死の伝染病と第四の壁

テーマ:
『不可逆的な美しさを思ふ』

ーAKB48 第4回 選抜総選挙によせてー

世の中に不変なものはなにもないという。それを仏教では「諸行無常」という言葉であらわす。例えば「私」という個体は見た目には10分前、1秒前の「私」となんら大差ないように見える。しかし、細胞の観点からみると何千という細胞がこの一瞬一瞬で「私」の中で生まれ、死亡している。全ての存在はたとえどんなちょっとした瞬間でもそのものが一つところに同じ形ではとどまっていることはないのである。
だが、今日私は不変の存在というものを垣間見たような気がした。「大島優子総選挙第一位」
強い、強すぎる。次期センター候補の筆頭であった渡辺麻友に3万票ほどの大差をつけて勝ってしまった。リアルタイムで中継を見ながら、3位に柏木由紀の名前が呼ばれた時、もしかしてという私の期待をあっさり裏切って1位になってしまった。彼女が卒業する以外にセンターを明け渡す可能性が私には考えられない。AKBの中で圧倒的絶対的存在になってしまった大島優子のこれからに期待である。

そして今回大躍進を遂げたのは4位になった指原莉乃であろう。彼女の最近の活躍は言わずもがなである。特にバラエティー番組での活躍は素晴らしい。だがキャラが良い分、この現代の移り変わりが激しいバラエティーの世界でただ消費されるだけになるのではないかと不安になる。今後の彼女の地力というものに期待したい。

今回、私が陰ながら応援していたのがSKEの秦佐和子さんである。24位という順位になって見ている人は見ているなぁっというのが私の感想です。あのなんとも言えない癒し系の感じでありながら年は他のメンバーより上なのでお姉さん的存在で、例えるならちびまる子ちゃんのたまちゃんみたいな存在と言えるであろうか。私が上杉謙信役として大河ドラマに主演したとしたら側にいるくのいち役として武田家の情報をぜひ秦さんに探ってもらいたいものである。そういえばあの秦さんの優しい雰囲気はうちの父親にもまた似ている。父もまた秦さんの良さをきっとわかってくれるにちがいない。

文責:高倉ナオヒト

----------------------------

『橋本市長は現代の松尾芭蕉に成りうるか?ーリラックマの視点から今を斬る』


近年、先の見えない停滞状態が続いている日本政治であるが、その中でも活発に動き、良くも悪くも話題をよんでいる人がいる。橋本徹大阪市長だ。大阪府知事時代でみせた行動力は今でも健在で、一部では「ハシズム」と揶揄されるほどある種強行的に市内の問題に斬り込んでいっている。

さて、その橋本市長は弁護士時代から様々な強烈な発言をしている。テレビやラジオにおいては度々過激な発言をし、数百件もの苦情や果ては謝罪沙汰などになっているのだから、このときから人々の注目をあつめているのだ。このように世間を惹きつける言葉を紡いでいく姿はまさしく俳諧師、そう松尾芭蕉のようである。現在は政治の世界に入っていってしまっているせいか、「今の僕なら阿川佐和子さんを即妊娠させられますよ」といった過去の名作のような言葉はあまり聞かないが、今後もその活発な動きとともに鮮烈な発言を期待している。

ただ、リラックマ的にはそんなことはいいからとりあえず寝たい。

文責:都筑直弥


---------------------------


『ベンチャー企業の敏腕女社長ではない女学生からの手紙』

女性の皆さん。簡単に自由に使えるお金ができる節約術、また簡単に身を守れる護身術があったら知りたくないですか?実は私が実践してみて、かなり効果のあった節約術・護身術があるんです。

まずは節約術。私は化粧品に注目しました。例えば、BBクリームなどのクリーム状の化粧下地。あれ結構高いんですよね。2000円以上します。しかも毎日使うものだから、3ヶ月もすればなくなってしまう。
しかし私は、半年は使えています。

ポイントは、適当量と粘り強さです。

化粧下地は、少なめにつけます。実は薄く伸ばしてつける方が、透明感が出るんですよ。また、チューブに入っているものは、使い終わったと思っても、実はまだたくさん中に残ってます。私はBBクリームのチューブを、粘って折り続けて、2ヶ月くらいになります。そのくらいの量が残っているんです。
このように、ちょっとした手間でかなり化粧品費用を節約できるので、ぜひ色々試してみてください。節約美人になりましょう。

