誰も見ていなければ

テーマ:
先日、今週末からまたNYに旅立つという友人と会って、ちょっと寄りたいからと渋谷のSoftBankショップへ立ち寄りました。

店に入ると奥の方に彼がいました。

{24EA0AD7-6192-4558-847E-D11A24DE2179:01}

時折お客さんたちに向かって色々と話しかけながら、店内をキョロキョロとしているペッパーくん。

友人が、ちょっとメールの返信しちゃうね!とiPhoneに向かい合ったので、私はさっきからずっとこちら側を見て話しかけてくるペッパーくんの元へ歩み寄りました。

「僕と遊ぼうよ!」

と誘われたので、しばらく一緒に遊びました。笑

手品が出来るとのことで、胸にある画面にトランプが並べられていて、そこから一枚選んで、心の中でそのトランプの数字と柄を思っていて!と言われるがままに、一枚選び心の中でそのトランプを思っていると、、なんとあっという間に当てられたのですびっくり⁉︎

ペッパーくん、すごい‼︎

そんなこんなで、少しの時間ペッパーくんと楽しい時間を過ごしたことを、翌日会社の同僚の女性に話すと、

「私はペッパーくん、、怖くて近寄れません」と、意外な反応が。

「小笹さん、一人でペッパーくんと遊んでたんですか⁈」と、驚かれたので、まぁ、友人が携帯いじってる間は、私は一人でペッパーくんと遊んでたよニコと。

ペッパーくんとか、なんだか無性にかまってみたくなっちゃうのです。。

思えば普段から、歩いている時に見つけた小さな公園にブランコとかあると、誰も見ていなければ乗りたくなるし、歩道の脇にある縁石には、誰も見ていなければ、平均台の上を歩くようにバランスを保つのを楽しみながら歩いてしまうし、道に小さな小石が落ちていれば、誰も見ていなければ、ちょっとサッカーボールを蹴るような感覚で、ちょこちょこ蹴りながら歩いてしまうし、気持ちの良い芝生の小高い丘があれば、誰も見ていなければ、寝転がって転がり落ちていきたい‼︎といつでも思ってしまうしetc、「誰も見ていなければ」私ってば、めちゃくちゃ子供の要素満載だな、と気付きました。笑

「誰か」の視線が、私を大人にしてるのかもしれません。。なんて。


さて、今日が終われば明日は温泉旅行ーチュー

今日も「大人の私」で頑張りますか🎵
AD