Mithology ZERO:〈失〉

テーマ:
 眼下いちめんをシリコンの花盛り
 薄らめく
 青闇の底を埋めて 制動する
 肋膜のスタビライズ
 静やかに息を平〔ひら〕め
 乗せる 
 淡紫色の庭球毬〔テニスボール〕の
 ぼやけ点く蛍火をころめかし
 迷宮の坂をrolligするもの

 隆起する岩丘の裾に光る水
 広がる 忘却の海づらの篝火
 スライディングする獣の眼
 条〔すじ〕を引き
 曲がりながら逃げ すりぬけよ
 走狗せよ 疾駆/病う赤い風
 煽り上げ 傾くバイクの尾灯に
 血液が燃えている。

   * * *

 みずうみは底翳〔そこひ〕をまんまんに湛え
 溢れる黒眩光を揺らがせて
 浸りくる暗渠にずぶり
 鈍めき沈下する夜景
 蒼白く充血し
 ひりり沸き立つ水の網膜/
  さざなみを手繰るサルベージの
 重い手ごたえのなかへと
 疲労のようにもういちど沈む夕陽
  /落星/眼球は鉛をぎっしり詰め沈殿を意志するとき
 黒い不知火が水下の都市を燃し消す
 煮凝〔にこごり〕のように
 水のうわべの無数のつぶれ目から
 朱血がにじみ出す
 虹霓〔こうげい〕
 見出すとき天に向かって白く
 みずちのすべらかな肌が鞘走り
 輝きいで 橋掛けするといつのまにか
 正午の白い虹彩が天頂に 刮 と見開く

 そびえたつ真昼の塔に灯り出る聖火
  /精液の潤び汚れた光に
   痛みの斑のように
 なお見えぬ同体のオブジェが
 白けたスクリーンの象牙の肌下に鬱血を疼かせて
 その埋没/みうしないのしるしを炙りだしている。

  * * *

 白濁する空がまどかに渦巻き
 取り戻そうとするわたしの
 見失われた眼の時刻を
 あなたは荒々しく把持しようと螺旋する。

 死んだ子供をもういちど分娩しようと
 醜くよじれる大気の軋み
 よぎる歪みのような母の顔をレリーフし、
 しりり角膜を裂いて亀裂が走る。

 のろまな今をもだえ、
 軟体動物のように透明に藻掻きながら、
 時間の腹部を劈〔さ〕き、
 見えぬ腸〔わた〕を引きずり出そうとして
 愚かなあなたの暴力が
 あなたの肩の筋肉ケーブルをプツンプツン切ってゆく。

 あなたは壊れる、
 醜悪な玩具類の狂いにまみれて、
 あなたはあなたの足許にガラガラと斃れる。
 わたしはあなたのまうえに荼毘を燃える。
 燃え上がる、
 コバルト炎の蓮華を咲き出で、
 熾〔さか〕る。

 蘇らない、あなたは、蘇ってはいけない。

 それでも、あなたは執拗な姦夫の摩擦熱に猛って、
 わたしの閉ざされた瞼を抉じ開けようとする
 鄙〔いや〕しい妖気のぶんばかりは
 生き残り/いきどおって、
 次の今の間に受けられている、
 生暖かい溜め息のように。
AD

コメント(4)