そして、護身術です。
女性が一番危険なのは、夜道です。そこで、私が女性の皆さんにおすすめしたいのは、「夜道で童謡を歌う」です。私の周りの女の子たちもこの方法で、夜道が怖くなくなったと言います。森のくまさんがおすすめです。変な男の人といえども、夜中に童謡を歌うような変な女の子には近づかないのでしょう。かなりの効果が期待できますので、せび実践してみてください。

少しは皆さんのためになるお話ができたでしょうか?女性の悩みはつきません。私の話が、そんな悩み多き皆さんの、お力に少しでもなれれば幸いです。

大廣田 翔子

------------------------

『セクシャル・ソウル・ソサイエティ』

演劇好きなシャツinズボンの中年が大勢たむろする下北沢界隈。

そこで真しやかに噂される都市伝説。

その真相は、夕陽だけが知っていた。

鴬谷のハプニングバー『ひよこ』には、今日も御機嫌な客がやってくる。

例えば、明治大学文学部で教授を務める比留間先生。

彼は幼い頃に月光仮面の姿に発情し、今でも月夜にサングラスを掛けた人間を見れば犬の如く発情してしまうのである。

比留間先生はある人を待っている。

それは、半年前にこの店で一度だけ出逢えた運命の女性。
バブル全盛期のようなトンボを思わせるサングラス。月光仮面のコスチュームを思わせる全身を覆う白いドレス。何より、白く輝く三日月の髪飾り…。
あの日以来、比留間先生は頭から彼女が離れず、授業中にあられもない姿と顔を晒すことが度々あった。
ついには、教授会で鼻を伸ばし、よだれを垂れ流し、目には熱い涙を堪え、失禁してしまったのである。
「はぁぁん…セクシャル!」

つづく

小林晃平

------------------------

『名台詞と美味しいコーヒーは人間を殺せるか?』

―自分が大河ドラマで主役をやるなら?

劇団員の間ではそういった話題がよく出る。頻出する。永遠の命題と断言して良いだろう。

読者諸兄は大河ドラマと聞いてどのような英雄が思い浮かんでいるだろうか。

大阪の猿、東北の独眼竜、西国の倒幕の志士、京都の判官・・・枚挙にいとまないこの国に生まれたのは、本当に幸せなことだと私は思う。まさにラッキーである。

だが、私はどうしてもそのような絢爛豪華なホウオウのようなイメージの影にいて、ヨルノズク然として静観する歴史の傍観者のほうに目がいってしまう。そういう視点が常に先行するのだ。このような私のオドシシ的スタンスは幼少時代を過ごした土地に、起源があるのかもしれないと最近思う。

私は初代ポケモンに出てきた水ポケモンの数ほどの土地を幼少時代点々としたが、一番長く留まった地はヨルダンと千葉であった。この二つの地に共通する特徴、それは、周辺地域の対立構造に巻き込まれていないことである。イラクとイスラエル、埼玉と神奈川という激しく対立する関係軸が隣接しているのにも関わらす、ヨルダンと千葉はコダック的といえるほどにピチュー的…平和である。これは意外としられていない共通点であろう。

また同時に、対立構造に含まれていない地域は経済的に発展しないという残酷な事実も私たちに教訓として教えてくれる。まるでオーキド博士のように。

思えば、あの町もそうであったのかも知れない。
まっさらな町、マサラタウンである。クチバ、タマムシ、ヤマブキと華やかな町とは対照的に、素朴な町として「ポケットモンスター」の中ではえがかれていた。ストーリー中でも全く争い=ロケット団とは終始無縁の町であった。「ポケットモンスター」フリークの私としては、マサラタウンのあのクオリアこそが、「ポケットモンスター」全体のクオリア(これはポケモンでない)であったように今となっては思う。

少し話はズレるが、年々のポケモン映画の劣化にはもう黙っていられない。
特に許せないのが「特典ポケモン」の存在である。慢性的な金欠で二回も映画館に足を運ぶことなど到底出来ない私にとって、あの商法は唾棄すべきものである。
最近お世話になった編集者が「電子書籍は戦いの道具ではない」と言っていた。それに倣って私も言おう。「映画は商戦の道具ではない」と。
「ミュウツーの逆襲」「ルギア爆誕」は素晴らしい出来だった。今のような時代だからこそ、内容で勝負するようなポケモン映画を作って欲しい。

