モトクロスがある生活

1989年生まれの河村広志が日々の日常とモトクロスがある生活を赤裸々に綴ります。


テーマ:
週末はいなべモータースポーツランドで中部選手権がありました。

沖縄から福島ファミリー6人全員が来本土。


僕はここ数年、シーズンオフになると沖縄に招待して頂いています。


沖縄にはMFJ主催のシリーズ戦が現状ありません。


しかしコース主催のシリーズ戦が毎年開催されており、子供達や大人達が熱いレースを繰り広げています。



そこで腕を磨いたライダーが本土のレースに出てみたいと思うのは当然の流れかもしれません。




今回は福島 兄のゆうが と 弟のふみや がジュニアクラスに参戦。



バイクは持って来られないので、こっちにあるバイクを手配。



来る前から既に気合い満点の様子がうかがえる。




土曜日は若干のマディコンディションの中2人は事前練習走行をはじめます。




初めての環境。

初めてのコース。

初めてのバイク。



モトクロスという同じモータースポーツなのに全てが初めて。



同じスポーツだからこそ普段とのギャップを感じやすい。



普段している事だからこそ、ちょっとの違いがとても大きいものに感じる。




僕は2人の走りやレースの結果なんて最初から気にしていませんでした。



そんな事よりも、なるべく自分達の思った通りの走りが出来るようにさせてあげたかった。



僕はバイクの走りに関しては元々そんなにアドバイス出来るほどのライダーではないけれど、それなりに全日本や海外でのレース経験だけはあります。




そこで感じた気持ちや感覚は間違いなく僕が体感したもの。



レースで速く走るという事は、第一に普段の練習等で培った自分の力を出すという事。



この自分の力っていうのを全日本という舞台で発揮する事の難しさ。



フィリピンでちゃんと整備が行き届いていないバイクでいきなりレースをする事の意味。


マレーシアの体感した事のない暑さと湿度の中、アホみたいにデカいジャンプがあるコースでレースをする事。


モンゴルでチェーンアジャスターが折れているのをわかった上で並ぶスタートライン。



そんな今となっては笑えるけど、当時の現場では全部苦笑い120%で乗り切ってきた経験が一応ある。




まずやってしまいがちなのが、結果を出す事に執着してしまう事。



ファクトリーチームがズラリと揃う世界選手権。
そんな最高の環境でレースが出来るのにも関わらず、コンスタントにパフォーマンスを発揮出来るライダーはごく僅かです。


それでも結果を出さなければいけない世界。


考えただけでお家のソファでコーヒー飲みながら漫画読んでいたい気持ちになる。



まずは無事に走りきる事。

もう絶対これが一番大事。




あとは少しずつ、全部じゃなくてもいいから自分の走りをしていく。



結果なんて二の次三の次でいい。



良いか悪いかは置いといて、結果なんて自分の走りをしたら後から勝手について来るもの。



それが自分の結果。


それ以上を出そうとすると、これまた痛い目に遭う事もこれまで沢山ありました。



日本での自分の走りはこんなんじゃないんだー!アクセルガバー!

バィイーーーン!!

ってフィリピン人と真横になりながら吹っ飛んだ。





話は戻って事前練習のお昼過ぎ。



もうコースにも慣れてきたかなぁという頃。


僕がウトウトお昼寝していたらお母さんの声が


「ひろしさん… ゆうが やってしまったかもしれません…」


目が覚める覚めないの間にコースに目を持っていくと、気合いの入り方が強かった兄のゆうががコース上でうずくまってる。


残念ながら骨折しており、次の日のレース出場はなりませんでした。


悔しい事なんて周りの誰もがわかっていたから掛ける言葉もない。



そうなってくると弟のふみやが今度は心配になってくる。


でも何となーくだけど、僕はふみやは放っておいてもマイペースにこなしていくタイプに見えました。



僕と同じ、弟特有の洞察力。



あ、これやったら痛い目見るんだな。


あ、これやったらお母さんに怒られるんだな。


っていうのを静かに考えているのです。



翌日のレース本番。


こんな多い台数でのスタートなんて初めてなはず。


それでもふみやはスルリと1コーナーを抜けて、決して派手ではないけども、淡々と走って前へ前へと進んでいきました。



残念な事に序盤でシフトペダルが破損してしまい、思うようには走れなかった模様。


それでも頑張って走っていたふみや。


レース後


いい走りだったよ!すごいすごい!



と僕。



ふみやが照れ笑いしながら



結果が残せなくてすみません…





もうね。誰にそんな事言えって言われたんだと本気で疑ったわ!



