1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-03 13:46:55

ENGカレンダー2017販売中!

テーマ:ブログ
ENGカレンダー通販決定です!
ENGを彩った皆様にご参加頂きました!

以下参加される俳優女優陣!
(五十音順)
石部雄一
井上賢嗣
門田麻衣子
門野翔
久保亜沙香
斎藤未来
塩崎こうせい
竹内尚文
福地 慎太郎
松木わかは
水崎綾
三田真央
森下理沙
夢麻呂

dear.eng.info@gmail.com

こちらに
1.お名前
2.ご住所
3.ご希望の個数

をお願い致します。
お一つ2500円(送料込み)
にてお送りいたします。
{A984F313-FDE3-41B6-8323-9071925E845F}

{63353E6A-6BA5-44BD-9924-2A934945A8E0}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-25 17:51:48

Re:call間も無くチケット発売開始!

テーマ:ブログ

さあ、いよいよ本日25日22時からご予約開始となります。

前回のレプリカに負けないような良い作品創りを目指して、いや、このメンバーなら必ず出来ると確信しておりますけどね。



ディー・コンテンツプロデュース公演


Re:call


作・演出:久保田唱



 

あらすじ


色とりどりのイルミネーションに彩られたクリスマスの東京

そこで過ごす一組の親子に暴走した車が迫る

男は捨て身で娘を守る その次の瞬間

気がつくと男は一面白に包まれた雪原にいた

そしてそこに現れたのは 20年以上前に死んだはずの母親だった

 

時の流れを遡って「呼び戻された」男

 

気がつくと雪原にいた。そこは1992年の山形県だった。

その時その雪山では色んなことがあった。

想いを寄せる女の子との会話。好きなのに幼い頃につけたあだ名は「モンスター」

反抗し続けた母。その母の死に関わる可能性がある実の父。


「もしも自分が誰かに呼び戻されてそこにいるとしたら」


第一回公演「レプリカ」で全席満席の大好評を頂いたディー・コンテンツが満を持してお送りする第二回公演は、演劇界に於いて変わらぬ快進撃を続ける企画演劇集団ボクラ団義の幻の第一回公演を久保田唱が全編リライト!


現在は劇団でも販売されていない


「時の流れを遡り呼び戻された幻の作品」


を現在の久保田唱、そして豪華キャスト達がじっくりと創り上げます!


【キャスト】(五十音順)

伊澤玲(北区AKT STAGE)

市森正洋

加藤凛太郎(BESPOKE JAM)

栗生みな(オッドエンタテインメント)

齋藤伸明(黒雪構想)

白井那奈(オフィスキール)

鈴木聖奈(イーストウッド)

高木聡一朗(サンミュージックブレーン)

高田淳(X-QUEST)

竹石悟朗(企画演劇集団ボクラ団義)

鶴田まこ(クレアトゥール)

中野裕理(トキエンタテインメント)

平山佳延

牧野純基(黒雪構想)

水崎綾

水野愛日(EARLY WING




【日時】

2017125日(水)~29日(日)

7回公演



【タイムテーブル】

25日(水) 19時~

26日(木)  19時~

27日(金)  14時~/19時~

28日(土)  13時~/18時~

29日(日)  15時~




【チケット】

前売り4800 当日5500円  全席指定


ご予約フォーム

http://ticket.corich.jp/apply/79258/


【劇場】中野 ザ・ポケット

164-0001 東京都中野区中野3丁目22-8

JR中野駅下車



協力(五十音順 敬称略)

EARLY WING/イーストウッド/ENGACRAFTX-QUEST/オフィスキール/企画演劇集団ボクラ団義/北区AKT

STAGE/クレアトゥール/黒雪構想/CoRich/サンミュージックブレーン/DMF/トキエンタテインメント/ドルチェスター/BESPOKE

JAM



アシスタントプロデューサー・制作:中村宜広

プロデューサー:佐藤修幸

製作:ディー・コンテンツ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-05 22:00:49

ディー・コンテンツ第二回公演「Re:call」

テーマ:ブログ

一年前に全回満席の大好評を博した
「レプリカ」
お陰様で第二回公演の機会を頂きました。
第一回に負けぬくらいの大好評を目指して、
そしてまたENGとはまた違う方向性を目指していけたらと思っております。
以下詳細です!