真に美味しいコーヒーには苦味と酸味、コクと深みがあると井出勝隆(42歳独身、珈琲店店長)は言った。最近のポケモン映画制作者も彼の爪の垢を煎じて飲むべきである。
ただ、一つだけ言っておきたいのは別に私が今のポケモン映画にそこまで不満かというとそういうわけではないのだ。年々出演するポケモンは増えてきているし、そのおかげで世界観がよりきめ細やかに表現されるようになってきている。女の子はアニメよりも艶っぽいし可愛い。そしてピカチュウもいる。メジャーポケモン以外にもスポットライトを当てるキャスティングには涙さえ浮かぶこともあった。
だが、わずかに陰りが見える。私がいうのだから間違いない。制作者は危機感を抱くべきである。特に悪徳商法はマジでやめろ。無料配布しろマックで。金がねぇ。

私のこの文言が(株)ポケモンに通じ、ケガレに対する浄化装置としてのハラエのように、ポケモン映画の悪徳商法が撤回され、マサラタウンのような素朴な気持ちを思い出して映画製作が行われる日を心待ちにしている。

後家鞘俊彦


----------------------

数年前、モノレールで乗り合わせた人から「あんなに忙しいのに、一体いつ曲を作っておられるのですか?」と訊かれた。

私は、ちょっと照れ臭そうに「はい、ええと、お風呂に入ってる時にバーっと作っちゃうんです。」と、答える。

しかし、それは真っ赤な嘘だ。私は曲を作ったことがない。

なのに何故そんなことを訊かれたのだろう。

今でも不思議だ。


工藤真之介

AD

過去公演

テーマ:
演出の過去公演です。

大林十姉妹縁組以前のものも御座います。

以後、記録関係はここに。

----------------------------
2011年12月2、4日

毛皮のマリー

【脚本】寺山修司 (天井桟敷)
【演出】工藤真之介
【出演】
湯田真子
谷菜々子
廣田翔子
上坂悠
後家鞘俊彦
木村翔太
高倉直人

【記録】

大林十姉妹-k1

大林十姉妹-kiss

大林十姉妹-flash

大林十姉妹-none

大林十姉妹-end k

-------------------------------
2011年8月8、9日

現代遊廓概論

【構成・演出】
工藤真之介

【出演】
谷菜々子 高倉直人
後家鞘俊彦 大都築直也 上坂悠

【会場】
シアターグリーンBASE THEATER

【記録】

大林十姉妹-saf2

大林十姉妹-saf3

$大林十姉妹




------------------------------------

2010年10月1日~4日

説教節の見世物オペラ 身毒丸

【脚本】寺山修司 (天井桟敷)
【演出】工藤真之介
【出演】植野光
大都築直也 他

【記録】

大林十姉妹-op

大林十姉妹-noroi

大林十姉妹-ed


--------------------------------------

2010年 6月

修禅寺物語・改

【原作】岡本綺堂
【脚本】工藤真之介
【出演】大林三姉妹
    湯田真子 他
【記録】
大林十姉妹-05

大林十姉妹-p1


---------------------------------------

2009年 11月

むしんin音響の会

【構成】工藤真之介
【出演】横山龍顕
    荒幡智佳 他

【記録】
大林十姉妹-onkyo

大林十姉妹-onkyo2


---------------------------------------

2009年 6月

俊寛僧都瓶子頸折其余波(仮)

【原作】近松門左衛門
【脚本】工藤真之介
【出演】関根俊夫
    高知尾理 他

【記録】
大林十姉妹-shunkan1


大林十姉妹-shunkan3


-----------------------------
2008年 11月

大正トリカヘバヤ物語

【原作】作者不詳
【脚本】工藤真之介
【出演】唐澤恵莉
    井野詩織 他
【記録】
大林十姉妹-toributa

大林十姉妹-toriue

AD

少女文化の変遷

テーマ:

『西洋法制史から見たAKB48 そしてビジネスモデルとしての横顔新幹線』

高倉直人

歴史を変えるような非常識な出来事とは

えてして現行法に乗っとって行われるものである。

例えば第二次大戦下にドイツで政権をとっていたナチスなどはドイツ国民の支持を得てどんどん自分達の行政権を拡大した。
そしてそんなナチスと国民の支持を得ているという点で同様な組織が今日本にも存在する。言わずもがなAKB48である。彼女達の影響力というのは現在計り知れない。総選挙なんかしようものなら総得票数は小さな市町村のよりも高い。選挙の公平さというところに問題点はあるが、それも経済発展の為には致し方あるまい。

このようにビジネスモデルとして優秀なAKBであるが、それに勝るとも劣らない存在が存在する。吉本新喜劇の横顔新幹線ことおびたにさんだ。
彼の存在により新幹線という名称が普及したと言っても過言ではないのである。いつか沖縄から北海道まで新幹線が開通したらそれは横顔新幹線のおかげなのかもしれない。



『古事記とガンダムと私の暗黒時代』

後家鞘俊彦(旧 関根俊夫)


