いよいよ明後日に迫った伊藤マサミ&小栗諒のイベント「MA t RO ska~Re:sakura~」

グッズ&ドリンク・フードのラインナップをご紹介!!
ここでしか堪能できない夢の時間を、どうぞお楽しみに…。



*限定グッズ

MA t RO ska バーテンブロマイド4枚1組
1000円
※それぞれ【MA】と【RO】2種類御座います。

RE:sakuraブロマイド4枚1組
1000円
※それぞれ【MA】と【RO】2種類御座います。

マとリョは仲良しブロマイド(ツーショット)4枚1組
1000円

桜と君ブロマイド(ツーショット)4枚1組
1000円

スペシャルブロマイド「もうお前ら付き合ってるだろ」6切り2枚1組
2000円

マかリョと君と…2ショットチェキ・・・1000円
※ご注文後整理券を配布し、退店30分前より撮影開始します。

マとリョと君と…3ショットチェキ・・・1500円
※ご注文後整理券を配布し、退店30分前より撮影開始します。




*ドリンク&フードメニュー

Cafe Time(12:30-16:00)

*アイス・・・500円
・ウーロン茶
・コーラ
・オレンジ
・ジンジャエール

*ホット・・・500円
・コーヒー
・紅茶

*イベントカクテル「マトリョシカ」(オフショットチェキくじ付き)・・・1000円
※Cafe Timeではノンアルコールのみとなります。

フード
・BAD APPLE(リンゴケーキ)・・・500円


★Bar Time(17:00-20:30)

*アルコール・・・700円
・瓶ビール(小瓶)
・シャンディガフ
・カシスオレンジ
・ウーロンハイ
・カシスウーロン

*ソフトドリンク・・・500円
・ウーロン茶
・コーラ
・オレンジ
・ジンジャエール

*イベントカクテル「マトリョシカ」(オフショットチェキくじ付き)・・・1000円
※ノンアルコールも御座います。

マかリョが、お席の目の前でシェーカーを振らせていただきます。


フード
・ローリンガール(ミックスナッツ)・・・500円
・炉心溶融(焼きチーズチップス/ソース付き)・・・500円


皆さまのご来店、心よりお待ちしております!

お問い合わせ
info.matroska@gmail.com
AD

「MA t RO ska」へようこそ…

テーマ:
僕、伊藤マサミと小栗諒のイベント
「MA t RO ska」のチケット発売日が決定しました!
定員少数!僕たちの店で楽しく過ごしましょう★

♪イベント名♪
「MA t RO ska ~Re:sakura~」

♪日時♪
4月29日(金・祝) 17:00-20:30
受付・開場17:00
※上記時間内でしたら何時にお越しいただいてもかまいません。(時間によりステージイベントあり)

♪会場♪
コラボカフェ(渋谷)
住所:東京都渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F
渋谷駅より徒歩10分

♪入場料♪
3000円
※ドリンク、フードは別途ご注文、お支払い。

♪ご予約♪
https://www.quartet-online.net/ticket/matoryo
4/12 19:00開始
※定員25名
※先着順
※お友達とお越しでお席のご要望がある場合は備考欄にご記入ください。(席の配置の都合上ご要望にお応えできない場合もあります。)


※注意事項※
●店内は禁煙です。
●お時間より前にお並びいただくことはできません。お時間に合わせてお越しください。
●少人数限定イベントのため、直前のキャンセルはご遠慮ください。

menu
アルコール・ソフトドリンク各種
オリジナルカクテル
フード各種
※詳細は後日記載


Event
1・BAR Time~マとリョが皆様のテーブルにまいります~
2・マとリョ開店記念ステージイベント
3・マとリョとゲーム

Goods
ここでしか販売しないマとリョのオリジナルグッズ有り
※詳細は後日記載
AD

役を受け取るってこと。

テーマ:
今日も今日とて地獄へ。

役者だけで参加するのは本当に久しぶりで、改めてこちら側で見ていると、本当に色んな人に助けられてるなーと思う。

役者側からじゃないと分からない感謝もあって、一つ一つが、ちゃんと責任をもって戦っているから、Liveが成立するんだなって思うんです。

原作があろうがなかろうが、関係なくて、創る人には創る人の世界があって
きっと、「てにをは」一つとっても悩んで、考えて…


どうすればこの世界が素敵になるだろう。

役者が光るだろう。

打ち込んでくれるだろう。

喜んでもらえるだろう。


そうやって育てた思いを役者は受け取るんだなって、改めて思うんです。

だからこそ、裏切れない。

まずはカンパニーを、創造主を、創造主が創ったキャラクターを、それらが大切に抱いているまっすぐな思いを、裏切っちゃいけない。

だってね、きっと悲しむから。泣いてしまうから。
与えられたキャラクターだってまっすぐいきたいはずだから。


役者だって一人の人間だし、僕だって僕だ。
だからまっすぐ向き合うっていうのはとても難しいことだけど。

人としてとかそういうのじゃなくて、エンターテイナーとして、向き合うと決めたなら、まっすぐいなきゃね。と、今更ながら改めて勉強してる毎日です。


では、今日も向き合います。

あなたたちが作り出した世界を、大切に大切に、ぶちかましてきます。

「おやすみ ジャック・ザ・リッパー」公式ホームページ

http://zen-a.co.jp/OJR2016/mobile/
AD