7ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
人間の遠隔操作の被害なんとか解決したいですね。
全世界で隠ぺいするのは止めて欲しいです。


興味深い製品が販売されていますのでご紹介します。



ニューロフィードバック式脳波修正装置




スカラー波発生装置


これらが脳の遠隔操作の被害に関係して作られたものではないかと思ってしまいます。被害は病気として扱われる事が多く、また、病気の症状に似せて加害が行われるので余計そのように思われるでしょう。そして、なんらかの治療を施されてしまいます。

本当に困ったものです。

また、何かありましたら更新します。

今年も宜しくお願い致します。

AD
緊急 重要 カリフォルニアのリッチモンドカウンティーでspaced basedマインドコントロールを禁止

http://richmond.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=2&clip_id=3811

カリフォルニアのリッチモンドカウンティーで武器被害者の訴えを聞き入れSpace based マインドコントロール武器(宇宙空間に基盤をおいたマインドコントロール武器)による住民に対する攻撃を禁止するための法案を採択した。
このビデオの
03:10:07からです。

この方法ならリッチモンドが合衆国のやっている事に反対している訳ではなくサポートしている という形で 市民に対する攻撃を禁止して住民を助ける事ができるのではと考えたようです。
合衆国の法案として通ったというのは勘違いのようですが 国連では全員一致で採択されているようです。
合衆国では3616というもっと弱いものに書き換えられた法案は採択されたようです。

03:26:10あたりから
被害者の話が始まります。

さらに ドクター スペンサーの一般的な説明(人間の脳の働きが スーパーコンピューターでとらえられ脳に影響を与える事が出来る、まるでサイエンスフィクションもどきのテクノロジーで一般市民が攻撃され しかもそれは完全に倫理にもとる攻撃でアメリカの憲法で保護される人権を侵害するものである事、精神科の医師たちはサイコトロニックウェポンの被害者を精神異常の診断から除外すべきだがそれをしていないという事を話しています。
次にBEN COLODZINという心理学者の説明が入っています。
彼が診断するまで統合失調と診断されていた診断しなおしています。わたしの仕事はこういう診断を診断し直すことです。
私の仲間達が既にナノテクノロジーなどでフリークエンシーエミッシ ョンの或るTIを発見しています。
銃で撃てば警察がケミカルテストで特定できるでしょう?
ここにスミソニアンマガジンの今月号があります。未来はここにある。脳と脳のコミュニケーションが現実となる
とありますがTIはシンセティックテレパシー、V2K(脳への音声攻撃)、V2Kや人が思考をリモートから与える事を報告しています。そういう事を語った人を完全に精神病として閉じ込めて来ていたのです。
でもテクノロジーは存在する。
ナショナルナノテクイニシアティブという雑誌があります。過去15年に1.5ビリオンドルが政府の正規の予算として組まれている。裏予算まで含めばどのくらいに上るかわからない。
人間に実験プログラムとしてナノセンサーを 仕込めばもっと多くの情報がとれる。
技術は良くも使われるけれど 邪悪な 本人の同意無しの人体実験にも使われる。これについてはものすごく沢山の資料がある。ーー


日本でもこのように被害者の訴えに耳を傾けて下さる政治家の方が現れると良いですね。
AD
HIGH-LEVEL CRIME & CORRUPTION
AMERICAN FREE PRESS • MAY 9 & 16, 2011 • ISSUE 19/20 • WWW.AMERICANFREEPRESS.NET


