*んぱ*ぶろぐ

*んぱ*の森の妖精をつくっています
*んぱ*SHOP http://minne.com/pika060423

*んぱ*のもりのブログを読んでくださっているみなさま
いつもありがとうございます!!♡

2015年7月より新しくwebサイトを立ち上げました☆!!

npanomori.com

こちらから新作、お知らせ、森の仲間たちのこと、

沢山発信していけたらと思います♡

みなさま是非是非、遊びにきてくださいね!!

twitter&instagram   @npanpapunipuni


テーマ:
そして、オーダーを楽しみにしてくださっていたお客様には大変申し訳ないのですが、今年の春ごろからオーダーはお休みさせていただいて、今はそのぶん新しい作品を作る時間を取るようにしました。

その第一弾の代表となるマトリョーシカぷにが、2、3ヶ月試行錯誤する時間をいただき、この6月に完成させることができました照れ
オーダーのことは申し訳ないけれど、やっぱり新しい作品を待っていてくださるお客様もいらっしゃったりして、本当に本当にお客様のあたたかさに支えられてばかりです。

活動の仕方はきっと人生に沿って少しずつ変わっていくかもしれないけれど、自分の信念というか大事にしていることは変わらずに、守ってあげることも大切だなって今は思いますショボーンドキドキ


またオーダー再開する日が来るのか、それは決めていないけれど、これからしばらくは今まで心の中に浮かんだ本当につくりたいものを形にしていく作業がしたいかな。


仕事だけど仕事じゃない

楽しむ気持ち、本当にやりたいことをやる勇気

これからも悩むことあると思うけど、
ゆっくりじっくり歩いていけたらいいな!!って思いますっニコニコ


とても長くなっちゃいましたが、今の気持ち、オーダーについてのこともちゃんとお客様に知ってもらいたくて、書きました!!

読んでくださったみなさま、本当にお付き合いくださりありがとうございました。。。!!!


まだまだ半人前のんぱですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。。。!!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
そして、治ってからのわたし、特に去年はなんだかとにかく今までのブランクを取り戻さなきゃ!!という気持ちが物凄く強かったんですね。

就活の時期に発症したから就職はしなかったし、リアルな話貯金も出来なかったんですよね、赤裸々に書きますが。笑
でもリアルなこと書かなきゃなんか今まで書いたことも意味無いかなとか思うし書きます笑

旦那と結婚する前もデート中具合悪くなってトイレ籠ったり休ませてもらったり介護してもらっているみたいな感じだったしね、なんかちゃんと楽しいお出かけしたい!とか。

そして1番は、食べれなかった日々があるから、いくら太ってもいいから好きなだけ食べよう!!!とか。笑
同じように吐き気がするお友達と出会って、何年もその子達に支えてもらってきたのですが。いつも電話で話してたんです。うん、もう食べれるようになるならどんなに太ったっていいよね!!!とか笑 ダイエットなんて絶対しない!!!!とか言って

とにかく、治ってからはやりたいことをやりまくりました。

ダムが決壊したように、、

そして、去年の仕事の仕方が、
少しそれがいきすぎてしまっていたかな、とはっとしたんですよね、、

やっぱり家族もできたし
やっとちゃんと働ける身体になったし、
お母さんという仕事もちゃんとしたいけど
やっぱりやっぱり大好きなんぱのもりの仕事を集中して、やりたい!
と思ったんです。

それで、9時から午後4時の保育園の間にめいっぱいお仕事を詰め込んで、
フルオーダーにも対応しまくって去年はとにかくたくさんのお仕事をしました。
楽しかったのですが、やはり通常注文とオーダーの掛け持ちはとても忙しく、昼間保育園に子供を預けている間では足りずに、夜も遅くまで作ったり 年末になる頃には土日も休みなく仕事をしていたんですね。

とてもとてもありがたいことだし、
オーダーでたったひとつの作品をお迎えしてくださったお客様たちはすごく喜んでくださいました。それがわたしにとっても喜びでした✨

ただ、何ヶ月も新作を作る時間を取れない日々が続いてしまったんですね。

昔からんぱの活動は、レギュラーメンバーはそのままなのですが、やっぱり新作も作るのが凄く楽しくて。
それが自分にとって凄く刺激的でワクワクする時間でした。
何を作ろうかな?と考えていると自分の中の新しいところが目覚めてく気がして。


その気持ちが、何度も湧き上がってきましたが、その度今は目の前の仕事に集中!しよう。と後回しにしてしまったんですね。


そしたら、クリスマスラッシュが去った頃かな?今年の1月くらいから急にスランプになってしまって。
あれ、なんだか作りたい気持ちが弱まってる、、って、思ってきて。

その頃息子が魔女の宅急便にはまって毎日のようにリピート再生していたのですが、そのなかでキキが飛べなくなるシーンがあって。
あそこのシーンを見るたび
あ、あたしだこれ  笑  と思っていました。


そもそも作ることは何のためにしてたんだっけ?