この三つはそれぞれ「歴史」として語られるに値する情報量を持っているが、この三つが同列に語られるということはおそらく少ない。

では、この三つのうちどれが歴史らしいと言えるか、あるいは歴史として語られるに値するか、少し考えてみてほしい。

勝手な決め付けだが、おそらく読者の中では、

古事記>私の暗黒歴史>ガンダム

という位置づけであろう。

しかし実際には

ガンダム>古事記>私の暗黒歴史

である。なぜか。

まず、ガンダムに関しての史料というのは数多く残っている。その数は古事記の比ではない。ガンダムという概念に関しても、機動戦士ガンダムというコンテンツに関しても、である。その点でガンダムの歴史という語ることは比較的容易であり、その全体像を正確に把握することもたやすい。



次に古事記である。この時代の史料というのはそもそもあまり多くない。であるから、歴史家はその全体像を把握するのに多大な努力を要する。それだけの努力をしていても新たな史料が見つかるまで断定はできない、という事象も多い。



最後に私の暗黒歴史である。そもそもこれは歴史と言えるのか。私の記憶の中にはありありとその情景を浮かばせることはできる。

口さえ聞けなかった初恋。どこぞで見たような自作小説に没頭した日々。はじめてインターネットでワンクリック詐欺にあった瞬間。



歴史とは、主として文書として残されたものを基に考察するものである。であるならば、私の暗黒歴史が歴史となることは一生ないだろう。それでいいのだ。

『ロックバンドから学ぶマネージメント戦略』

大都築直也



この世界には何十万といっても言っていいほどの数のロックバンドが存在する。その中で名の知れたバンドは多くて数百ぐらいだろうし、まして世界的にヒットしたものなんて一握りである。
多くのバンドは当然ながら世界デビューやヒットを望んでいる、つまり「グレイトになりたい」のである。ただそうなるのもやはりなかなか苦労が耐えないもので、2~30年やっても知ってる人は知ってるぐらいのままであるのもよくある話である。特にロックというものはその傾向が強く、ライブでは常に赤いタオル必須!みたいな固定ファンはいるのに、そもそも音楽としてロックをまったく聴かない人には曲どころか存在すら知らないみたいな悲しい結果は普通なのだ。
ここで考えられるバンドの方向性としては、
・商業セールスはそれなりでいいから、自分達の音楽と固定ファンを大事にする。
・No.1になりたい!ので自分たちの作りたいものではなくなるが「売れる曲」をつくる。

の2つが考えられる。もちろんこの両方ができたら一番いいのだが、そうもいかない。固定ファンは「売れる曲」には厳しく、離れてしまう傾向が強い。それまでの知名度は言うまでもなく今までのファンが築いたものなので、いきなり音楽性を転換するとファン層が一気に変わることもある。しかもそのような新しいファンは流行に敏感なので、別の曲が話題になればそちらにいってしまう。結果としてはどちらのファンもいなくなるという悲惨な事態になりかねない。
そう考えると固定ファン、言い換えれば「リピーター」の重要性に気づくだろう。近年のマーケティングでは新規顧客の獲得よりも現在の顧客維持に注目を置かれているらしい。流行の移り変わりが激しい現代だからこそ、それに流されることなく商品を愛してくれる人々を大事にしようということだろう。

ようするに人との繋がりって大事ってことだね。


乗ってくれ、HA~HA~


『調査報道が風俗を変える』

大林晃平



からんころん

 乾いた音が寂れた喫茶店内を一瞬だけ満たし、“影法師”そう表現してもさして違いない風体の男が闖入してきた。男は「珈琲」とマスターに短く告げ、一番奥の、光の最も当たらない席に自らを溶かすように滑り込むと、先日の“依頼”について思いを馳せた。
 探偵ジャーナリスト。
 それが彼、大島一夫の職業だった。
 201X年に施行された「風営店経営規制法」。ソープ、キャバクラ、ピンサロ…、あらゆる風俗店を禁じたこの法律は、正に現代によみがえった禁酒法であり、日本から風俗店は消え去った…。と、いうのは建前であり、本物の禁酒法同様、人々は逆に風俗という“禁忌”を施行以前よりはるかに追い求める結果となった。
 その結果生まれたのが“風俗ギャング”。風俗を純粋に求める者たちを甘言を弄して陥れ、血を啜り、肉をしゃぶり、骨ごと喰らう。そんな非合法組織だ。
 探偵ジャーナリストは、言うなればその悪魔どもとペンを武器に戦う戦士である。時には個人のため、時には社会に巣食う闇と相対するため、彼らは政府が発表する建前ばかりの会見発表から離れ、「百聞は一プレイにしかず」という“調査報道”の信念の下、日夜、跳梁跋扈する魔都、鶯谷を舞台に風俗ルポを行うのだった。
 その中でも大島は、奉仕する側である女性ですら骨抜きにする“鶯谷のゴールデンボール”と恐れられている凄腕の探偵ジャーナリストだ。
 そんな彼に新たな依頼が来たのは昨日の事だった。 依頼人は三十路手前の女性であり、大島は彼女に見覚えがあった。
「ええと、確か君は快楽天使のあけ…」
「蓼科撫子よ。朱美は源氏名。本名はこっち。よく覚えていたわね。」
 撫子は以前、大島が散々こき下ろした風俗店・快楽天使のナンバーワンだった女性だ。
「ん? なぜ本名を名乗る? 仕事の依頼なら源氏名で十分だろう?」
「あんたに依頼があるの。探偵ジャーナリストの大島一夫さん。」
この二人の出会いが後に風俗業界、いや、日本を震撼させるあの事件の鍵を握ることになるとは、この時誰が気付けたというのだろうか……。