Bioethics Commission Ignores Modern-Day Abuses

By Victor Thorn

One of the stated purposes of a handpicked
panel known as the Bioethics Commission is
to apologize for past abuses committed by
the U.S. government, some of which included
the noted Tuskegee syphilis experiment, various
unwarranted radiation tests and unwitting Guatemalan
subjects infected with sexually transmitted diseases.
Secretary of State Hillary Clinton called the Guatemalan
STD case “clearly unethical.”
“I beg you, please help us,” said citizen Lisa Becker
on March 1, when Obama’s Bioethics Commission met
in Washington, D.C. Her gripping words were directed
to Amy Gutmann, the head of this panel that is ostensibly
concerned with past abuses even as present-day
abuses are tossed in a padded room, so to speak.
The dark annals of history also chronicle covert CIA
agents giving unsuspecting “johns” hallucinogenic
drugs, and Dr. Ewen Cameron’s barbaric sleep-room
experiments in Canadian mental hospitals.
However, the Bioethics Commission faced an unexpected
moment during its public comment session
March 1 when 20 speakers delivered a powerfully distinct
message: Non-consensual human experiments are
still being conducted on thousands of Americans to this
very day, and they want these abuses to stop.
On April 20, this AFP writer participated in a conference
call with many of the individuals who appeared in
Washington before the commission.
One woman, 36-year-old Tammy Battaglia, described
the process of brain mapping and said she had been taken
to a laboratory at CIA headquarters in Langley. Ms.
Battaglia and others stressed that this type of abuse can
even negatively affect other family members.
She told the commission, “I have not consented to be
experimented on by any branch of the government, military
or members of the American Medical Association.
. . . Nobody should have the right to maim or torture any
other person or to treat them in the cruel manner that I
have been treated under the guise of national security.”
Ken Rhoades sent a videotape of the open microphone
testimony to this writer, and what unfolded on
March 1 was riveting.
Texas doctor John Hall spoke of an alarming rate of
complaints associated with the use of radiation weapons
that are debilitating victims.
Author Allen Hornblum, who has written on the use
of prison inmates and children as test subjects, emphasized,
“Medical ethics is an orphan in today’s medical
arena.”
Others that day reported burns on their bodies from
torture, RFID tracking chips, the Navy’s Project Medusa
microwave weaponry, the implantation of false memories
and additional forms of psychological torture.
During our conference call, John Peter Rosenholm
delved into the subject of sub-vocal speech recognition
before broaching the topic of a patented Army procedure
that utilized “Voice-to-Skull Devices,” or V2K.
The Army’s own website describes V2K as, “A
neuro-electromagnetic device which uses microwave
transmission of sound into the skull of persons by way
of pulse-modulated microwave radiation.”
Rosenholm also warned that the government “can
falsely place someone in the hospital, then have a free
ticket to do anything it wants.”
Another man known to AFP readers, former FBI
agent Ted Gunderson, exposed the concept of organized
gang-stalking whereby targeted individuals are subjected
to around-the-clock surveillance and harassment by
rogue elements within law enforcement and the intelligence
community.
Considering the long, well-documented history of
secretive intelligence programs such as MK-ULTRA, if
U.S. congressmen are fair game for mind control,
should anyone be surprised that tests are still being conducted
on everyday citizens without their consent? Or,
as Gunderson commented, “This makes the old
Cointelpro program look like a Boy Scout jamboree.”
Saddest of all, the public rarely sees a glimpse of
these extreme tortures because, when the 20 victims
approached Ms. Gutmann and her Bioethics Commission,
every member of the media present that day
stood up and immediately left. All of these so-called
journalists showed they are more than willing to promote
the Obama agenda by focusing on past horrors,
while ignoring the people still being abused today.


機械翻訳

の述べた目的の一つは、厳選
生命倫理委員会として知られているパネルである
が犯した過去の人権侵害について謝罪する
米政府、そのうちのいくつかは含ま
さまざまな指摘タスキーギ梅毒実験、
不当な放射線テストと無意識のグアテマラ
性感染症に感染した対象。
ヒラリー·クリントン国務長官は、グアテマラと呼ばれる
STDケース」を明確に非倫理的な。」
「私はあなたを請う、私たちを助けてください、「市民リサベッカーは言った
オバマ大統領の生命倫理委員会が会った3月1日、上
ワシントンD.C.の彼女のグリップ単語が向けられていた
エイミー·ガットマン、表向きで、このパネルの先頭へ
でも、今日のような過去の虐待に関心
虐待は、いわば、パッド入りの部屋に翻弄されている。
歴史にも記載秘密のCIAの暗い年代記
疑うことを知らない「ジョンズ」を与える薬剤幻覚
薬、および博士ユエン·キャメロンの野蛮な睡眠室
カナダの精神病院での実験。
しかし、生命倫理委員会は、予想外に直面していました
そのパブリックコメントセッション中に瞬間
20スピーカーが力強く明確な配信3月1日
メッセージ:非合意の人体実験されている
まだこれにアメリカ人の何千もの上で行われている
まさにその日、彼らはこれらの人権侵害を停止したい。
4月20日に、このAFPライターは、会議に参加した
に登場した個人の多くと呼んで
ワシントン委員会の前に。
一人の女性、36歳のタミー·バタグリアは、記載され
脳マッピングのプロセスは、彼女が撮影されたと述べた
ラングレーのCIA本部で研究室へ。ミズ.
Battagliaの他は虐待のこのタイプはできることを強調した
でも、否定的に他の家族に影響を与える。
彼女は私がすることに同意していない」、委員会に語った
政府、軍のいずれかの支店が上の実験
または米国医師会のメンバー。
。 。 。誰も不具またはいずれかを拷問する権利を持つべきではない
その私が残酷な方法でそれらを治療するため、他の人や
国家安全保障を装って治療されてきた。」
ケンローデスは、オープンマイクのビデオテープを送った
このライターに証言、そして何に展開
3月1日には、リベット打ちました。
テキサス医師ジョン·ホールはの驚くべき速さについて語った
放射線兵器の使用に関連した苦情
それは、犠牲者を衰弱されている。
使用に書いている著者アレンHornblum、
試験対象として刑務所の受刑者と子どもの、強調し、
「医療倫理は、今日の医療の中で孤立している
アリーナ。 "
その他その日から自分の体に火傷を報告した
拷問、RFID追跡チップ、海軍のプロジェクトメデューサ
マイクロ波武器、偽記憶の移植
と心理的な拷問の追加フォーム。
私たちの電話会議、ジョン·ピーターRosenholm間、
サブボーカル音声認識の対象と掘り下げ
特許取得済みの陸軍手順のトピックをブローチ前
その利用の「ボイス·ツー·スカルのデバイス」、またはV2K。
陸軍の自身のウェブサイトではV2Kを、「Aとして説明します
ニューロ電磁装置のマイクロ波を使用しています
ところで人の頭蓋骨に音の伝達
パルス変調されたマイクロ波放射の」
Rosenholmまた、政府は「できることを警告した
誤って自由を持って、その後、病院に置く
チケットは、それが望んで何もする。」
AFPの読者に知られている別の男、元FBI
エージェントテッド·ガンダーソンは、組織化の概念を暴露
ギャング·ストーキングすることによりターゲットに個人がかけられる
で約24時間の監視と嫌がらせに
法執行機関や諜報内の不正な要素
コミュニティ。
の長い、よく文書化の歴史を考えると
そのような場合、MK-ULTRAとして秘密諜報プログラム
米国の議員は、マインドコントロールのための公正なゲームです
誰もがテストがまだ行われていることに驚いすべきである
彼らの同意なしに、日常の市民に?または、
ガンダーソンがコメントしたように、「これは古いを作る
コインテルプロプログラムは、ボーイスカウトジャンボリーのように見える。」
すべての最も悲しいが、国民はめったにを垣間見る見ない
これらの極端な拷問時20犠牲者、なぜなら
さんグートマンと彼女の生命倫理委員会に近づいて、
メディアのすべてのメンバーは、その日に提示
立ち上がってすぐに左に。これらのいわゆるのすべて
ジャーナリストは、彼らが推進して喜んで以上のものが示された
過去の恐怖に着目し、オバマの議題、
人々を無視して、現在も虐待されて。

AD

CHANGE.ORG の署名

テーマ:
私は先ほど「United Nations Human Rights: Ban neuroweapons」というキャンペーンに賛同しました!