仕事なのは勿論だけど、

もっと大切なことがあった気がする。

本当につくりたいものをつくる気持ち

こころから楽しむ気持ち

自分の力を出しきりたい気持ち

それで、誰かの気持ちに響くことができたら、それが1番幸せ  


だなって、、

考えていて、やっとわかったんです。

最初にものづくり始めたときの気持ち

辛かったとき支えになってくれたこと。

それから、経験したからこそできることもあるんじゃないかなーって。

最近になってどんどん気持ちに変化が生まれてきました。


つづく







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま こんばんは!!
ブログが最近全然*んぱ*のもりの活動について書いてなくってごめんなさい!!えーん

7月はイベントがたくさんあるのですが、とてながを書き始めたら気付いたらものすごい長くなってしまって もはやこれ日記じゃねーぞと。携帯小説みたいになってる?汗
何か途中で告知するのもすっきりしなくて嫌なので今日で完結させたいと思います!!
できるかな。笑 書いてみます!!



わたしの5年続いた体調不良。
嘘みたいだけどあのあかしを産んだ日を境に、徐々に消えていきました。

母乳育児が軌道に乗った頃にはすっかり良くなっていたので、やっぱりホルモンが乱れていたのが原因だったのかな?って今では思いますあせる

あの頃は原因がわからないから精神科とか通っていて、みんな緊張しないで!とか気を遣ってくれたのですが
やっぱ寝起き酷いのとか寝てるとき緊張してないしなー、、とか思っていたし、
あんまり気持ち関係無くなっていたから、???って感じだったのです。。!
でも気を遣ってくれた友達たちには本当に感謝ですよ!!みんな優しくて。本当ありがたかった、、

治ってからね、1、2年が経って思うこと。

それはこの日常が全く当たり前では無いという事です。
みんなももちろん知っている事だと思うし、そんなのわかっている!て人が大多数だと思うのだけどね、

やっぱし、あれだけ苦しいことが毎日のように続くと 生きている という概念がどんどんズレていくんですよね。

生きるって、本来楽しい事だとわたしは思うんです。
ご飯を食べて、美味しいねって言えること。
朝起きて、すがすがしい気持ちで1日が始まること。
友人や家族とお話しできること。一緒に出掛けられること。
人として、好きでも好きで無くてもさ、
仕事があること。出来ること。

素晴らしいことなんだなぁって。

それがね全部わからなくなっていたんです。具合が悪いときは
全部、やりたいことが
出来ないっていう結果に繋がってしまうことの連続で、無理して頑張れば頑張るほど辛くなってしまって
欲を持つことが出来なくなってた
喜びとかも感じれなくなってた

それが、やっとやっとやっと、
戻ってきていて。

あんなに憧れた普通の体に、わたしはなれたんだなぁって。

ご飯が美味しくて泣けます

朝起きて気持ち悪く無いからすごく嬉しくて

友達とご飯を食べて美味しいねって一緒に笑えます

そして、わたしの大切な大切な、
んぱのもり。
このつくるという大好きなことができること。

本当に心の底から喜びを感じることが、出来るようになったんです。




つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子はとっても元気に生まれてくれて
薬の影響もないから母乳をあげれることになり
わたしはふわふわで小さな赤ちゃんの、ママになった

小さい口でも吸引力はものすご~く強い
元気な証拠
たくさんおっぱいを飲んでよく眠り元気に泣きました



あんなに不安だった出産



でも、嘘でしょ?って思った

赤ちゃんを産んだ翌日、明らかに体に変化が起きたから


ご飯が食べられる。おいしく。
食べても具合が悪くならない。

あれ?うそ?あれ?

うそかな?

いやまだわからない、、

ほんとに?


入院中寝起きの吐き気は少し起きてたけど、
ご飯が食べられるんです。
何年も食べた後は不快感でお腹いっぱい食べれなかったのに。

なんだかわたし、病院のご飯を毎回ぺろりと平らげてしまっていました。


あれ?本当に?



それでもまだ信じられないでいましたが、その後体調はどんどん良くなっていくのです



つづく
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昔からんぱぶろぐを読んでくださっている方ならご存知かと思いますが

その日は車酔いするのが嫌で
ぼーーーーんとでたお腹でわたしが運転して病院へ行きました  旦那さんを助手席に乗せて笑

大事なお産の時に気持ち悪いなんて絶対嫌だ!

産むまでご飯も食べず

本当に本当に最後まで吐き気に支配されていた。


辛い陣痛を越えて

夜の9時

無事長男を出産しました。

凄く凄く痛かったけど
本当に息子が自分の中からにょろりんて出てきたときは感動したな



子供を産んですぐ、持ち込んだバナナを二本食べた


そうとうお腹が空いてた笑


保育器のなかで眠る赤ちゃん。

抱っこしたらとてもあたたかくてふわふわしていて

病室に戻ってから、なんだか
自分が子供を産めたことが信じられなくて
涙がたくさん出ました





つづく



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とてもとても間が空いてしまった

とてもとても長くなってしまった!!汗

ゆっくりですが続きを書きます。



体調悪いの繰り返しの間、前の記事にも描いたように私は誰かの作品に救われながら、自分のものづくりに救われながらお客様の声に救われながら日々を過ごしていました。

そんな私に2013年の夏に転機が訪れたのです

お腹に赤ちゃんが宿っていました。

正直、わかった瞬間は嬉しい気持ちが5パーセントくらいであとの95パーセントは不安で不安で埋め尽くされていました

その頃まだ具合は変わらなかったし
朝も起きれなかったし
赤ちゃんを産んだとて自分に育てられるのか?ってことが怖くて不安で
自信がなかった

悪阻も酷くて
泣きながらゴミ箱片手にベッドの上で過ごしてました笑

でも、産まないという選択肢を選ぶことは出来なかったです

産んだあとのことは不安だったけど
とても

ただ、赤ちゃんがお腹の中で育っていくのを、不安を抱えながら

その日が来るのを待ちました

その後のことは、産んでからでいいと、
なるべく考えないようにしていたと思います


それまで飲んでいた薬を一度断薬し
後期にまた吐き気がひどくなり
薬を飲みながら産むために大学病院の産婦人科に転院しました



 

そして2014年の3月
朝。旦那さんの背中を叩いて起こし
なんだか陣痛ぽい。。
と2人で病院へ向かいました


つづく


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年になりました

具合がわるくなって四年が経っていました

辛い日々は続いていたけれど

*んぱ*のもりの活動を続けて
やっぱりお客様や作ることに救われて生きてました

きっとひとは本当に大変な状況になったとき、最後に本当に必要なものだけが残るんじゃないかな?って思います

わたしにとってそれは作ることで
それだけがひかりだったんです


そして、その間に、わたしはまた荒井良二さんの作品に救われました

NHKの朝のテレビ小説で、
荒井良二さんの描いた絵が、
オープニングムービーで流れていたのです

{3C525B31-138E-4B16-BC5A-761AB3547BE5}


わたしなりの解釈ですが

とっても元気な女の子が、
故郷の海ではしゃいで自由に遊んでいます


{D7C8EEB9-95E2-4C30-90D9-E6782D2F47A8}

{AA319FBC-646E-47F0-8D7B-2DA5E9BE7077}


その子がある日、一人だけで故郷を飛び出して、船に乗って都会の街へ旅に出るのです

{6450A7EB-272B-4F8A-8FF4-DD6FEC1D5051}

{76253201-548E-4786-A5DF-E6B09DDC9DEB}


そして、旅の途中で深い、深い眠りに入ってしまうのです
やがて、月日が流れいばらに囲まれて

{BC8B33C4-ABF2-45A2-A83E-7B93F33DFDFC}


あるときそれを助けに来た、ひとりの王子様がいて


{024DAC61-42CF-43AB-A72C-EFF113E959CE}


王子様のキスで女の子は目を覚まし


{4ED82172-ACF4-4F0D-A7C0-86EE8ABE8ABA}


ふたりは一緒に生きていきます


{C32B7529-C346-41D0-B63B-25FD2D5291C7}


ふたりは嵐のときも同じ船で海を渡っていきます


{E8B58E48-3DD9-49FE-981E-3C3B3FF272F3}


そして辛いときも嬉しいときも、ずっと一緒に生きていくのです


{57312B37-1C56-4FBD-97E8-D1F0686A177C}



そこにHYさんのいちばんちかくにという歌が載せられていて、

なんかよくわからないけど毎日それ見て泣いてました笑


上手く言えないけど

HYさんのうたの歌詞で


ごめんねの言葉はもういらない
傷つけ合ったことが愛へと変わっていく
信じていればきっと伝わる いつもありがとう


というところがあって

それが自分の旦那さんへの気持ちと重なって

荒井さんの絵のふたりも重なって



今はこんなに辛いけど
そばにいてくれる人がいる。




そう思うことができました






*つづきます*




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
それからの日々は、正直少しぼんやりしています。

病院は数え切れないくらい行ったけど、
どこへ行っても原因はわからなくて
効く薬もほとんどなくて

体調の波は相変わらずで、
わずかな元気なときにイベントに出たりしていました。
イベントはいつも旦那さんが手伝ってくれました。いつ吐き気がきてトイレから出られなくなるかわかんないから笑
本当に旦那さんに感謝です。
どこへ行くにもついてきて、見守っていてくれました。
吐き気がどーしよーもなくてしんどい時も何も言わずそばについていてくれました。
でもいつも言われていたのが
「ごめんね。本当に辛さをわかってあげられなくて。」