『科学技術の発展がB`zに与える影響』

大林翔子


こんにちは。翔子です。
今回は、このまま科学が発展していったら、あの有名バンドBzさんにどのような影響が出てきちゃうかを考えてみますー。これで科学は嫌いだけどBzは大好き!みたいな方にも、科学に興味を持ってもらえると嬉しいです♪

さてはて、去年後世に残したいバンドランキング一位に輝いたBzさんですが、これは本当にいつか実現しちゃうかもしれません。つまり、後世にBzさんが残っちゃうんです!これはいわゆる「クローン技術」によるものです。同じ遺伝子をもった、もう一人の稲葉さんや松本さんを作れちゃうんですねー。これまでは、人間以外の動物でクローンを作ることに成功しました。例えば、1997年にドリーというクローン羊を作ることに成功しています!でも、凄い若さで死んでしまいました…クローン技術は、まだまだ危うい技術なんです。しかし、ある生物学者は、もうクローン人間を作れるまでに技術は発展したと言ってるそうです!これは夢が夢じゃなくなったのかもしれません!
でも…クローンBzなんてどうなんですかね?確かに、稲葉さんの歌唱力やら松本さんのギター技術、彼らの見た目から体質までをも表現するクローン、もしくは本物より良く改善されたクローンは、素晴らしい演奏を見せてくれるかもしれません。しかし、Bzさんの魅力って技術とか、歌唱力とかだけじゃないですよね?やっぱり、あのお二人だからでしょう?努力して、あそこまで登り詰めたあのお二人自身が、心魂込めて演奏するからこそ、Bzは輝いているんです。

これからもBzさんには、クローンなんかに負けない最高の演奏をし続けてほしいですね。彼らの代わりなんて、科学の力では作れないですから。先日観た金曜ロードショー「ゲド戦記」でも言ってました、死があるからこそ命は輝いているんだと…そういうことなんだと思います。

AD

千年後のために

テーマ:
『AKB三国志とビジネスモデルとしての法然』(高倉直人)


AKB48、TeamA TeamB TeamC。

三国志でいうところの魏・呉・蜀といったところか。

Team4もあるけれどもまだまだ残念ながら南蛮である。

TeamAは魏である。実際の三国志では蜀の方が主役扱いされやすいが最後にかったのは圧倒的に最初から国力充実・人材豊富であった魏である。その点を鑑みた場合TeamAは魏ということになろう。先の総選挙を見てもわかるように神の7人とよばれるトップ7にはTeamA・4人 TeamK・1人 TeamB・2人となっている。このことからTeamAの強さというのがわかって頂けるのではないだろうか。前田敦子・小嶋陽菜・篠田麻理子などきら星の如く輝く将星達がいるかとおもいきや、その下には指原莉乃・大家志津香といったAKBの隠し刀といっていい人材が揃っている。そしてそれら個性の固まりといえる人材をまとめる高橋みなみの存在が大きい。まとめあげるところはまとめ、引っ張っていくところは引っ張っていく。魏軍でいうところの司馬懿といえるのではないか。今は前田敦子の存在が大きすぎてあまり目立たないが案外いつの間にか高橋みなみがトップになっていたりするのではないのかなと私は思う。

