2日目は朝早起きして朝食を絶景の前で食べるために出発。



着くなり信じられない絶景。。。



{49BA9978-EBC2-4D98-967A-EEA8CB293966}





前日を上回る絶景を前に




{3A637E6D-707B-47C9-A399-DC5F95B37B18}



笑顔で朝食の準備。


{658803ED-772F-426E-8C72-B7E84972AE3E}




バターの様なクリーミーなアボカドとチーズに美味しいコーヒー。



本当の贅沢とはを改めて感じる朝食。



お腹を満たした後は、、、



{7A03A00F-14F4-4F20-8EAB-139BD6B7955B}



間髪入れず水に飛び込み滝へと泳ぐ



滝を端っこからよじ登り




{E8F71782-CFF9-4E0A-A127-59FCD29A4D19}



サーフィン。笑



からの



{0E3C717C-4AD8-496F-8A4D-5F8847415A0C}



哲生さんトレーニング。



そして今日が本番滝修行。




{3C9EB36B-5C19-4E57-A681-B83409BE8E93}




遊び疲れたから軽く滝の前で寝て次なる滝へ。



前日のお別れ会で全員からラオスの伝統儀式として旅立つ僕に気持ちのこもった右手をパシャり。




{4BA3EEAD-623E-4402-8739-3F374969913A}



皆の願いがこもった右手。



滝を前に何故か一人感極まる。



沢山の人に支えてもらって生きてるんだなと



滝を前に素直に心の底からありがとうが込み上げて来たり。



これだけでこの旅の意味があったなと。



真面目なこと言ってるけど




その場はずっとアホでした。笑




次なる滝へと向かっていると、、、




まさかの森の中で原住民発見!




{ACC2B61F-8F77-4453-A0EE-E1F6AA424A45}




写真見て改めて思います。




何やってんだ!笑



アホ万歳!



森をかき分け向かった先にまたまた息を飲む絶景ポイントが待っていました。



{5C05EF74-FC52-4F30-A125-243F764C9A0B}




写真じゃ収まりきらない絶景。



落差30m以上で下の岩はジョーク抜きでサイズ感は一軒家ぐらい。



しかも虹がかり。



ラッキーな事に水量も少なかったのでまたまた草をかき分けて滝の真上へ。



{ACDC9A35-2067-47BD-8155-6DEFCEBBA7B5}



虹が掴めそう。



{06948C96-DC7E-4EAE-818D-33A37970F374}



いや、掴んだら多分死ぬ。笑



自然を肌で感じる。



まさにアドベンチャー。



アメージングラオス。



ほぼ午前中で全力を出し切って滝へお別れを告げ



車に乗り込み向かった先は




LAODIというアグリコール製法のラム酒を作っている井上さんのところへ工場見学。



井上さんは僕のラオスのお父さんの様な存在。




{CC2138E5-8826-42CA-98D9-EEEAFEFEB543}




陽気で懐深くカッコつけないでふざけれてバカな話しもしてくれて、、、



でも、もの凄い情熱溢れる人。



こんな親父になりたいと本気で思える人物像。



幾つになっても自分のやりたいこと、大好きなものに対して一生懸命になって



周りを笑顔で包み込む。



こんな人になりたい。



熱い話もバカな話しも沢山して



原料になる広大な敷地のサトウキビ畑の前まで行き



{599ED195-0042-4EC6-8E25-ED09CC9779D7}



その場でサトウキビを刈ってむしゃり!



夕暮れが近づき


お父さんに必ずまた会いに来ると別れを告げ



次の目的地である蘭おじさんのお家へ。



写真多くて長くなり過ぎたから



次の記事は蘭おじさん。




続く。





















ナチュラルアドベンチャー正人
AD