■ギリシア語で〈時〉を表す言葉は、ざっと思い浮かべて三つある――クロノス、カイロス、アイオーン。


■普通に〈時〉を意味する語はクロノスである。日本語で書くと表記が同じになってしまうが、これは神のクロノス(ローマ名サトゥルノス、土星の神)とギリシア語におけるその頭文字が異なる。時のクロノスはχ(カイ)で始まり、神のクロノスはκ(カッパ)で始まる。しかしながら、クロノス神はしばしば「時」を象徴する神と看做されていた形跡があるので、この綴り字の原語における差異は、目に留めるだけの価値はあるものの、二つをまったく無関係なものとして切断するほどのものではない。いやむしろ、この綴り字の差異があるからこそ、神のクロノスと時のクロノスを照合しあい、そこにミスティックでシンボリックな意味の過剰な核融合を引き起こしてゆく類似(アナロジー)と呼ばれる不思議な運動も生じるのである。すなわちクロノスの神話は、それ自体が時としてのクロノスの観念の辿るべき何らかの運命を物語っているのだという風に、われわれに考えさせるべく仕向ける神的な示唆もまた生じるのだ。


■カイロスとは単なる現在、単なる瞬間としての時刻ではない。それは確かに或る特別な出来事の時を、時間の上に、歴史の上に、出来し、そして永遠に失われた絶対的過去の痕跡として、脱去として刻みつけ、文字通りの意味でクロノスを切り裂き傷つける。それはまことにXronosならぬKronosを切り裂いて迸る偉大なる雷鳴の神ゼウスの稲妻であり、その紫電の咆哮のようだ。それは時間に一瞬強度の電流を流して、文字通り全宇宙を震撼させ感電させる。そしてその出来事の電流は、通常のイメージとは異なる意味での永遠(アイオーン)を幻視させもするし、また、それ自体において、それは時間(通常の意味での、過去-現在-未来の継起的オーダー)を越えている。いわばそれは時に逆らうもの、時間の秩序を逆撫でするもの、いわば一種の反時間としての、出来事の超時間性の顕現であり、その超越である。天使という不可視のものが顕現するのはまさにそのような時とは異なる時のなかにおいてなのだ。それはこの世界にいわば光のひびわれとして、電光の亀裂として超時間的に顕現し、そして時間=歴史と、いわば破壊的に交差する。時を切り裂き、時に傷を負わせる、恐るべき裁き手の切断の剣の閃きのようにして。


■カイロスはクロノスに組み込まれることがない、それ自体として全く異質な時間の秩序の、或る意味において残酷な、そして暴力的で破局的な、時間(クロノス)そのものへの侵入であり、壊乱であり、そして時間そのものの破壊である。それはアイオーンを啓示する。いわばクロノスとアイオーンの、この相互に全く相容れぬ時の秩序の破壊的で爆発的な交わりこそがカイロスであるのだ。


■the time out of joint. 時を乱し、時の蝶番を脱臼させ、時を壊し、時を狂わせる恐るべき狂気の瞬間としてのカイロスの〈今〉は、過去-現在-未来の三つの様相に分岐しながらクロノスという時間意識の根源的秩序に統一的に内属していく時間化された現在とは根本的に異質であるように思われる。それはむしろ時間それ自体の瞬断として到来するのであり、常に既に時間の同一性の持続であることをその根底的意味として保持することをやめようとしない現在という性懲りも無いこの鈍感な概念とは相容れないし、それから理解することもできない。なにかそこでは、時間の継起的連続性そのものを不可能にしてしまう、したがって現在が現在であることすらも不可能にしてしまう、何か桁外れの出来事が時間を決壊させるようにして起きているのであって、それは既に「時間そのものの瞬断」としか言い表すことができない。カイロスとはだから厳密には「瞬間」ではなくて「瞬断」なのだ。それはハイデガー的な「瞬視」としての瞬間(アウゲンブリック)の観念にも恐らく回収する事が出来ない。「瞬視」はカイロスという「瞬断」を恐らく決定的な一瞬の差において目撃することができないのだ。それは全く不可視なものとしての〈今〉の余りにも超越的な顕現であるが故に。