TeamKについて考えてみたいと思う。三国志でいうなら呉ではないかと私は考える。TeamKのトップといえば言わずもがな大島優子。一人でTeamKというものを大きくしている姿は江東の虎と言われ諸侯から恐れられた呉の孫堅と非常に似てはいないだろうか。そして他Teamから移動してきて新たな風をTeamKに巻き起こしている板野友美。こちらは劉の下を去り呉に降ってから活躍した大史慈の如く存在である。そして忘れてはならないのが峯岸みなみである。頭を使い、自分がその場で求められている事をすぐに理解し、行動に移す。呉軍の頭脳である周瑜と同じではないか。これらの力があわさり去年の総選挙では大島優子がトップになるというまさに赤壁の戦いのような結果が起こった。これからも期待である。
TeamA、TeamKときて最後はもちろんTeamBである。この若く勢いがあるTeamはまさに蜀といって過言ではないであろう。TeamA・Kよりもアイドルな雰囲気が全体的に出ているのがなによりも蜀っぽい。

さてこれらAKBが売れていくにつれて様々な批判が生まれてくる。その一つが「AKB商法」というものだ。
具体的にはどういうものかというと同じ内容のCDをジャケットを変えて販売するとか中身の特典を変えて販売するとかいったものである。全てを集めないと気が済まないファン心理というのをよくつかんでいる方法だ。ビジネスモデルとしては大変参考になる。

このように人の心をきっちりと掴むということで自分のなむあみだぶつというお経を爆発的に広めた人がいる。法然上人だ。上人はなむあみだぶつというものが巷で流行りかけた時に他の偉いお坊さん達からいろいろ質問を受けたことがある。これが世に言う大原談議(実際本当に行われたかはよくわかっていない)というものでその場でなむあみだぶつに否定的であったお坊さん達にきっちり自分の意見を表明し最後にはなむあみだぶつとみんなが唱えるようになったという伝説が残っている。
このように一部から支持されるのではなく偉い人から普通の人まで幅広く取り込むというのがこれからのビジネスモデルに求められていくのではないか。

『なおやんぽ』(大都築直也)

みなさんおはようございます、名尾直哉です。
今週は下町ぶらり一人旅ということで、江東区の門前仲町の方に来ています。この町がですねぇ、昔懐かしいガード下の商店街が続いてまして、い~いところなんですよぉ。じゃあ、さっそく歩きましょう。

いやぁいろんなお店がありますよぉ。あ、ここはお菓子屋さんかな?きんつばが名物みたいですねぇ。
じゃあ、ちょっと頂いちゃおうかな…、うん、生地がすごいモチモチしてます、おいしいねぇ。ほらぁ、みんなも遠慮しないで、今日は僕払うからさ。カメラさんも食べて食べて。どう、おいしいでしょ?
やっぱり和菓子はいいですねぇ。じゃあ、もうちょっと歩いてみましょう。

ん、あれはなんのお店ですか?パチンコパーラー・ユタカ、パチンコですねぇ。でも、このネオンが老舗の雰囲気をだしていますねぇ。じゃあ、久しぶりにやっちゃおうかな。
お、また出たねぇ、これで12箱目だよ。今日はすごいなぁ、こんなにあっても困るよぉ。え、もう時間?え~と、まだまだ出そうなんですが、今日の散歩はここまでです。今日出た玉は僕の遺産としてこのお店に置いておくので、お店でサントリーのグルコサミン&コンドロイチンを3つ見せれば1箱分を差し上げます。このチャンスを逃さないよう、このお店まで散歩してくださいね。
それじゃあ、また明日!


『宮本武蔵との良好な関係の築き方』(後家鞘俊彦)

そうぞう力はある日私の頭に一つの舞台設定を生じさせた。

れきしじょうで一番強い人物が私の部屋に来たらどうなるか。

できそこないのSFのような設定だが、思いついてしまったものは突き詰めて考えよう。

もちろん歴史上で一番強い人物はだれしも一度はあこがれた宮本武蔵であろう。

地上戦で彼にかなうものはいない、数多の剣豪に誓い断言しよう。

球体でこの惑星を超光速で回ると未来に来れるという話がある。

はずかしながら宮本武蔵がこのような方法で現代にやってきたと仮定した。

回りにまわって未来へやってきた彼(疲労困憊)に、私はアクエリヤスを差し出す。

っっっなんだこれは!!水よりも美味であると彼は興奮して訊ねてくるだろう。

てを握って「もっとおいしいものを食べにいきましょう」と私は言う。

るみねtheよしもとの近くに「バカリ」という店があり、そこでピザを食わせる。

!?←このような感情を表すに違いない、あそこのピザはびっくりするほどうまい。



終わるころには、我々はきっと仲良くなっている。

了解を交わす必要もない、二人してアクエリヤスを生んだ科学技術に万歳をして笑うのだ。


『マブダチの定義』(廣田翔子)


