主婦の秘め事

30代主婦はいろんなことを思う


テーマ:

前々から読みたかった寂聴さんの「源氏物語」を図書館で借りて読んでいる。

大好きな物語で当時の文化をわくわくしながら読み進めている。

大好きな物語ですが私が知っているのは光源氏の物語だけで、まだ三巻までしか読んでいないけどこの後どうなっていったのかあまり覚えていない。

先が楽しみ。


瀬戸内 寂聴
源氏物語全10巻セット
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

もう10年近く前の本でしょうか、実家にまだ置いてあったので再読。

そのときは全部読むのが辛くて途中で諦めたような記憶が・・・。

改めて読み返してみると、とてもおもしろい!!

ピーター・メイル氏はイギリス人でしたが、ある時訪れた南仏に感銘を受けて移住。

南仏での生活が本当にイキイキしていて、フランス人とは言ってもパリの都会の人と南仏の人とは考えも暮らしぶりも違うのね。

野生のウサギやイノシシを食べたり、オリーブオイルを5リットルで買ってふんだんに使ったり。

こういう自然な暮らし、一度はしてみたいなぁ。

そこで一生暮らせるのかと聞かれれば、自信はありませんが。東京の都会に住む便利さはヤミツキになります。外国人みたいに家に手間隙お金をかけるという生活もしたことがないので。

ただこの筆者は本当によく南仏の生活の楽しさをこうもイキイキと書けるなぁと感心。


ピーター メイル, Peter Mayle, 池 央耿
南仏プロヴァンスの12か月
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

辻さんVersionに続いて、孔 枝泳氏の方を読んでみました。


いいですねー。文章もすごくいい。これって日本語訳のせいももちろんあるでしょうけど、詩的な感じがすごくいいです。

辻さんの方を読んでいたので結末を知っていながらの読破でしたが本当に良かったです。


こういうことってあると思うんです。7年離れてしまっていても数日でそのときに戻ってしまうことって。

2人がお互い結婚していなくてよかったね。


孔 枝泳, きむ ふな
愛のあとにくるもの
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

辻さんがまたまた女性の作家と一つのストーリーをお互いの視点で描くという手法で出された本です。

今回は韓国の孔 枝泳氏との作品ですが、まずは辻さんの方から読んでみました。


日本人の男の人って感情を表に出さないからこういう話はありうると思う。男はあれでも精一杯の努力をしていると思うのだけど紅には理解できないところもうなずける。やっぱり留学していたらさびしいよねぇ。

日韓の問題は私たち日本人が思っている以上に深いものだけど私たちにはそれが理解できない。その辺りも日本人である辻さんが描き、紅を韓国の作家が描いたことは正解だと思う。

その問題を深く追求していかないところもよかったと思う。


ロマンチックなストーリだったけど、全体的には7年と韓国での滞在数日をあのページ数で書いているのは勿体ないなぁ。もっと長くても面白かったと思う。少し薄っぺらな内容になってしまった感あり。辻さんの作品は好きだけどね。


辻 仁成
愛のあとにくるもの
 |  リブログ(0)

テーマ:

とってもよかったです。処女小説とは思えないほど完成されていました。


小説に出てくる落ちこぼれた人が劇団ひとりのある部分を投影しているのだろうか。


小説家に取って素顔を知られていることは大きな負担ではないのかと思うくらい本物の小説でした。

他の名前で出てもかなり売れたのではないだろうか?それとも劇団ひとりという名前がこの本の人気を押し上げたのであろうか。


次回作はどんなものになるのかそれが楽しみです。


劇団ひとり
陰日向に咲く
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。