天風姤(てんぷうこう)
姤は、女壯〔さか〕んなり。女〔つま〕を取〔めと〕るに用うる勿れ。
彖に曰く、姤は遇なり。柔、剛に遇うなり。
女を取るに用うる勿れとは、与〔とも〕に長かるべからざればなり。
天地は相遇し、品物咸〔ことごと〕く章〔あき〕らかなり。
剛の中正に遇うは、天下の大いに行わるるなり。
姤の時義、大いなるかな。
象に曰く、天下に風有るは姤なり。后〔きみ〕以て命を施し四方に誥〔つ〕ぐ。
                      (『易経』第四十四卦「姤」)


11月17日は、やがて詩人ノヴァーリス(Novalis)となる失意の哲学青年フリードリヒ・フォン・ハルデンベルクがその運命の恋人ゾフィー・フォン・キューンと運命の邂逅を果たした日(1794年)である。
そしてまた、『高い城の男』(1962年)を書いた作家フィリップ・K・ディックの書斎の金庫が、侵入した何者かによって爆破された日(1971年)でもある。

まさにこれこそディックにとって、「聖なる侵入」であった。
あるいはまた、ことによればディックは意図的に自宅の金庫を爆破するという秘密工作を演出したのかもしれない。

この事件をきっかけにして、ディックの人生、いや、彼の現実は狂っていく。やがて彼は、古代グノーシス主義の叡智を彼に授ける不思議な神性VALISの顕現に遭遇する。
有名な、1974年(ノヴァーリスとゾフィーの運命の遭遇のあった年の数字の並べ替えだ)のピンクの光線。そして、あの不可思議な形而上自伝SF小説『VALIS』(1981)が書かれた。

『VALIS』には、ソフィアという名の五歳の女の子が出てくる。
五番目の救世主。或いはまたV番目のアリス(Alice)。
叡智の神VALISの啓示をもたらしながら、その命は短い。
レーザー光線の事故で彼女は死ぬ。
ハギア・ソフィア(聖なる叡智)、それは夭折したノヴァーリスの恋人ゾフィーと全く同じ名前であった。

ディックはVALISとはVast Active Living Intelligence System(巨大にして能動的な生ける情報システム)の略だという。
だが、そうではない。
それはむしろVALISではない。NO-VALISだ。

ディックの金庫を襲った超新星爆発(NOVA)において、
本当に顕現した者は何だったのか?
それはむしろ詩人ノヴァーリスと少女ゾフィーの運命の反復ではなかったか。

ともあれ、この日、神は誕生したのである。
「わずか15分間が僕の運命を決定した」(ノヴァーリス)といわれる神が。

だから11月17日は、神の誕生日なのである。

【関連記事】

VALISとNOVALIS

【関連文書】

著者: 大滝 啓裕, Philip K Dick, フィリップ・K・ディック
タイトル: ヴァリス

著者: ノヴァーリス, 青山 隆夫
タイトル: 青い花

著者: フィリップ・K. ディック, ロランス スーティン, Philip K. Dick, 大瀧 啓裕
タイトル: フィリップ・K・ディック 我が生涯の弁明

AD
全人類に手前勝手な〈無限の正義〉とやらを掲げて宣戦布告したクソ野郎へ

「自由を愛する、自由を愛する」
おまえのバカの一つ覚えの御託は聞き飽きた。

僕は人の心を失ってまで、自由でいたいとは思わない。

だから、言ってやる。

自由なんて呪われろ!

以上。

PS.日本にようこそ。

                             人間様より


マイケル・ムーア, 黒原 敏行
おい、ブッシュ、世界を返せ!

AD
崩れるひとみがわたしへと振り返る、
彼女のひらいた口もとに
    呻〔すた〕めいていた瘧〔おこ〕り
      /思い出すことのできない破裂音の
崩れる言葉でわたしを定めようとする。

きみは何を視たのか エンノイアよ
何故、わたしへと脅えるのか、きみは知らない
すがりつく手首に蒼い脈動がはち切れそうに浮かんでいた
打ち寄せる問いで からだをいっぱいにしながら
きみはわたしを掴んだまま 海に墜ちてしまう
もうあのとき きみは亡骸だったのか
エンノイアよ 答えておくれ
きみはわたしを見失い
厳冬の海のしわぶきと白いかもめに
形跡〔あとかた〕も無く食べられてしまったのか
きみはわたしを見失い
わたしがきみを喪う刹那に
わたしに何を見定めたのか

きみは夜に拡がる エンノイアよ
果てしない闇空をつややかなひとみにして
きみのまなざしが宇宙を呑みこむ
満点の星座から銀の視線がわたしへと降り注ぐ
きみはわたしを眺めている エンノイアよ
わたしはきみの最央〔さなか〕にいる 夢見られているのだ
死んだのではなかったのだね エンノイアよ
エンノイアよ 答えておくれ
夜道を何処までもきみを捜し
尋ねて歩くわたしに現われておくれ
きみは彼方で瞼を閉じ わたしの夢を見続けている(のか)