この課題は非常に重要だと感じています。一緒に賛同していただけないでしょうか?

詳しくはこちらリンクをご覧ください:

http://www.change.org/p/united-nations-human-rights-ban-neuroweapons

よろしくお願いいたします。



United Nations, please recognize neuroweapons as a threat to our global society and enforce behavior, legislation that leads to better civil protection and human rights.
弁護士 Myron May (31歳)の銃乱射事件


2014年11月20日(金)夜にMyron Mayが母校であるフロリダ州立大学の図書館で銃乱射事件を起こし学生を含む4人を負傷させ、本人は警察官によってその場で射殺されました。

Myron Mayは標的にされた個人、つまり ”Targeted Individual”であり、彼自身被害を自覚したのは2014年9月7日に職場の弁護士事務所から自宅に戻る時、何人もの黒いサングラスをかけた男達の運転する車に追いかけられ、自宅に戻るとアパートが侵入されており、電話が工作されていたそうです。 事件を起こす迄の3か月間にあらゆるギャングストーキング行為と睡眠妨害を含む酷い電磁波攻撃を受けており、職場であった弁護士事務所も辞め、引っ越しを繰り返し、友人、 隣人、家族からさえも嫌がらせを受け、経済的、精神的、情緒的にも疲弊し、将来に絶望していました。

絶望したMyron Mayは理不尽な現実にメディアの注目を集める為に、他の何千人いるとも言われているアメリカに存在するTIが少しでもこの被害から解放され救済されることを願い、用意周到に計画した覚悟の自殺である銃撃事件を起こしました。

犯行2日前にはで事件を起こす目的、今までTIとしてどの様な酷い拷問を受けてきたか克明に語った自作のビデオを作り、また遺書もFacebookに書きこんでいました。自分の死後ビデオをネットに挙げ、事件の真実がネットから削除されるようなことがあれば再度ネットに挙げてくれるよう懇願し手紙とビデオを収めたUSBフラシュメモリーを信頼するFFCHSのロビンソン氏を含む8人のTI達に配達証明付書留郵便で送っています。そして、その郵送物の中には上院、下院議員宛てこのTIの問題を調査するようにお願いする手紙、そして同じフォームでできるだけ多くの人が、議員宛て捜査に着手するよう嘆願書のフォームを作りUSBと一緒に同封しました。

然しそれらの郵便物は事件直後にFBIや警察によって差し押さえられ、または受取人から回収されてしまっていますが、 本人の書いた遺書や本人が作成したビデオは友人によって、1月からYouTubeに載せられています。

2014年12月16日に大陪審が開かれ、警察の詳細な事件記録が作られています。

余談ですが、11月20日の事件翌日にはTIを擁護しているネットのブロードキャスターであるPete Santilli氏が1時間の報道番組を設けてくれ、FFCHSのロビンソン氏を含む数人のTIがゲストに呼ばれ、問題の深刻性を訴えました。Myron May はFFCHSにも会員登録をしており、事件直前にFFCHSにも電話をかけてきたそうですが、留守番電話になっていたそうです。ロビンソン氏は電話で話せていたら事件を止められたかも知れないと悔やまれていました。 その後、FFCHSでは緊急連絡用の電話をボランティアの持ち回りで24時間受け付けるようにシステムを作りました。 彼の弁護士としての優秀な能力をTI問題の解決に生かされなかったことは非常に残念です。

彼の証言によるとTIとしての被害認識をしてからは、数か月の間に酷いgangs stalking (アンカーリング, ノイズキャンペーン、ストリートシアター、そして近隣住人や友人を抱きこんでの嫌がらせ)、音声送信(V2K)とDirectly Energy Weapon (胸への電磁波照射)、睡眠妨害と職場での嫌がらせによって退職と、色々な所へ逃げても同じような被害が続き、心身とも疲弊し、生活も困窮していたそうです。

