のーたりんの山レポ。

2015年6月に登山・トレッキングを始めたばかりです。
ナオ(あだ名:のーたりん)と申します。
彼のトクと共に初心者同士の二人で山登りをしています。
初心者ですが、よろしくお願いしますヾ(*´∀`*)ノ゙

日時:2017年6月24日(土)10:33〜13:33

 

コース:白根レストハウス〜本白根コースを反時計回りに周回
 
時間/コースタイム:3時間0分/1時間50分(本白根コースのみ)
 
距離:7.5km
 
 
群馬県吾妻郡草津町にある、草津白根山(遊歩道最高地点2,150m)にトレッキングに行ってきました!天気は晴れのち霧です。白根山(2,160m)、逢ノ峰(2,110m)、本白根山(2,171m)の三山を総称して草津白根山という場合もあります。
 
{8A8E2D9D-014D-4C07-B953-C070152D6C4D}

弓池と白根山です。白根山と本白根山(無雪期)はピークを踏めないので、いまいちどれがどの山だか分からず、案内所の方に「あれが白根山ですか?」と確認する始末w
 
{68888722-2181-4E04-B948-620FBC7526B8}

気象庁のホームページからお借りしました。白根山は活火山です。6月に噴火警戒レベルが下がりました。現在は噴火警戒レベル1で、活火山であることに留意です。
レベル2の時は立ち入り禁止であった、湯釜を見るコースや白根レストハウス、逢ノ峰なども行けるようになりました。
 
{6BB5C792-B096-446C-9598-3A9A7837E74C}
 
白根レストハウス(10:33)→本白根山展望所(11:23)→遊歩道最高地点(12:04)→鏡池(12:43)→白根レストハウス(13:33)
本白根コースを反時計回りに周回しました。湯釜への道は10年ほど前から立入禁止になっています。湯釜を見る場合は左の道を登って、見るようにと案内されました。
 
{102F08DF-B22D-4B80-8BDF-BB8E767F924A}
 
今回も高速代節約のために下道で来ました。白根レストハウスに車を停めました。有料(普通車500円)です。車でちょっと登りますが、ロープウェイを使うと片道900円(往復1500円)なのでお得です。
 
{379029FF-6FFC-4B02-84FB-1E29F23BBB14}
 
こちらはレストハウスの駐車場から見える逢ノ峰です。登山届のことを案内所の方に確認したら、芳ヶ平のほうまで行く場合は必要ですが、本白根コース周回では必要ないそうです。
 
{8E6C1351-47EB-4F9C-9C04-8BCC8AFD2572}
 
こちらからスタートします。ここから逢ノ峰を登ろうと思っていたのですが、登山道の入口であろう木の階段にロープが張ってあります。行っていいのか分からず、今回は諦めました。
 