マブダチとは、「まぶいダチ」の略で、真の友達のことである。では、真の友達とは何か?これは様々な意見が分かれるだろうが、簡単にいうならば「友達と思わない友達」ではないか。何のことを言っているのか、わからないであろう。

初め、友達になるまでは、その子のことを必死に「友達だ」と頭に暗示をかけて接するが、次第にそんなことをしなくても接することができる子が出てくる。その子はいわゆる、"マブダチ候補"である。候補から、さらにランクアップして、マブダチになるためには、お互いの「心」の壁を削るという作業が必要になる。この作業が結構大変である。自分の壁と似ている壁ほど、壊し方がわかるので壊しやすい。ゆえに、似た者同士はマブダチになりやすいのである。この壁をある程度壊せば、少し接するだけで相手の「心」が見えるので、良好な関係を保つのに頑張る必要がなくなる。ゆえに、マブダチと接する時は、そんなに友達と意識しないで済むのである。これが、マブダチを「友達と思わない友達」と定義する理由である。

しかし、マブダチの定義は人それぞれあって然るべきものであろう。ぜひとも様々な人達と議論していきたいテーマである。



『国風文化の退廃とメディア規制』(小林晃平)


日本人は48という言葉に弱い。そりゃ滅法弱い。


どれくらい弱いって聞かれれば、アイドルグループに48を付けたとたんにCDを一人で100枚くらい買うくらいに弱い。


弱小主人公が48の殺人技を覚えた途端にアイドル超人のリーダーに成り上がれるぐらいに弱い。


夜の殺人技を48手も考えるぐらいに弱い。


ではなぜ弱いか?そりゃ簡単。割り切り易いからだ。


2×2×2×2×3。


こんなに割りやすい数字が他にいくつある?


数字を見るとすぐに計算をはじめ、割り切れないと気が狂って「F×CK YOU!!F×CK YOU!!」と叫びかねない日本の国民性にがっちりフィットするのが48という数字なのさ。


ハッハッハッ!君も48という数字の魔力に遅ればせながら気が付いたかな?だとしたら僥倖僥倖!


ちなみに俺の一番好きな数字は49だぜ!


ここで痛恨のニアミスッ!! 


全ての日本国民を敵にまわしちまったぜっ!F×CK MY MIND!ファラハャッフーイ!!


『BPOと発展途上国の未来』(工藤真之介)

先日、マクドナルドという店に行った。

390円のマックランチというやつと、

120円のマックポークという、

しょーもない組み合わせだった。

しょーもないという侮蔑の意識が

店員にまで伝わったのだろうか。

670円払わされた。


Shin toku maru

テーマ:
【大林十姉妹 秋公演】

大林十姉妹
説教節による見世物オペラ『身毒丸』


$大林十姉妹-noroi

$大林十姉妹-op


$大林十姉妹-ed


脚 本 /寺山修司
演 出 /工藤真之介

出 演 /植野光 都築直也
 上坂悠 高倉直人 関根俊夫 

舞台美術/清水裕花
照 明 /廣田翔子
音 響 /工藤真之介
制 作 /高知尾理 早崎恭代

協 力 /湯田真子 高木茂樹 大林晃平


場所/上智大学構内、教室(詳細は下記)

日時/

10月1日(金)18:00~ 1号館-104教室
10月2日(土)18:00~ 1号館-205教室
10月3日(日)      休 演
10月4日(月)18:00~ 1号館-205教室

Art is dead

テーマ:
町を歩くといつも思う
「危険だ」と。
特に新富町などを歩く時はそう思う
「危険だ」と。
日本の安全を守る為にはやはり警察では不十分なのではないのかと考えてしまう。もっと強くて頼りがいのある最強の組織が必要であると。昔はそんな組織があった。
新撰組だ。そんな組織がいまの日本には必要だ。連帯感があり、みんなに好かれ、歌も歌えるグループが。おや、ひとつだけ思いあたるじゃないか。
AKB48だ。今の日本で新撰組のような活躍が出来るのは彼女達だけだ。あらためて彼女達のすごさを感じさせられた今日このごろです。