彼の詳細な記述によると彼は政府から狙われていると主張していました。政府関係や警官、市民グループ、また、隣人、近隣の監視グループ、友人や家族さえも、お金の為か、脅かされたか、嫌がらせをする仲間になっていたと書いています。このやり方は正に国防総省の“Joint Targeting Process”として書類に載っているやり方です。

このMyron Mayの銃撃事件の真相がネットに揚がり、初めてメディアに“Targeted Individual”という言葉が使われたようです。


Myron May の遺書

(配達証明、受取確認郵便)
2014年11月17日

To: Ms. Renee Pittman Mitchell と他の受取人へ

この手紙の目的は3つあります。最初に、あなた方に私個人のこの話を世の中から消し去られないように切にお願い致します。この手紙と一緒に私がTargeted Individual であることを認識してからの数か月に耐えた、経済的、感情的、精神的な痛みについての証言を記録したUSBメモリーを 同封しました。私は文字通り生き地獄を味わらせられました。アメリカには何千人ものTargeted Individualがおり、我々の政府の手によって毎日苦しまされています。個人的には過去数か月間私は法の執行機関である警察によって、至る場所で酷い嫌がらせを受けてきました。

2番目に、事件後数日から数週間に渡り、あなた方は多くの人が私について精神的疾患を抱えた人物だというラベルを貼るようなことを耳にするでしょう。もし、グーグルで“Targeted Individual”, “Gang Stalking”,

”Freedom From Covert Harassment and Surveillance”または Dr. Robert
Duncanと検索すれば、まだ広くは知られていませんが、私が経験したことが正に本当であると分かるでしょう。加えて、全く同じ検索で種々ビデオをYutubeで見ることができます。我々の政府は一般人の知識不足につけ込み、真実を認めず、TI自身の精神疾患に起因するかのように疑問を抱かせる感情的な問題として向けていくようにもできるでしょう。それは、一般の罪のない人々をひそかに拷問するシステムが我々の国内で起こっている事です。私は誰にでも私が何を本当にしようとしているかについは話してはいません。あなた方8人だけが私がしようとしていることについて全てを理解しています。しかし、私のゴールは、毎日を苦しみぬいているTIの為に多くのもっと必要とされるメディアの注目を集める事です。何故ならば、我々は殆ど資産持たない少数グループであり、このことは世間から無視されることと一致するのです。

3番目に、議会宛ての嘆願書サンプルレターを同封します。できるだけ多くの人に手紙のコピーを送ってもらえるように努力してください。私の願いはもし十分沢山の人がもがき苦しんでいるTIに真の関心を寄せたなら、それによって議会が中止する為の何かをしなければならなくなるからです。それは1970年代のコインテルプロが偽りの中止となったようなものでは無く。

この様な責任をあなた方に背負わすことを謝罪致します。然しあなた方は私が知る信頼できる方々です。Mitchell氏は私の話が消されることを許さないと確信しています。私は切に次の3つのことをお願い致します。

1) あなた方自身で私の話しのコピーを保管すること。
2) コピーをメディアに渡すこと。
3) Mitchell氏にコピーを送ってはいますけど、阻止されることを恐れているので、Mitchell氏がコピーを所有することを確認すること。
4) 私の話がインターネット上からから削除されないように注意してください。YouTubeもビデオ等も同じく。もし、インターネットから消されるようなことがあれば、直ちに全部をアップロードし直してください。沢山のことをお願いしていることを十分承知していますが、どうか私に手を貸してください。

最後に私の魂の為に祈ってください。私は今でも正直将来に臨みは無いと感じます。従って、私は他の私と同じような境遇の人たちが嫌がらせを受ける生活から逃れ、普通の生活に戻れる為に自分を犠牲にします。私のやり方はベストの選択だとは思いません。そして、キリスト教徒として多分認められない選択でしょう。しかし、数か月絶えず何かの役に立つことを祈ってきました。何の救済もなく数十年もこの拷問に耐えているTIもいます。そしてTIが何よりも最も必要としているのが、メディアの注目です。

他のTI: 1.Randy Quaid