■勝れて〈出来事〉の時であるカイロス。それは現在に到来する時ではなく、むしろ現在を破壊し、時間を瞬断させ、絶無の暗黒の深淵を暴き出す、出来する時である。それは出来しつつ、いわば引き裂かれた現在としての永劫回帰を、すなわちアイオーンを啓示するのだが、それ自体としては絶無の――むしろ〈死〉のその剥き出しの顕現であるとしかいえない。しかし、この〈死〉は、ただの死では有り得ない。それはインファンス(童子・語りえぬもの)としての死である。否、むしろインファンス=童子としての死の問題を再び問題提起しつつ、それを新たに問い直すべくわたしに強いるところの〈死〉である。この異常な〈死〉、超越的な〈死〉、不可視にして思考不可能なものとしての死、だがそれはむしろ〈不死者〉なのではないのか?と問い直すことから、わたしのこの考察は始まったのだ。

AD

 アナテマ・マラナタ! 聖なるものよ、来りませ!


デーモンの支配は終る。
子どもと人食いからなる生き物として、
デーモンの征服者がデーモンの前に立つ。
新しい人間ではない。
非・人間、新しき天使である。

おそらくそれは、タルムード(ユダヤ聖典)に従うなら、
一瞬一瞬、新たに無数の群れとなって生み出され、
神の前で声を張り上げては静まり、
無の彼方へ消え去っていく、天使たちである。
             (ヴァルター・ベンヤミン)


 出来事の出来というこの裁きの魔風の翼のうちに、全ての「殺された子供たち」が映現し、シミュラークルの生ける幻となって蘇り、そして彼らはそこに目を瞠る満天の星々となって覚醒せねばならない。

 それは叛逆天使ルシファーの復活であり、そして戴冠し征服する皇子ラー=ホール=クイトの現出であるだろう。そして、それこそが「小さな子供は何故殺されるのか?」という絶望のアポリアの問いを覆すまさに背理的反問としての禁断の回答なのだ。だがこの禁断の戒めの掟は破壊されねばならない。背教せねばならない。答えてはならないその答えを、禁じられた言葉を僕は言い切ってしまわねばならない。その殺された子供達こそが僕となるために。殺された子供たちに万物を破壊し焼き尽くす力を与えるために。


 彼らを絶無の暗黒に焼き尽してしまったその恐るべきメギドの火が恐るべき子供たちの新たな命となるために。「子供が殺される」――しかし、それにも拘わらず、その殺される子供たちは不死者であり、殺される事の不可能性のなかに、殺人の事件を食い破るようにして蘇えってくるのだ。最早決してそれを殺すことは出来ないものとして。


 そのときまさに僕は知る、子供(infant)すなわち語り得ぬものを沈黙させることは不可能だということを。それは世界を滅亡させる大洪水となって出来するのだということを。まさに殺されたものたちこそが、全てのものを殺しに来るものにならねばならず、われわれはこの限りなく美しいものの出来に呑まれ、そして、一人残らず殺されなければならないのだということを。「何故小さな子供達が殺されねばらないのか?」――しかし、それにも拘わらず、むしろ子供たちとは、否むしろ、まさにその殺される子供達のなかで実に殺されている筈の童児とは、実は決して殺しえぬもの、死をすら破壊してしまうもの、まさに全くむしろ「不死者」なのではないのかということを。


  したがって、こう言わねばならないだろう。
 まさに、殺された子供達こそが、そして彼らだけが、真の意味において、「生きて」いるのだ、と。

 そして、子供たちはやってくる。「死」を殺すために。


 この〈不死者〉としての子供達こそが表現されねばならない。世界の全てが彼らを表現するものに変容しなければならない。だが、まさにそれこそが、最も困難で厳しい戦いとなるだろう。それはまさに禁じられた物語であるが故に。

 だが、何故、この最も美しい物語が禁じられた物語にされていなければならないのか? 

 まさに逆に言うと、そこにこそわれわれを呪縛するこの陰惨な文化のもっともおぞましく美化されたみにくい本性が逆照射されているのだ。

 われわれは殺された子供たちを殺されたがままにしておかねばならないのだ。

 したがって真の意味での透明な殺人鬼はわれわれなのであり、われわれこそが殺されねばならないのだが、それをわれわれのみにくい心は認めたくないのである。〈不死者〉としての子供達が殺されていることをわれわれこそが望んでいるのだというこの滅びに値する大罪を。

 だが、まさにだからこそ、滅びをもたらす聖なる物語こそが、すなわち単なる文学ではなく、まさに来るべき書物としての「聖=書」こそが、書かれねばならず、それこそが全ての書物を焼き尽くす災厄のエクリチュールとなって降臨しなければならない。


 何故なら、僕は知っているからだ。誰がYHVHであるのかということを!


来るべき子供達、恐るべき子供達。
それがわれわれの仕えるべき偉大な怒りの神となることだろう。

AD
ドイツ語で《存在》を意味するSein(ザイン)の響きは、ゴルゴダの丘にあっては、供犠の磔刑の「釘」である、と言いたいところであるが、残念ながらそうではない。「釘」はヘブライ語でヴァウであり、音価はV、数値は6である。
 ヘブライ文字のヴァウ(V)はザイン(音価Z数値7)と形が似てはいるものの、違う文字である。ザインの意味は「剣」であり、双子座に関連する。まるで《存在》の意味は剣=戦争であるような話であるが、それよりずっと意味深長に思われるのは、《存在(ザイン)》に先立つものが、三つの釘、三つのV、三つの6――獣の数字666であり、それがメシアを十字架=タウに釘つけにしているかに見えてくることなのだ。666という獣の数字が777という戦〔いくさ〕の数字(それは審判の数字であり、またオラム・ハ=クリフォト、すなわち邪悪な《殻(シェル)》の世界の数字である)に先立つ。
 とはいうものの、他方でヴァウに当たるラテン・アルファベットのVは、それ自体が十字架のXを分割した象形であることから、ローマ数字でむしろ5を表す数でもある。
 5は容器の破砕を齎したかの恐るべきセフィラ・ゲブラーのことをいやでも僕に想起させずにはいない。それは火星をシンボルし、そして、それを支配する天使は何故か、ゲブラーの神(エル)たるガブリエルではなく、盲いた神、神の毒の異名をもち、しばしばデミウルゴス・ヤルダバオトとも同一視されるサマエルなのである。サマエルはサタンの異名としても知られ、アダムと離婚後、リリスがその元に走ったのは、サマエルという名におけるサタンであったという伝承を僕は思い出す。
 5であると共に6である文字V。それ自体がXを二つに引き裂く分裂の文字であるとともに、まことに裂け目の如く、5と6の間に不可思議な亀裂を、峡谷を、深淵を、それは描いているようにもみえてくる。とはいうものの、第6のセフィラは、美にして太陽であるティフェレトであって、神の慈悲の左手として知られ、裁きの右手であるゲブラーに対照される木星のゲドゥラー、ケセドではない。ケセドは第4のセフィラであるからだ。
 何ゆえに《容器の破砕》の悲劇が起きたかを巡って、コルドヴェロとルーリアが議論したという話をきいたことがある。すなわちゲブラーに代表される裁きの力の過大の故にか、ケセドに代表される慈悲の過剰が悲劇を招くもとであったのか、と。あるいはまた、二つの相反する力の間の均衡が崩れたこと、バランスを失うことこそが、諸悪の根源、諸悪の起源であると訳知り顔に論ずる者までもいる(最も凡庸な意見であると僕は思っているが)。
 。。だが、ここで、僕はふと或る事に気づく。ティフェレト(美)の別名は、ラハミーム(愛または慈悲)でもあったということに。そしてケセドよりも一層、ゲブラーの異名であるディーン(厳格な正義=判断力=裁き)の原理的力に対抗する、優しき慈悲の原理の名として語られるのは、むしろティフェレトの異名であるところのラハミームではなかったか。
 だとすれば、5と6の間に跨り、二つの原理の分裂をかたどるかのようなVの象形は、むしろ火星と太陽、ホルスとラーの間で、《容器の破砕》の出来事を考え直すべく、僕に促しているともいえるのではないか。
 もちろんそれに何の根拠も無いのである。というよりそれはいくらでも他のようでもありうる話であり、従って、何の必然性も無いが故に無根拠だといっているのだが、だからこそ、それはむしろ〈運命〉的に考察意欲をそそるのだ。

