テーマ:
【用語(法務)LOI】
⇒契約書関連の書籍は

■LOI(Letter of Intent)「レター・オブ・インテント」

法的拘束力は持たない場合が多いという解釈と、契約書と同じ扱いをすべきという解釈と、微妙に差異があるので、併記。

▼LOIとは、関心表明書とも訳され、特定のプロジェクトや案件に対し、検討を実施することを約する契約書のこと。
主要な条件について大筋の合意に達した時点など交渉の大きな節目において締結されるのが一般的。
LOIは状況確認、意思確認のために締結されることが多く、法的拘束力は持たない場合が多い。

▼契約書に近いもの、あるいは契約書の「前身」となるもの。
 日本語では「予備的合意書」とか「仮合意書」と訳すか、そのまま「レター・オブ・インテント」として使うことも多い。
「覚書」(=Memorandum of Understanding ) と同様、実は「契約書」(=agreement / contract) と書かれていないだけで限りなく契約書に近い法律文書

大きなプロジェクトになると、最初からありとあらゆる詳細な事項まで取り決めるのはなかなか大変で時間もかかるので、LOIや覚書を作成して、その時点までに合意していることを相互で確認し、各当事者はこれを監督機関への説明や社内での必要な決議に用いたりして、今後の正式な契約に向けてのたたき台に利用する。但し、LOIは相互の当事者の代表者が署名して作成されるので、立派な合意書で、これに違反すると、訴訟に発展することもある。重要性については契約書と同じ扱いをする必要がある

▼LOIと普通の契約書との違い


<参考>
「Intent」
1 意図, 意向,(…する)意志
 ・true intent 真意
 ・with intent to defraud だますつもりで
 ・wound a person by intent 故意に人を傷つける.
2 意味, 趣旨
 ・What is the intent of this? この意味は何か.

◆関連エントリー
用語(法務)「破産」
用語(法務)「ヤメ検」
用語(法務)「民事再生」
・用語「遵守と順守」
用語(契約書)「頭書」「当初」
用語(契約書)「無効」「取消」「解除」「解約」
用語(契約書)「規定」「規程」「規則」
用語(契約書)「NDA」「秘密保持契約」「機密保持契約」
用語(契約書)「表明保証」
用語(法務)「LOI(レター・オブ・インテント)」
契約書式の作成全集 改訂版―標準型から最新モデルまで・書式例と要点を集大成/山崎 郁雄
¥3,150
Amazon.co.jp

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード