2009-12-20 22:00:05

【P・F・ドラッカー】専門家の通訳となる本

テーマ:P・F・ドラッカー

この本に衝撃を受けました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎 夏海
¥1,680
Amazon.co.jp

この表紙をだけ見ると、


「ユアン!どうしたんだ!!アキバ系に染まったのか?」


と心配をされる方もいるかと思います。

しかし、安心してください。

確かに私はこの表紙の子に「萌え~」となってはいますが、この本はドラッカー学会代表であり、日本のドラッカーといわれる上田惇生先生も推薦されている本なのです。


内容としては、都立高校の弱小野球部に「みなみ」というマネージャーが入り、ドラッカーの「マネジメント」を教科書にし、チームを再編していくというものです。

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]/P・F. ドラッカー
¥2,100
Amazon.co.jp

私は以前この「マネジメント」を読んで衝撃を受けましたが、ドラッカーの教えを自分のこととしてうまく変換できずにいました。

しかし、このマネージャーの「みなみ」は野球部にマネジメントをうまく取り入れることでチームを成長させます。

これは、タイトルで書きましたが、専門家の通訳となる本だと感じました。


専門家の通訳というのは、ドラッカーの言葉を引用すると(長いです・・・)


~~~~~~~~~~~~~~~~


  専門家は専門用語を使いがちである。専門用語なしでは話せない。ところが、彼らは理解してもらってこそ初めて有効な存在となる。彼らは自らの顧客たる組織内の同僚が必要とするものを供給しなければならない。


 このことを専門家に認識させることがマネジャーの仕事である。組織の目標を専門家の用語に翻訳してやり、逆に専門家のアウトプットをその顧客の言葉に翻訳してやることもマネジャーの仕事である。

~~~~~~~~~~~~~~~~


私の言葉にすると、


専門家(ドラッカー)と顧客(私)の間にあるギャップを埋めてくれる、双方の理解を深めてくれるマネジャーの役割、つまり専門家の通訳となる役割をこの本がしている


ということです。


マネジャーのみなみは何か課題にぶつかった時には必ず「マネジメント」を読み、ドラッカーから答えをもらいます。

本書には「マネジメント」の引用文が数多く出てくるのですが、その言葉がこの高校野球というストーリーに乗っかることで自分の中にスッと入ってきます。


ドラッカーの言うことを何となく頭で理解できても、それを実際にどう行動におとしていけばいいのか、うまくいかないな~という方には是非読んでいただきたい一冊です。


勉強カフェでやっているドラッカー読書会において私がファシリテーターとなった際には、この本を課題図書としようと思っています。

そして、一つでもいいから「マネジメント」に書かれていることを実生活に活かして、その報告をするという場にしたいと思っています。


*こんなマネージャーがいたら「マネジメント」とか関係なく頑張っちゃうと思うんですが、それは抜きにして読んでくださいね☆

ゆあん☆彡さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。