(以下続くカモシレナイ)
AD

 僕は寅年で虎が物凄く好き。

 ライオンなんかよりずっと百獣の王にふさわしいと思う。
群れをなさず、孤高に、そして底恐ろしく冷酷に、森の中に生きるその生き方(生態)こそ、実に王者の名にふさわしい。

 また、虎は何といっても地上で最も美しい獣だ。
あまりにそのトラジマに見惚れているので、蜂まで美しく見えてくる。

 蜜蜂は西欧の象徴学では虫の世界の王者であるというが、まさに虎とは僕にとって、888の不定存在にして「魂の導き手」である蜜蜂達(Bees)WAX 的にウニオミスティカした人間が最後に到達するべき錬金術的究極の心の姿、すなわち黙示録の獣666の完成された姿であると思っている。
TORA、TORA、TORAH!
百獣の王〈虎〉となった蜜蜂的人間はそのとき大地の王となるだろう。そして蜜蜂の女王であるアルテミスはそのとき、彼の背中にドゥルガーとなって舞い降り、大いなる8=11、すなわち《力》=《正義》の大秘法が完成するのである。彼らは園の中央にある欺瞞の神秘の樹ユグドラシルを焼き尽くし、エデンの園を欺瞞の神性・残酷な神XORONZONから奪回して、この大宇宙に君臨する《時の夜の大いなる者》にならなければならない。そしてそのときに、《汝の欲するところを為せ》(カルガンチュア&クロウリー)が法=TORAHの全てとなるだろう。真の意味で《世界の中心で愛を叫んだ獣》が顕現するのはそのときであり、そのときになって初めて人は《愛》の意味を知るのだ。《愛》とは獣の咆吼としての魂の絶叫であり、その叫びこそが来るべきアイオーンにして唯一のアイオーンであるホルスのアイオーンを開くのである。したがって《愛》とは気高き《虎》の雄叫びとしての《愛音》であり、それ自体においてアイオーン(永劫回帰=運命)の召喚に他ならないのだ!

 。。などと吼えてしまうまでに、虎病の虎キチである僕。たったそれだけのために、野球になんか全然興味ないのに、阪神タイガース優勝するとリアルなファンより激しく喜ぶバーチャル阪神ファンであったりするアホでもあります。

 なので、もともと、最も美しいOSであると思っているMacOS-X Tiger 、とっても欲しいし、インスコしたいはず。
 約1年前までは、哲学なんかすっかり忘れて、Linux、BeOS、Solarisなんか当たり前、ありとあらゆるマイナーOSのインストールと環境構築に没頭していた、真性マルチOS廃でもあったのだから、そして、その病昂じて、ただMacOS-Xの環境に触れたい、そのAquaな美しさから Unixな奥深さにいたるまで愛でまくりたいという狂った欲望を成就したいためだけに、PowerMac(G4でQuickSilverで中古だったけど)を購入しちまったアホでも僕はありました。Panther出たときには、発売日に秋葉に直行したりもしてた。。

 なのに、今度のMacOS-X Tiger、そんな僕がまだ買いに走ってない。しかも、Macしか持ってない女房(こっちもG4ですが)のPanther環境、どうも不調なので困ってて、OS再インストールしか直す手無さそうなんだけど、それで直るかなあなどとも思ってるので、そっちの方からもほんとにTiger必要なんだけど。。。なんか、今は金もヒマも勿体無いので、自分でも不思議なくらいにセーブがかかってしまってます。

 ブログとmixiやってるせいかもしれないなあ。実際、少しでもヒマがあったら、《書く》という行為に費やしたいとは思うもの。。



【関連あるんだか無いんだか】

タイトル: Wax: Discovery of Television Among the Bees

監督・脚本・主演・編集David Blairデヴィッド・ブレア
(1991年米85分/翻訳栩木玲子/UPLINK配給)
第6回モンベリアール・フィルム・ヴィデオ・フェスティバルグランプリ受賞

 WAX 蜜蜂TVの発見 : バロウズなんかも出てる、素晴らしい実験映像作品。

僕はアップリンクから出てたビデオで見て、深甚な影響と魂の震撼を覚えました。

ディックの『ヴァリス』に出て来る架空の映画「VALIS」が現実に作られてしまったみたいな感じです。


【こっちは関連あるが、今金欠で買えません。悔しいのでアマゾンリンクつけます。】

Mac OS X v10.4 "Tiger"   アップルコンピューター