どこでそんな言葉習ったんだと!





いいかいふみや。

まず僕にそんな事を言う必要はないよ。

今までレースに出てお父さんお母さんに結果の事で叱られたことはある?


ないでしょ。



お父さんもお母さんも、ふみやがレースで勝って喜ぶところは見たいと思うよ。


でもね、それはふみやがレースに勝ったから嬉しいんじゃなくてね、ふみやが喜んでるところを見るのが嬉しいんだよ。


だから結果なんて気にしないで、今ふみやが出来る走りが出来ればそれでじゅうぶんなんだよ。




こんなカッコよくは無かったし、ちゃんと言えてなかったと思うけど、僕の口から自然とペラペラこんな感じのわかったような言葉が溢れてきました。



だって本当にそう思う。




結果が出なくて謝らなきゃいけないなら僕は毎戦土下座をしなけりゃいけません。

もうオデコぼっこぼこ。



確かにこの先結果が出なければいけない世界に行くかもしれない。


でもその前にもっともっと自分の根っこにある気持ちを大事にしてほしいですワタシわ。




ヒート2はマシンも直ってコースもドライコンディション。


ふみやは再び淡々と走り出します。


さっきとは違って何となく精彩を欠いた走り。



レース後



自分の走り出来た?



俯きながら首を横に振るふみや。



でもただ一言。




めっちゃ悔しいぃーー!!





おとなしい性格だと思ってたふみやからその言葉が出た時は思わず笑ってしまったし、同時に嬉しかった。


それなんだよなー。


その悔しい体感が遠回りに思えるけど、実は一番近道な気がします。



兄のゆうがもただ黙ってレースを見学するのは想像を絶する悔しさだったろうけど、それがいつか自分の糧になる事を体感するんだろうなぁ。



僕の役割は車の運転手くらいしかなかったけど、ずっとそばで見ていていろんな事思っていました。


お父さんお母さん。

本当にお疲れ様でした。



僕が彼らと同じ歳の頃。

約一ヶ月くらい沖縄で色んな人たちの家に居候させてもらっていた期間がありました。


その時のご恩はとても返せるものではないけれど、少しでも力になれていれば僕は嬉しいです。



全日程後


お父さんが兄弟たちに言いました。



いいなあ。お前ら。

こんな歳でこんな経験して。




いいなあー!!めっちゃ羨ましい!!






っていう心の底からの本心が今回のハイライトでした。


僕は何にもしないでただ見守るだけだけど、またおいでよー!

{76935F0A-FA8C-4ECE-829C-9C35CD6F7BE7}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地元から一番近い全日本会場の名阪スポーツランド。

予選はA組で、元チームメイトの岩本ノリくんと同じ組。

スタートはアウトから。

思い切り出遅れてイン側から切り込んで行こうと思ったら、フロントが何かに取られて単独転倒。



スタート直後の1コーナーで1人で転けるのってなんか恥ずかしいんだよなあ。

恥ずかしいっていうか、なんか照れる。


転んじゃった。エヘヘ。みたいな感じで再スタート。


エンジンも止まっちゃったからだいぶ遅れてしまったけど、懸命に前を目指して走りました。


すると前のライダーが見えてきた!


ノリくんだ!



IB時代に何度もレース中に競い合ったノリくんとまたバトル!



ピットエリアでは同じ中部の仲間が僕の応援とノリくんの応援で盛り上がっているのがわかる。


サインボードの順位を見ると




ノリくん「P15」

ヒロシ「P16」





予選通過順位は15位。




ははーん。




この人達僕とノリくんを盛り上げようとしているな。


騙そうたってそうはいかないぞ。


僕とノリくんが予選通過順位を争ってバトルしているなんて、そんな面白い展開になるわけないじゃないか!



大体僕スタートで転んだんだぞ。

せいぜい18位くらいがいいとこだ。



次の周も



「P16」



はいはいもうわかったわかった面白い。面白いから。



しかも「前抜ける」のオマケ付き。



確かに前のノリくんは抜けそう!



やっとこさ追い付いて1コーナーで抜いたー!


そしたらそれまでヒョロヒョロだったノリくんのスイッチが入ったのがわかった。


後々聞いたら出走は17台で、1台リタイアしていたから本当に15位と16位だった。



そうとは知らずに昔からの仲間とのバトルに燃え上がるIA2年長コンビ。




ちっくしょーこちとら追いついた時点で体力も限界に近いのにノリくんとまたドッグファイトだよ。



コーナーで僕のリアタイヤにノリくんのフロントタイヤがガツガツ当たる!