十年後にまた会おう
この場所で待ってるよ
今よりもっと輝いて
卒業はプロセスさ
再会の誓い
すぐに燃え尽きる恋より
ずっと

East side West

テーマ:
今はなんといっても格差社会だ。それはどんなところでもあると私は考える。みなさんはAKB48のことはよくご存知であろう。ではSKE48のことは知っているだろうか?SKE48とはもちろん名古屋のさかえという町のことである。AKBの妹分的なユニットでありながらその知名度は著しく低い。きっと格差社会だからだ。
そういえばこれと似たようなことを私は知っている。売れる前の東方神起だ。彼らは韓国で何万人という人の前でライブをやった次の日には日本では数百人の前でライブをやったという。当初はメンバーも困惑したそうだ。
なぜだかこの東方神起の現象と今のAKBとSKEの現象が私にはかぶって仕方がない。きっと東方神起がSKEに声をかけるとしたら「ただのブームで終わっちゃいけないよ」と声をかけるのではないか。

やっぱり東方神起が最高です。

Personal Log

テーマ:
記録として。

【あらすじ】温泉の名所に住む姉が、退職して結婚して、死ぬ。
【上演時間】40分


大林十姉妹『修禅寺物語・改』

原 作 :岡本綺堂

脚本演出:工藤真之介

出 演 :大林晃平 大林恭代 大林翔子     
高倉直人 湯田真子      
都築直也 渡邉飛鳥
関根俊夫

舞台美術:湯通堂圭祐

照 明 :福原遼

衣 装 :高木茂樹(NAKANO)

宣伝美術:清水裕花(町田シティガール)

制 作 :上坂悠

協 力 :劇団橄欖舎 憧帝会 音響の会 Euphoria! 丹青社





穏やかな秋風の吹く修禅寺
$大林十姉妹-05

Good&jobな日常
$大林十姉妹-p3

それぞれの逢瀬
$大林十姉妹-p2

死とライブ
$大林十姉妹-p1

癒し系
$大林十姉妹-p5

Sophia shakespeare

テーマ:
「人に元気を与えることの素晴らしさを初めて教えてもらった集団ですね」

今実家だから情報薄いねんって
今日のAKBのテレビでやるんちゃうかな?
でも前田アンチの力やと思うで。あとは松井じゅりなががんばったね!!風水的には板野友美が多分女性票がでかかったんじゃないかな?にしてもトップが大島優子はやばいよほんと!!


選挙おわってすぐにまりこさまと大島優子と前田敦子の3人で海外行くらしい笑〃

ショックやけど肩の荷がおりてちょっとほっとしたってブログで言ってたわ。大島優子も確かにいいけど今回はやっぱりアンチ前田が多かったからとりあえず前田以外に一位をとらしたかったっていうので大島に入れた人多いと思うわ。
自民党には入れたくないけど別にほかに勝てそうなとこがなくて民主党に入れたみたいな感じかな。
そやね。やっぱり中間発表とかで順位が高いとそっから伸び悩む人が多いねん。秋元さやかとか21位やったけど17位ぎりぎりで入れたし。ファンが安心しちゃうからね。中間で3位とれたからまぁいいでしょうみたいな感じで。去年とベスト7のメンツが変わってないってとこには驚いたわ。

なんでそんなこというねん!!こないだの総選挙では勝ってたやんか!!板野友美はメディア露出度が高いからね。
でもまゆゆもゼノブレイドってゲームのCM流れだしたから!!まゆゆのおかげで目標が30万本になったらしい。もうちょい早く流れてたらよかってんけど
柏木の安定感について
キャラがいいからじゃないかな?リアクションはおもしろいとの定評があるらしい。その割には芯がしっかりしてるのでリーダーに選ばれたらしい。黒髪で長髪の人他にあんまいないからね。そういうのが好きな人がいるんじゃないかな?

松井じゅりなはいつ入ってきてもおかしくないな。あと小野えれなもなかなかファン多いよ。がんばり屋さんやし。今度主演映画もある。個人的には高城亜樹に入ってほしいかなー。じみやけど徐々にきてる感じかな。もう一歩覚えやすいキャラがあれば全然いけると思います
次は絶対一位とると思うよ。やっぱAKBの中心はあっちゃんやから。大島優子は確かにいいねんけどちょっとずっとセンターはっとく感じではないかな。彼女も多分一位とかじゃない方が力が出せる感じがするわ


…人に元気を与えることの素晴らしさを初めて教えてもらった集団ですね

AKB48 in sophia is SPH48

テーマ:
音響費で買った「ポニテールとシュシュ」には

AKB48総選挙の投票権が入っておりました。

この大事な一票を、決めるために、

私達 大林十姉妹 内 でも 一度総選挙を行い、

投票する一名を決めたいと思います。

ちなみに大林内総選挙の下馬評では

1位 篠田麻里子

2位 渡辺麻友

3位 松井珠理奈

となっております。

ちなみに我々は演劇やってまして、本日3日目で、明日楽日です。