分解ポイントを設定しておくと、後々保管などで便利だと思いますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【連結フレーム:2 (エンジンブロック~YF-19への接続)】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】


■YF-19尾翼部(E8・E10)を使用せず、その部分に連結フレームを接着します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】 ■接続に際しては【YF-19~連結フレーム~エンジンブロック】を真鍮線にて貫通させて補強しましょう。

[Ms’STYLE]
YF-19のパーツを組む前に、裏からピンバイスで貫通させておくと容易に位置ズレを防止できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森 羅 万 象  【Works Edition】

■完成するとこの様な状態になります。



■こうする事で、サウンドブースター本体を垂直に接続する事が可能となる訳です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■masayuki imai

SCULPTING WORKS BY : MASAYUKI IMAI 2002/2010
(C)1994 BIG WEST


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。