モトクロスがある生活

1989年生まれの河村広志が日々の日常とモトクロスがある生活を赤裸々に綴ります。


テーマ:

うちの会社は繁忙期真っ只中。

毎年この時期はてんやわんやしていて、JNCCの開幕戦阿蘇には出られないだろうと判断してエントリーをしませんでした。

そしたら友也さんと森さんが出るって言うじゃないですか!

もうエントリーは終わってるし、悔しいけどしょうがないなぁ。

きっとこの調子なら土曜日も仕事だろうし、ゆっくりスマホで2人の結果を追うことにするか。


そう思っていた木曜日!

突然土曜日が休みになる事が決定した。

うーん、観に行こうかな。

名古屋→熊本なら中部国際空港でなく、県営名古屋空港(旧名古屋空港)から飛んでるし。

うちから自転車で行ける距離だから気軽に行けちゃう!

そっこーで飛行機をとって、既に名古屋から移動していた友也さんに連絡。

そして森さんにも連絡。


友也さんのキャンピングカーに友也さんと森さんのバイクを乗せて、友也さんだけ九州へ。

僕と森さんは土曜日の朝、県営名古屋空港からヒューーン!と熊本へひとっ飛び!という計画。


急だった為、持ち運びが出来るシュラフ(寝袋)が必要になり購入。


なかなかいいぞ~!


予行演習もバッチリ。夜も快適に過ごせそうだ。

{6DBC75FB-346A-4F3D-B5A5-877F43F09073:01}

しかしなぜこんなギッチギチの袋にしたんだろうか。

入れ直すのに20分くらいかかったんだけど。

開発の時点で「これ入らなくね?」って誰かが言い出してもおかしくない程のギチギチっぷり。

まぁ入ったけども。


で!

朝8:45に森さんが僕を迎えに来てくれて空港へ!

ワクワクしながら床につき、朝を迎えます。





ヴヴヴヴヴヴヴ……


ヴヴヴヴヴヴヴ……





あれ…アラーム音じゃない…!?


森さんだ!


「もしもーしおはよー着いたよー!」



「あ…、アウア…、あ、あ……。」


「さては今起きたな!急いでー!」


「ハイィー!!」


かくして森さんのモーニングコールで目覚め、マッハ2で着替え、マッハ3で外に出て森さんの愛車デリボーイに乗り込んだ。


携帯がマナーモードになっていたんだ。

よって僕の寝坊ではない。僕はよく眠れただけだ。


なんてこと言ったら森さん怒るだろーなーって考えながら空港へ向かう。

しかも途中で大きい方がしたくなって、

今うんこしたいって言ったら森さん怒るだろーなーって考えていた。


滑り込みセーフで飛行機へ乗り込み、あっという間に熊本!


そしてあっという間に友也さんのキャンパーに乗り込む。


僕は自他ともに認めるほど朝に弱く、寝起きの状態が通常の人間より3倍ほど長い。気がする。

玄関開けたら熊本。な気分。



着いたらちょうどお昼だったので、オフロード業界内では少し有名な「文化ラーメン」へ。



実は第3ヒートメンバー3人のみでの遠征は初めて!
なんだかとても新鮮で楽しい!


いやー旅って感じでいいね!


なんていいながらレース会場へ。


程なく阿蘇観光牧場へ到着。

写真で見た通り雄大な景色!

二人ともこの中走るのかー!いいなー!


九州という事もあって、知り合いもあまり見当たらない。


会場をフラフラ歩いていると、SLiCKでお馴染みのラッキーさん発見!


が!


ラッキーさん、だけど…、なんでピンクい洗剤のブースに居るんだろう…。

今年からそういう事なの?もうデカールとかSLiCKで作っちゃったけど…。

何故か他ブランド洗剤のブースに居るラッキーさんを訝しげに見ていると、


「おーひろしくん!あっ!ちゃうちゃう!これちゃうねん!」


ホッ…。

今年もよろしくお願いしますー。という挨拶もほどほどに散策。



雄大な会場はモンゴルとカリフォルニアを足して2で割った雰囲気。

という、余計分かりづらい表現になってしまったけどそんな印象。

土曜日は風が強くて寒かった。

{14073CCB-9FEC-4562-AE94-19FB2E7425F1:01}




第3ヒートメンバーはキャンパーに閉じこもって受付開始を待ちます。

受付をサッと終わらせて会場を後にし、お風呂&飯!


いやー醍醐味。

久々の遠征って感じ。

いい。



ただ珍しいのは僕だけが走らないという状況。

これはなかなか無いことだけど、妙な余裕に違和感を感じつつもしっかり楽しんでいました。

{BEFC189B-7EB2-42FC-8D32-D460CBEF23D3:01}




レース当日。


風も強くなく、気温もちょうど良い。


悔しいけど誰がどう見ても絶好の行楽日和!