{1E263592-7CC9-4D04-9054-BC9B1BF48692}

スタートしてから舗装路を歩いていきます。弓池が右側に見えます。とても綺麗です!確か弓池も前回は立ち入り禁止だったはずです。今回は見られてよかったです。
 
{CB9FD6AE-403A-4E89-9B2E-DAF18B779FEA}
 
舗装路が続きます。一般車両は進入禁止なので、車は走っていません。この長い舗装路を歩きたくなくて、逢ノ峰を登ろうと思ったのになぁ。
 
{6743D1C7-0595-40AD-9BE4-CE14AE539703}
 
リフトが見えてきました。そろそろ舗装路ともお別れです。リフトの近くにロープウェイ山頂駅があります。
 
{95AF3236-16F0-4F15-870A-4B58154CC495}
 
リフト乗り場の横に登山道が続いています。リフトに乗るとショートカット出来ますが、今回はもちろん乗りません。片道400円ですから、歩きましょうw
 
{93E3D27D-0579-42E4-ABE1-10544F259146}

リフトの隣に案内板がありました。現在地から反時計回りに一周します。前回は霧で見られなかった中央火口も見られるといいです。
 
{60FA0443-E0D1-44B7-8685-440B4D2F1F89}
 
リフトの横を歩いていきます。タンポポが周りにたくさん咲いていて、気持ちのいい道です。高原に来た感じです。
 
{A402CBA7-83BC-45F9-9024-AD7D94866789}
 
登山道っぽくなりました。熊出没注意にビビる!ソロだと獣が怖いです。土曜日で人が多いので、熊が出ないことを祈りつつ登ります。
 
{2A608647-5A36-4D2A-A04E-1D5D100DE9A0}
 
しばらく滑りやすいザレた道が続きますが、傾斜は緩やかです。今回はトレランシューズで来て正解でした。
 
{6CB6D32C-911E-4C53-AFFB-009755F96F94}
 
「オオカメノキ」とありますが、この赤い実のついた木でしょうか。オオカメノキはムシカリともいうそうです。花は咲いていませんでした。
 
{5F5D4688-C6B6-420E-BA79-FD941F050581}
 
分岐は、本白根・鏡池方面に向かいます。1.5kmと意外と近いです。お手軽登山、いやハイキングコースです。
 
{5259973D-0E97-4773-B586-295B4B57A9A5}
 
木の階段も緩やかで歩きやすいです。木の階段がしばらく続きます。この辺りはサクサク登っていけます。
 
{8B83A06B-A372-410C-A86A-CF39B4FDC390}
 
途中から木道になりました。新しくしたのかな?とても綺麗です。木道は何だかズルしている気分になりますw
 
{E2BDC7B0-576C-4B83-B9F4-8A9EB11994B3}
 
リフト乗り場があります。リフトに乗るとここまでショートカット出来るのですね。ちょっと乗ってみたかったのですが、高所が怖くて1人で叫ぶのがオチですねw
 
{AF8D1080-FE0F-41B7-A685-EF65C01761E7}

木道の横にピンクの可愛らしい花が咲いています。調べたらイワナシというようです。
 
{A29114B2-AA48-4B19-AD9F-73021EC035C7}
 
しばらく木道(今度はちょっと古い)を歩いていると、周りの景色が開けてきました。先に何があるのだろうとつい足が速くなります。
 
{C429367C-1948-4AB0-812A-0123D3FD9D22}
 
突然、中央火口が姿を現します。すごい迫力です!思わず「うわぁー!すごい!」と感動。この景色は2,000m級でしか見られないですね。
 
{9314338A-C3E2-4B3F-B745-9AA3F8EB1323}

中央火口をドーンとアップ!w前回は全く霧で見られなかったので、こうなってたのか!と驚きました。
 
{4A6C0110-6D12-42C2-B107-EEDD6673BE74}
 
高山植物の女王コマクサが咲いています。まだ時期が早いのか、ぽつぽつと咲いている程度ですが、その可愛らしさに心惹かれます。
 
{8B7178EB-30F8-4C3B-B0E9-B9EEC092D417}
 
中央火口の周りに道が続いています。高い木がないので、見晴らしは最高です。こういうところを歩いてみたかった!
 
{756DA09C-72C8-4CD5-8FE5-A3ABCE06A1D0}
 
ほとんど平坦な道を景色を楽しみながら歩きます。足元にところどころ大きな石があるので、景色に目を奪われていると躓きますw
 
{708FD038-B4D3-45A4-B714-58553A79F8FD}
 
天気がいいうちに展望所に登ることにしました。また帰りに結局登るのですが。分岐は本白根山展望所方面へ向かいます。100mで着きます。
 
{82A21FB5-A28A-4B6A-8E4E-DEC51EB738F8}
 
こちらが本白根山展望所です。上のほうには階段がありますが、緩やかで登りやすいです。登りながらお腹がグーグー鳴り始めましたw
 
{862C909E-E78F-47BA-B45E-CEE20FED8C56}
 
本白根山展望所に到着!標高は2,150mぐらいかと思います。ソロで初の2,000m級です。スタート地点からすでに標高2,000mを超えているというズルをしていますが、大目に見てくださいw

{7ABACC42-1442-40AE-BF07-F0A671293D4D}

本白根展望所からの展望です。これから歩く道が見えます。遊歩道最高地点に向かう道は、晴れた日は見晴らしがよく、コマクサの群生地もあるのでおすすめです。
 
{17FB2339-697B-43A8-87EC-BD35B9DD488E}

まだ登り始めて1時間ですが、こちらでお昼を食べました。お弁当がひっくり返って、大好きな明太子が悲惨な感じになっていますw
 
ここで前編を終わりにします。私はミスをしました!最初に前回は見られなかった湯釜を見ておけばよかったのですが、コースの最後にしてしまったのです。その結果……後編に続きます。
 

↓ブログにご来訪ありがとうございます。ランキングに参加しています。よろしかったら、クリックお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。