エンノイア、眠りびとよ
きみは〈死〉のように白く仄光るからだを黒いしとねに横臥〔よこた〕えていた
わたしがきみから離れ去ったあの夜明け前から
きみは〈死〉を眠りつづけているのか
安らかに眠れ エンノイアよ
わたしはあの夜 きみが喪われることを知った
きみはすでに〈死〉を身にまとっていた 素裸の白肌のうえに 雪のように
わたしの触れ届かない隔たりが
かなしげにわたしを見上げていた
きみはきみのなかにいた、隙間も無く一致して。
わたしは 独りぼっちで目覚め
わたしを拒む眠りの distance から追われ
雪の戸外へと出発しなければならなかった
きみを そこに置き去りにし けれども
いつの日か同じ場処にわたしを迎えるきみと
世界の果てに巡り会うために

エンノイアよ きみの訃報は
半年も遅れ 黄ばんで届いた
冬木立の下 枯葉をくだいてわたしは
まだ(おそらくは同じ道を)歩いていた
けれども わたしは泣かなかった
わたしは知っていた、きみが
死ななければならなかったと。
口癖のように反復〔くりかえ〕されたきみの命題を信じたわけではない。
エンノイアよ きみが死んで随分してからのこと
マルク・アランの美しく悲壮な詩に
きみと同じ決意をみつけた
  《わたしは死ななければならない/わたしじしんになるために》
それでも、ひとは生きてゆくものだ。
そうではなく、あの明け方、きみは
もう冷たくなったからだだけで〈存在〉した。
きみはきみじしんに連れ戻され、わたしから永遠〔とわ〕に奪われていた

死は
あのときに決まっていたこと。

わたしはとっくに終わっていたきみの葬儀に連ならなかった
きみの拙い厭世思想を書き連ねた遺書がもしあったのだとしても
わたしは読む気も起こらない
わたしはきみのために泣く者たちがピラニアだと知っているから。
わたしはきみの死を許す。
そうだ、きみは死んだ方がよかったのだ
きみはなんとしても死ななければならなかったのだ
誰にもそれを咎め、裁き、おこがましく嘆く権利などない。
きみの、きみだけの〈死〉を、何故きみが死んだのかを知る権利など
誰にもありはしないのだ。

そのとき
ひとつの大きな星がわたしの胸に落ちてきた
シュッと消える湯気のような光でわたしをいっぱいにして
きみがわたしに届いたのだった
わたしは泣いた 心からの嬉しさできみを迎えて
けれども 抱きしめるわたしの胸のなかで
きみは溶け、瞬く間に形跡〔あとかた〕もなかった
わたしは再びきみを(きみの消滅を)失った

エンノイアよ 死んでしまったのは誰なのか
きみか それともむしろ
このわたしこそが死者なのか
きみの広げる白い夜に迷い
わたしは消えそびれた夢のように 亡者のように残留する幻か
エンノイアよ きみの
崩れる瞳がわたしへと振り返る
きみの顔をもう忘れかけているのに
あのまなざしを忘れることが出来ない
何故きみはわたしへと脅え瞠ったのか
エンノイアよ 教えておくれ
あの瞳がわたしを撮ったときから時は停まり
わたしは
きみの広げる夜の黒眸の淵に吸い取られて
きみの永久〔とわ〕の魘夢〔えんむ〕のなかにしかもういないのではないのか
そしてきみの死骸が腐ってしまうように
きみの眼の宇宙と共にわたしもまた消え失せつつあるのではないのか
エンノイアよ きみの死を死んでゆくのはわたしなのか
きみに代わってわたしがきみの成就したかった〈死〉を死のうとしているのか
エンノイアよ 教えておくれ
きみの死後もなお続く、この悪夢から わたしは
きみを解放しなければならないのか

エンノイアよ きみの遠くからまだ発信する声が
あのとき
溶ける彗星とともに伝えられた
ああ きみの声が きみの遺言が遅ればせにわたしに届き/響いたとき
わたしの間近に きみの目に視えぬ現存がわたしを撃った

  《わたしが形跡もなく消え失せてしまった次元でわたしをつかまえて》

そして きみの崩れる瞳が 裂ける大気のあちらから
わたしを見ていた きみは
    わたしを捉えて放さず
              (海へと真逆様に墜落しながら・しかし)
高いところからのように
見定めていた、再び
まるで
きみがまだ
そこに立つかのように。

エンノイアよ きみはもう
いないのに
きみの間近さはわたしを去らない
去らない


【関連記事】エンノイア備考
AD