うわーいいなぁーこんな日にバイクに乗らないなんてバカだよなー。


パドックでうだうだしていると、いつも第3ヒートで僕の無責任な発言を元にソースを探してコメント欄に貼ってくれる九州在住のやへーさんが登場!
嬉しい!



午前は森さんのレース。

{5872E81C-C155-4BD7-A148-D69B650839A3:01}

見ればわかると思いますが、この大きな身体で緊張しています。


「俺のゴーグル俺のゴーグル」っていいながら手に持っているのはグローブ。


森さん!





レーススタート。

「ほどほどに頑張るよ。」

その言葉通り淡々と周回を重ねる森さん。


と言いたい所だったけど、どうやらヌタヌタな所で転んだらしく、まっ茶色になって帰ってきた。


しかも泥まみれ+100万ドルの笑顔で

「蹴ってぇ!蹴って蹴ってぇ~!!」

と叫びながら帰ってきた。


阿蘇の雄大な大地が森さんのドMっ気を覚醒させたのか。


でなく、転んだ際にタイヤが曲がってしまったようだ。

{1DD31FD2-47FF-4660-B378-76FB0554E862:01}


どれだけ楽しいかをレース中に友也さんと僕に語る森さん。
やへーさん撮影。


いや本当に楽しそうだ。




「最後の一周にもう終わりだと思うと寂しくなった。もっと走っていたかった。」




とレース後に遠い目で語る森さん。




{C715D6E8-D9E4-4A72-AE9F-1ED5DB4EE540:01}


これはその最後の一周に向かう時に僕らの目の前でボテッと転んで

「ワッシャッシャッシャ!見てー!見てー!ダサい!」

と僕に笑われている所をやへーさんに激写してもらった所。


ともあれ本当にとても楽しんだ模様!

{7874BCD6-DED6-4DEC-9401-8F18FE599432:01}

パドック帰ってきた瞬間に「カシュッ!」た森さん。



こんな天気のいい日に人のレースをただ見ているだけなんてー。



僕「いいなぁー超楽しそうだし超天気いいし走りたいなぁー。」


森「いやー本当に最高に楽しかったよ!景色も雄大でねぇー!」


僕「いいなぁ~~!!」



友也さん「広志広志。」


僕「はい?」





友也さん「今から走ってくるわ。」



僕「言われんでも知っとる!!」



友也さん「まーリハビリだから。ほどほどにね、走るよ。」


その言葉を信じてリラックスムード。


{0F2453ED-4490-4270-8806-B41C0FB09A97:01}

スタート前の和やかな雰囲気のメンバー。
やへーさん撮影。


レーススタート。




僕は忘れていた。


鈴木友也というライダーを。

全日本モトクロス選手権IA125でバリバリに表彰台に立っていたライダーだと言う事を。



「有刺鉄線。しかも電流が流れてる有刺鉄線。」



と知人に喩えられる人物だという事を。



ぼちぼちのピット作業をするつもりだった我々の想像とは裏腹に、バッチバチに上位争いを繰り広げる友也さん。


「これ…、ピット作業がかなりシビアになるんじゃ…」


一気に空気が張り詰めるチーム第3ヒートのピットエリア。


嫌だなぁ。競ってるもの。すごく。


ハンディカム片手間にピット作業しようと思ってたけど、そんなことしたら
「ひぃろしぃい!早くしろぉお!!」って怒鳴られると思い、やへーさんにバトンタッチ。


責任が重いであろう給油作業を森さんに押し付け、僕は予備のゴーグルを首に巻き、タオルと予備のグローブを手に握りしめながら、ピット作業を出来るだけ深刻そうに、ただただ見守るという役目に徹する。



ふぅーなんとか最初のピット作業を終えたぜ。



この模様はじきにYouTubeにあげられると思います。

やへーさんとチーム第3ヒートの迅速なピット作業により、
かくして友也さんはCOMP-Aクラス4位という成績をおさめました。

{2C89488E-A296-4DBD-95CD-6D56CEEE30B3:01}


やへーさん、色々ありがとうございました。


走れなくて残念だったけど、めっちゃ楽しかったー。

僕は次戦サザンハリケーン阪下から出場します。


帰りは11時間かけて名古屋まで帰りましたよ。

そのまま会社で寝てたらビビられました。


やっぱりいいねオフロード!

{C642A493-8F58-4F0F-8373-5698EA7231EB:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Hiroshi#73さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。