アレルセラピーセンターのブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
O脚の相談をよく受けますが
可動性をオステオパシーのやり方で調べると
膝はむしろX脚だったりします。


決定的に内側にカーブして曲がっている所は
関節の無い脛であったりします。


日本人の脛骨は何故内側に曲がってしまうのでしょうか?


ひと頃はあぐらをかく生活習慣が
その原因とされて
一切あぐらをかかない椅子生活をしいられたというモデルも中にはいました。


これも確かに原因のひとつかもしれませんが
決定的ではありません。


骨を伸ばすためにはカルシウムとタンパク質が不可欠です。

それらの食品からの取得とその吸収能力
さらには成長ホルモンの存在が
重要である事は
よく知られている所です。


骨が曲がって成長する場合ですが
阻害する物質が
部分的に存在している可能性を
考えています。


日本は火山国であり残留カドミウムの多い国民です。


脛の内側にカドミウムが特異的に蓄積され
内側の成長が阻害されるから
O脚になってしまうのではないかという仮説を
考えています。


しかし、どちらにせよ
成長期以前にこの問題は
解決しなければいけないものであることには
変わりなく
成長期をはるかに過ぎた大人から
脛を真っ直ぐにしてくださいと
依頼されても
無理な注文となってしまいます。


しかし、今後年齢を重ねていく際に
内側の半月板ばかりが
早く老化する事への予防として
効力を発揮する可能性は
充分にあると思えます。



経絡のエネルギーの問題も
骨の歪みと関わる場合が
よく見られます。


次回はこの経絡に関しての話をいたします。


【オステオパシー立川国立新宿立川国立神田新宿】



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。