ディー・コンテンツプロデュース公演
『Re:call』

作・演出:久保田唱


前回「レプリカ」にて大好評を頂いたディー・コンテンツが満を持して送り込む第2作目は、
「時の劇団」企画演劇集団ボクラ団義の
幻の「第一回公演」。
全編リライトされ、10年の時を経て今蘇ります。


【キャスト】(五十音順)
伊澤玲(北区AKT STAGE)
市森正洋
加藤凛太郎(BESPOKE JAM)
栗生みな(オッドエンタテインメント)
齋藤伸明(黒雪構想)
白井那奈(オフィスキール)
高木聡一朗(サンミュージックブレーン)
高田淳(X-QUEST)
竹石悟朗(企画演劇集団ボクラ団義)
鶴田まこ(クレアトゥール)
中野裕理(トキエンタテインメント)
牧野純基(黒雪構想)
水崎綾
水野愛日(EARLY WING)



【日時】
2017年1月25日(水)~29日(日)
全7回公演

【タイムテーブル】
25日(水) 19時~
26日(木)  19時~
27日(金)  14時~/19時~
28日(土)  13時~/18時~
29日(日)  16時~

【チケット】
前売り4800円 当日5500円
11月25日(金)22時よりCoRichi舞台芸術にて販売
予約フォームは後日公開致します

【劇場】中野 ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野3丁目22−8
JR中野駅下車


協力(五十音順 敬称略)
EARLY WING/ENG/ACRAFT/X-QUEST/オッドエンタテインメント/オフィスキール/企画演劇集団ボクラ団義/北区AKT STAGE/クレアトゥール/黒雪構想/CoRich/DMF/トキエンタテインメント/ドルチェスター/BESPOKE JAM/

アシスタントプロデューサー・制作:中村宜広
プロデューサー:佐藤修幸
製作:ディー・コンテンツ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-11-01 21:30:56

セカスリイベント「いざ、五色沼へ!」

テーマ:ブログ
お久しぶりです。
皆様お元気でしょうか?
僕はバク袖後少しゆったりと生活してます。
自転車にハマっとります現在。
往復200キロで箱根いっちゃいました。
いいですよー自転車、、、いや、今日はそれの話じゃなくてですね。
間も無くセカスリのイベントのご予約開始なのです。
あと30分後です。

セカスリDVDBlu-ray発売記念イベント
「いざ!五色沼へ!」
開催は12月2日。
阿佐ヶ谷ロフトにて
19時半スタート

ご予約開始は本日11月の1日22時から
以下のページにてご予約になれます

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/51904

今回もワイワイも楽しくやれたらいいなと思っちょりますー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-25 20:20:25

バク袖の詳しすぎる詳細!!

テーマ:ブログ
{B6F3399F-DEFB-4B64-9184-26174C04DD41}

{946F96E0-9E63-4571-83EF-8D30F02AA8F6}

{F5C60471-2493-48EE-9C87-5AF7459F2720}

ビジュアルが公開されました。
今回のチラシはチラシでなく、ウチワ!
少しでもご興味お持ち頂ければ嬉しいな、と。
ウチワは先行予約の方のみ差し上げます。
折り込みなどの予定もありませんが、
キャストには配ります。
キャストから入手する方法があるかもしれませんね。

また、特典ポストカードはS席ご予約の方のみ
応援している方のサイン入りで差し上げます。
結構皆趣向を凝らして書いて下さっています。
今回また詳しすぎる説明してみようかなと、
※印が補足です。
やはりお芝居初めての方にもご覧頂きたいので、
なるべくお友達などお誘い合わせの上ご来場お待ちしております!