近年稀に見る予選通過をかけた底辺同士の死闘が繰り広げられている!!



隙をつかれてまた抜かれてしまった。



くそーノリくんは僕となるとヤケになるんだから!


次のコーナーでインをさしてやる!


ノリくんの前でゴールしてやる!!


悪く思わないでくれ!





ノリくん死ねゃあぁあーーーーー!!!!!







練習走行から1度も入っていないイン側のラインでボフッ!と転んで死んだのはワタシでした。





ちっくしょう。




結局ノリくんは予選通過。


ワタシは2年振りとなるリザーブの席を獲得しましたとさ。



めでたしめでたし。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とてもとても暑い中、JNCC ドリーミンほおのきに参戦。

去年のほおのきは生憎の天気で、僕は周回する度にピットインを繰り返し、
「もうやめる!」
と散々喚き散らかしたのちにしっかり完走。

去年の様子↓
「もう棄権しまぁす」 JNCCほおのき


今年は生憎の快晴(アホみたいに暑い)のもと行われました。

暑い暑い。


今年から僕の参戦しているCOMP-Aクラスもデッドエンジンスタート(エンジン停止状態からのスタート)となった為、昨年のようにホールショットとはなりませんでした。

しかし、我ながらセルスタート勢に負けず劣らずな良いスタートをきれた!


3つ目のコーナーを抜けたあたりで2位。

前大会の爺が岳は1周でリタイアという悲しい結果だったので、
今大会の目標はあくまで完走。ノークラッシュ。


結果的に一度だけ木の根っこに引っ掛かってこけたけど。
それでもエンジンは切れておらず、すぐ再スタート。

後からラップタイムを見比べても、どの周にこけたのか分からないほどの影響はありませんでした。


ピットインは1回。


その時に、ワタライさんから「後ろとは離れてるから(1位と)一騎打ちになると思う」

と言われるも、内心

僕、頑張れないかも…!

と思っていました。


脱水症状からなのか、このピットインの時すでに手の痺れを感じていました。

そこからは水分補給ポイントを多めにとって、後ろが迫ってきたとしても極力無理をしないでおこうと決めました。



終盤まで3位をキープ。

ラスト2周できっちり後ろに追いつかれます。


しかも2台が争ってるの!この終盤に来て!


その勢いたるや、その時の僕は到底参加する気にもなれなかったので、潔くポジションを譲りました。


結果はクラス5位。


3位を逃したけれど、今回の自分の判断すべてに悔いは無く、むしろ大成功。


表彰台乗れて嬉しかったです。


あの時僕に出来る全てを出し切れたと思います。


そういうレースの後

周りが「惜しかったのにー!」と言ってくれるのはとても嬉しい。

チャレンジして抜かれてしまったり、追いつけなかったら「惜しかった」といえるけど、

僕は今回

「淡々と走り続け、完走し、無事に帰る。それで結果が出ればラッキー。」

という目標を計画、実行し、成功を収めました。


なので気持ちはとても晴れやかでした!


今回のCOMPクラスでみんなが怖い怖い言っていた

「ほおのきころがし」


色んなところで「モトクロスライダーはくだりが速い」


と言われていました。


確かに僕もくだりで何台も抜いた記憶があります。


ただ特別に得意だったというわけではありません。


あのくだりで特別な事をしていたかというと、何もしていません。


ブレーキをかけている時間を少なくすることと、身体が固くならないように力を抜く事は多少意識していたかもしれません。


どちらも怠ると、一気にバイクを操作する事が難しくなるからです。


タイヤがロックすれば挙動が極端に掴めなくなるし、身体(特に上半身)が固いと挙動不審なバイクにしがみついたまま前転。


これはとても怖い!


そうなるのが自分でも予測は出来たので、なるべく入りはゆっくりゆったりリラックス。


なるべくバイクの走りたいように走らせてあげる。


あ、もういけるな

と思ったら、平地と同じ感覚でバイクを操作する。


くだりでアクセルを開けたほうが安定する説は本当だけど、ただ開けると危険。

平地を走っている時と同じで、「バイクを操作している(出来ている)」感覚を得る事がとても重要なのかもしれない。

くだりがただただ恐怖だったという人のお話を聞いてて思いました。


速くはなかったかもしれないけれど、毎周恐怖を感じることなく走れましたよ。


今回の ヘルカメ映像


気張らない事も往々にして重要なんですね。


僕は気張らないつもりでいいても、いつの間にか気張ってて、



「何気張ってんの?」


と言われて



「別に気張ってねーし!」



つってさらに気張ってしまうタイプです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。