食は命

テーマ:

昨日のらけいこのせいか今日はすこぶる元気だった。

 

 

と、いうか食べ過ぎて帰宅と同時にダウンしていつもより1時間以上長く寝れたから元気なのかそのあたりの因果関係は不明である。

 

 

とりあえず元気だ。

 

 

睡眠と食事はやはり好パフォーマンスに直結する。

 

 

 

昨日あれだけ『限界だ』と訴えていたマイケルも、今日スタジオで会ったら元気に『来月もらけいこだ!』とのたまっていた。人間は忘れることで生きていける生き物である。

 

 

 

明日は下北沢にてライブだ。明日もこの体調が続くように祈っている。

 

 

来月もまた『限界だ』とマイケルはつぶやいているのだろう。

 

 

今日の一言

鈴木翔太がベイスターズ専用機になりつつある気がするのは私だけだろうか。

AD

3人寄ればなんとやら

テーマ:

はるきち、マイケルと合宿だった。マグカップは家に忘れた。

 

 

だがやはり合宿はとても有意義だ。

 

 

作曲の際、私はいつもホームランしか狙わないのでいつの間にか力んで絶望的なスランプに陥ることがしばしばある。

 

 

だが、毎月合宿ではるきちやマイケルのネタにインスパイアされて助けてもらえるのでとてもありがたい。

 

 

今回も助けてもらった。いつか私が助けられるようにならねば。

 

 

いくつか有望なタネができているのでそれも嬉しい。

 

 

そして今回の合宿後もマイケルとらけいこに行ってきた。

 

 

先日はDJアサノさんとも行ってきたが、あのアサノさんでもかなり辛そうであったので、もし行かれるとしても己の限界値を熟慮した上で挑戦されたし。

 

 

私は稲毛でのリベンジを果たしたが、やはり胃袋が縮小しつつあるのだろうか。毎月行ってるのに。

 

 

そして明後日は下北沢で忘れらんねぇよとツーマンだ。着々と勝負のワンマンへのカウントダウンが進んでいる。

 

 

緊張しいの私の緊張もすでに始まっている。

 

 

よろしく頼む。

 

 

今日の一言

やはり主砲の復帰は大きい。おかえり筒香!

 

AD

神戸広島

テーマ:

神戸、広島にてライブであった。お越しいただいた皆様ありがとうございました。広島でザガースキーの名前が出せて満足だ。いつでも私は待っている。

 

 

今回のツアーは作曲合宿の段階でライブを意識していたのではあるが、やはりライブを重ねるにつれて更に自分の中で消化されてきたところがある。

 

 

これでリリースツアーとしては東名阪ワンマンを残すのみであるが、今回のツアーで学んだことを出し切る夜にしなければと思う。

 

 

是非目撃してほしい。

 

 

もう6月17日の大阪ワンマンまであと1ヶ月を切っている。

 

 

今回のワンマンは更に特別なものにしたい。

 

 

さて、今日ははるきち、マイケルと合宿だ。明日はらけいこだ。はるきちがいろいろ動画を流してプレゼンしている。

 

 

明日の為に寝よう。

AD

MID FMありがとう明日は神戸

テーマ:

昨日はMID FMにてTRACKsの放送だった。

 

 

ご視聴くださった皆様ありがとうございます。

 

 

なにか忘れている気がしたのだが、どうやらブログを更新し忘れていたようだ。

 

 

何年もほぼ放置しといて忘れていたもクソもないであろう。まぁ、でもとりあえず書こうと思う。

 

 

明日は神戸にて、明後日は広島にてライブだ。

タイガースには全然勝てないし広島では筒香が風邪をひいた。

 

 

ならば私が厄払いに行こうではないか。

 

 

今日はこの二日間の為にも充電しようと思う。まずは待ってろ神戸。

 

 

今日の一言

将軍・・・。井納選手に誰か勝ち星を・・・。

 

 

ごく一部のギタリストの間で囁かれる都市伝説が存在する。

 

 

『ファズはでかいケースに入っててなんぼ』という都市伝説だ。

 

 

私自身、はるきちのビッグマフの真似をしようとエフェクターボード事情でリトルマフを購入して撃沈したこともある。

 

 

だが、その後勉強するにつれ『ファズはケースの大きさによって音が変わる』という都市伝説を聞いたり、エフェクター自作仲間でありビッグマフ愛好家のビレッジマンズストアgt.加納くんも同様の説を提唱しているにつけ、これは実証せねばなるまい!と、未熟ながらに決行した次第である。

 

 

 

今回の実証は残念ながら全く同条件と言えない部分もある。

 

 

小さいケースのファズの動画はこの実験を思い立つ前に収録したものなので、全くの同条件を満たしきれなかった部分があるのだ。

 

 

例えば4月に使ったシールドを一本自宅に忘れてるし、スタジオのJCも別室のものなので個体差が存在するかもしれない。

 

 

しかしその他、弦の死に具合なんかもなるべく同条件を目指したし、何より自宅で音出しチェックした際の感触なんかは明確な違いが存在した。

 

 

昨日の魔改造動画よりも違いがわかりづらいかもしれないが、次の動画にてお確かめいただきたい。

 

 

全く同一の回路をケースを換装したのみでこの違いである。

 

 

環境の違いの影響を受けづらいというシリコントランジスタを使用してこの結果であるので、いかにファズというものがデリケートなものかがお分かりいただけるだろう。

 

 

地球上に存在する中で何%かに過ぎないギタリストたちの中の更に何%の者にしかニーズのない実験であったが、私個人的にはとても満足のいく実験であった。

 

 

なかなかこういうテーマにはめぐりあえるものではない。つまり、次回の予定は未定だ。

 

 

またなにかごく一部の人間にとって面白そうな実験テーマが見つかればそういうニッチなニーズに応えてみたい。

 

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

今日の一言

遂にウィーランドが打ちよった。

4年前の冬の真夜中。雨の降りしきる中私たちは浴衣やアロハシャツといった薄っぺらい布切れを纏って楽器を振り回していた。こいつの撮影のためだ。

 

 

 

往々にしてPV撮影は過酷なものになる傾向がある。

 

 

我々は極限状態に置かれ、マイケルは膝の皿を割り、私はギターを真っ二つにした。

 

 

家に帰り愕然とした。真っ二つになったネックの断面がどうやっても合わせられないのである。

 

 

雨による湿度の変化、そして野外との気温差、そして真夜中であったがために、楽器屋さんが開くまでに時間が経ちすぎて断面が変化してしまったのである。

 

 

くっつく見込みのないギターを前に私は落ち込み続けた。

何故このようなことをしでかしてしまったのだろう。何故ギターを放り投げて草むらなんぞにダイブしたのだろうと。

 

 

しばらくは折れたギターを手にとってため息しかつけなかったが、ある日覚悟を決めてホームセンターへ走った。

 

 

どうせ元通りに出来ぬならばと、強制ボルトオンという荒療治に打って出たのだ。

 

これでとりあえず弦を張ってチューニングができるようになった。

 

 

なんならミソフェス後夜祭などはこの状態でステージに立っている。

 

 

だが、もっとこいつをしっかり接着してあげたい。

ネジ3本と鉄板のみで固定されているので、ちょっと後ろに引っ張るともうネジ穴から真っ二つになりそうであった。

 

 

強制ボルトオンという禁断の秘技を使ってしまったからにはもう後戻りできない。

 

 

ごく一部で有名なこのボンドに手を出してしまった。

 

タイトボンドである。

 

 

木材以上に硬化するスーパーボンドだ。

 

 

本来なら接合面をもっと整えて使用しなければいけないが、ささくれだちすぎてもうどうしようも無い状態であるので、祈る思いで接着を開始した。

 

 

そして先日。遂に接着が完了した。

 

 

正直見た目は汚いままである。

 

 

だが、接着以前とは音が違っていた。

 

 

こちらだ。

 

 

本来は激歪みの曲をクランチで鳴らして音の違いをわかりやすくしているが、もはや公開処刑だ。この音で聴くのは恥ずかしいが我慢する。

 

 

低音の出方が接着後の方が多い。比較のためにPCに突っ込んでるので、今度はしっかりアンプでいい音で鳴らしてあげたい。

 

 

『闇夜のキャラバン』で比較したのは何故かというと、この曲はボルトオン時のこのギターから生み出された曲だからだ。

 


私にもはるきちにも、作曲用ギターという何故か曲が作りやすいギターが存在していて、それがこの赤いスペシャルなのだ。

 

 

放り投げてネックをへし折るという悪鬼の所業を為した私に対しても、未だにインスピレーションを与えてくれる唯一無二の存在である。

 

 

皆さんにもそのような相棒はいらっしゃらないだろうか。

 

 

くれぐれも真冬の雨が降る真夜中には気をつけていただきた。

 

 

稲毛&北浦和

テーマ:

稲毛、北浦和にてライブだった。お越しいただいた皆様ありがとうございます。

 

 