私は自分が辛いのでいっぱいいっぱいで、旦那さんには辛く当たってしまう日が多かった
本当にごめんねって、
後から思うのだけどそのときは自分の事しか考えられなくて

きっと病気の人自身が辛いのと同じくらい周りの人も辛かったと思います

それを全然考えられなかった。
ごめんね


本当に辛くてどーしよーもないとき
精神科から貰った強い薬を飲んで
眠るしかできなくてごめんね

意識が本当になくなりたかった

もー気持ち悪いばっかりのところにはいたくなかったの。

生きてることがつらかったのです






つづきます
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
読んでくれている人がいる。
うれしい  ありがとう!!

続きを、書きますね。




たぶん、その頃まではずっと作る事で気持ちを持ち直すことでやっていたんです。

でもね、その腕を引っ掻くくらいになった頃から、わたしきっと心が本当に疲れちゃったんですね、

作れないくらい、落ち込む日が出てきたんです。
それまでずっと楽しかったこと、、
作ること。それをやってる間だけは忘れられた


でも、辛い気持ちでいっぱいになって、もう起き上がれないくらいの日が多くなってきて。
針と糸を持っても、しんどくて横になって
ただないてる
吐き気が来てないときも、気持ちがどうしても沈んでしまって、作ることができない。
そういう状態になる日が増えていきました。

本当は作りたいのに

できない、、

作ることで保ってきた自分が、作れなくなると更に崩れていきました。



それと、もうひとつ辛かったのが、
周りの人を羨ましいと思ってしまったこと。

体調を崩すまでのわたしの人生は、自分のやりたいと思ったことは全部やってきたつもりだったのです。
だからほとんど、人を羨ましいと思ったことがなくて、やりたい!と思ったらやればいいじゃない、という考え方をしてました。

でも体調が悪くなってからは、
外で働くことを諦めて
乗り物に乗ることを諦めて
大好物を食べることを諦めて
友達と気軽に遊ぶことを諦めて
彼氏と普通にデートすることも出来なくて


そんな日々がずっと続いていました。


気がついたころには、
周りにいる

忙しく働く人
海外へ旅行へ行く人
美味しいものを食べる人
楽しそうに並んで歩くカップル

何気ない
当たり前を過ごす人達の姿が、
羨ましくて、
くるしくて、
見ていると辛くなって

ひとと関わることすら辛くなってしまいました


本当に、辛かったです。


今だから言えるけれど。





つづきます
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そして。最後のバイト先でまた限界がきて、、
もうこの繰り返しはだめだ。
バイトはできない。
これからはぷにたちだけでやっていかなくちゃ。

そう決めました

わたしは今まで以上に*んぱ*のもりの活動に力を注いでゆきました

バイトを辞めても具合は全然良くならなくて2011年の暮れ頃
今の旦那さんのアパートで具合が悪くなり1週間も旦那さんの家のトイレで過ごしたことがあります。
冬で寒いのに吐きそうでトイレから離れられなくて
旦那さんがストーブをトイレの隣に持ってきてくれたりして。

具合が悪くなるといつも吐く寸前まで行くのでトイレに籠るんです

色んなとこでトイレにこもりました

スーパー
飲食店
デザインフェスタの会場でも
行くとこ行くとこ
トイレにこもりまくってました笑


その度
トイレの四角い天井を見つめながら
冷たい床に座りながら



なんで私こんな体になっちゃったんだろ?

昔に戻りたい。
あの専門学校の、夏に戻って全部やり直したい。

普通の体に戻りたい。

なんで私なんだろ?

わたし何か悪い事した?

なんで、なんで、、

こんなの嫌だ。



毎日こんな事ばかり考えて生活していました。

気づくと何もないのに急に泣いてしまったり

吐き気が来るたび、自分の腕を引っかいて痛みで気を紛らわすようになっていました


しんでしまいたい、、、


2012年の春頃にはそんな事を考えるようになっていました。







そんな私の、唯一の心の救いが

作っているとき

と、

お客様が、ありがとう。と言ってくれたときでした。

本当にそれだけが自分の人生の中に唯一見つけられる光で、

あとはただ闇でいっぱいで
怖くて怖くて
毎日寝るのが怖くて
朝が怖くて
外に出るのが怖くて

たまらなかったのです。





つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。