ENG公演
※ENGは佐藤のプロデュース団体です。
所属劇団DMFのアルファベットを1つずつ進めました。
「バックトゥ・ザ・舞台袖」
※明らかにあの映画を意識しています。
〜The stagewing of THRee'S〜
※ステージウイングは日本語で舞台袖、THRee'SはENGの第二回公演です。

初演と再演、数十年の時を股にかける
「時の劇団」企画演劇集団ボクラ団義久保田唱のありそうでなかったバックステージでのシチュエーションコメディ!
※久保田君は過去や未来の時間軸を使うのが得意なため時の劇団と呼ばれていました。

日程2016年9月23日(金)から10月2日(日)まで

前売4500円当日5000円
S席5500円
※S席は前方3列センター寄りのお席です。
S席は希望キャストのサイン入り特典ポストカード付き
23日(金)19時
24日(土)13時18時
25日(日)13時18時
26日(月)19時
27日(火)14時19時
28日(水)19時
29日(木)19時
30日(金)14時19時
10月1日(土)13時18時
2日(日)16時
全席指定
※今回ENG史上最大の公演回数です。
全席指定というのは、お席があらかじめ決まっている状態の事です。

チケット先行発売は8月10日22時から
※先行発売時はウチワ3枚同封。
ご希望であれば10枚まで同封致します。

ご予約フォーム
※ここからご予約頂けます。
他に各キャストのフォームもあり、そこからご予約されると各々のキャストに諸々のメリットがあります。

劇場
シアターグリーンBIG TREE THEATER
※池袋駅からすぐの劇場です。

作・演出 久保田唱(企画演劇集団ボクラ団義)
総合演出 佐藤修幸(DMF/ENG)
プロデュース ENG

出演
加藤凛太郎(BESPOKE JAM)

竹石悟朗(企画演劇集団ボクラ団義)
木本夕貴(ソニーミュージック・アーティスツ)
竹内尚文(少年社中)
水崎綾
平山空(企画演劇集団ボクラ団義)
七海とろろ(バクステ外神田一丁目)
松木わかは
春原優子(企画演劇集団ボクラ団義)
大友歩(企画演劇集団ボクラ団義)
斎藤未来(株式会社フジプロダクション)
鈴木聖奈(イーストウッド)
安達優菜(麗タレントプロモーション)
山岡竜弘(池袋チャリンコ倶楽部)
立原ありさ(teamオムレット)
上田雄太郎(麗タレントプロモーション)

眞田規史
黒坂カズシ
久保亜沙香
CR岡本物語(ポップンマッシュルームチキン野郎)
図師光博

福地慎太郎(FLIP LIP)
中野裕理(トキエンターテインメント)
石部雄一(スピカエージェンシー)

あらすじ
 
時は西暦2049年。作品が生まれた年である西暦2014年に初演が上演されて以降、何度とない再演を重ねてきた舞台劇『THRee`s(スリーズ)』が生誕35周年を迎え、再び今、日本を代表する大劇場で記念公演が行われようとしていた。
その大舞台の演出に大抜擢された若手演出家【向谷修(むかいや おさむ)】。全ての準備を順調に終え、後は初日の幕が開くのを客席で待つだけの筈だった彼の耳に飛び込んだニュースが、「舞台袖で主演が消えた」であった。無情にも過ぎ行く時間、時計の針は開演時刻を大きく回る。ざわつく客席を大慌てで駆け出た修が飛び込むように入った【舞台袖】。そこは、何故か時計の針が大きく逆回りした西暦2020年、「何度とない再演を重ねてきた『THRee`s(スリーズ)』の何度目かの公演」であった。突如としてタイムスリップした修。そしてそこで彼が目にしたのは、2049年で消えた主演と、そして今にも上演中止になりそうな、2020年の『THRee`s(スリーズ)』だった……。
 
ENG第五回公演は、一つの舞台袖が29年の時を超える!?決して繋がる筈がなかった時間を跨いだ二つの舞台袖が、一つの同じ作品をきっかけに時を超える!?
修は気づく。タイムスリップした先の2020年のその『THRee`s(スリーズ)』が、自分が生まれて初めて観た舞台劇であること。そして自分が【演出家】を志すきっかけになったその舞台だということ。つまり、「決して上演中止になってはいけない作品」だということ。自分と同じくタイムスリップした現在の舞台の主演。「この舞台を救えるのは自分たちしかいない!?」しかし、「そうは言っても戻らなくてはならない【元の舞台袖】!?」そしてその中、更に捲き起こる、「予想を超えた出来事たち!?」
 
果たして何が正しいのか!どの舞台袖に戻るのが正解!?表舞台よりもドラマチック!!だけど観客が存在しない!舞台袖型シチュエーションコメディ舞台劇!!

プロデュース ENG
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。