稲毛にて打ち上げの締めに行ったラーメン屋でつけ麺5玉に撃沈し、加藤や田中店長、サンエルジュンくんに『かっこわる!』と笑われた。不覚だ。

 

 

隣席のブルマン藤井の助太刀がなければ稲毛に置き去りにされていたことだろう。ありがとうブルマン藤井。

 

 

リリースツアーとして回るのは神戸、広島のあと2本。そして東名阪ワンマンである。

 

 

ワンマンについてのアイディアもメンバー内で出したりしている。最後まで駆け抜けていきたい。

 

 

お付き合いよろしくお願いいたします。

 

 

そういえば、ブルマンからもらった小説『リバース』を読了した。

 

 

現在ドラマが放映中なので一切を語らずにおこう。ブルマンにも読了を報告したのみだ。彼も毎週の放送を楽しみにしているクチだ。ドキドキしていただきたい。

 

 

現在は小泉八雲全集を読み出した。すでに知っている話もあるが、外人視点で客観的に日本のホラー精神を編纂しているのが面白い。

 

 

以前バイトしていた老人ホームで利用者さんに読ませていただいたエッセイで、第2次世界大戦前に日本に駐留していた英国婦人のエッセイがあるのだが、そのエッセイにも『日本人』が描き出されていてとても面白かった。

 

 

タイトルなどを失念してしまったのが悔やまれる。

 

 

さて、今からちょっとした編集作業に入る。

 

 

おそらく明後日のブログネタになるであろう。明日も実験シリーズ第一弾を予定しているので、明日明後日のブログはギターを弾くものにとっても一部の人間にしか参考にならない極めてマニアックな内容になってしまう虞がある。

 

 

だが、動画などを用意して少しでも面白く感じていただけるよう挑戦しようと思う。

 

 

編集の腕などはご容赦願いたい。

 

 

今日の一言

阪神に勝てない。藤浪に勝てない。

 

昨日はナゴヤドームにてドラゴンズ対ベイスターズを観戦してきた。

 

 

倉本選手の今シーズン第1号があんな大事な場面で出て、思わず泣いた。見知らぬおっさんたちとハイタッチした。

 

 

で、今日は投手戦で早8回。今ホームランが出て2点負けている。タイガース強し。

 

 

だが井納選手が気合の入ったピッチングをしてくれているのでとても見応えがある。応援している。

 

 

で、明日は千葉。明後日は北浦和でライブだ。パ・リーグのチームの本拠地だ。

 

 

そして北浦和では『どでん』が食べたい。御察しの通り二郎系だ。

 

 

DJのアサノさんに一度だけ連れて行ってもらったことがある。

 

 

北浦和はラーメンの名店が多いので気になる方は是非ググってみてほしい。つけ麺『金魚』もとても美味しい。

 

 

さて、明日に備えよう。

 

 

今日の一言

井納選手に勝ちをつけたかった・・・。

folcaはるきちおめでとう

テーマ:
昨日はfolcaのレコ発に出演させていただいた。起こしいただいた皆様ありがとうございます。


久しぶりのロックンロールはとても楽しかった。


folcaのgt.ユウヤさんと物々交換をするかもしれない。したい。


私にとって兄貴のような人だ。また会う日までまた精進しなければ。


folcaありがとうございます。


そして今日ははるきちの誕生日だ。


読みかけの『大人の常識』をプレゼントするような非常識な男だが、私も何かプレゼントせねばなるまい。


こちらは読破済みの『キングダム』の最新刊をプレゼントしようかと思ったが、昨年のお返しになってしまう。


どうせなら何か非常識なものをあげたい。なんかそれが相応しい気がしてしまう。


と、いうことでまた今度はるきちに会うときになんとも言えないアンニュイなものを贈呈しよう。


おめでとうはるきち。

魔改造完成

テーマ:
遂に魔改造が完成してしまった。ギターの話だ。



改造とは言っても音を良くする改造ではない。



ジャンクでお釈迦なギターをとりあえず音程のある音を出せる楽器の域にまで持ってくまでのことだ。


と、いうことで今週来週を目処に禁断の魔改造編を公開する予定だ。



極々限られたニーズに全力でお応えしよう。



だが、こんなことをせねばなる前に有事の際は楽器屋さんに行くことを真っ先にお伝えしておこう。



ここまでだけ読むと意味不明であろう。全ては本編にて明らかにされる。



明日は久しぶりにロックンロールでライブだ。対バンの面子も楽しみだ。



今更だが寝よう。



今日の一言

鈴木投手初勝利おめでとう!県民としても嬉しいです!