ノッシーのパズドラブログ 攻略×考察×速報

いまさらながらパズドラブログはじめますた(´・ω・`)

・モンスターごとの使い道
・パーティー考察
・ダンジョンの攻略
・イベント、進化、強化の速報
 といったパズドラ情報を、少し理屈っぽく書いてくブログです(。・_・。)ノ


テーマ:

2014.5.26

 四神究極進化等を踏まえて少しパンドラパーティーの紹介している記事を書きましたので、

 よければこちらも参照してください。

 【パンドラ最新テンプレ】四神究極と変換考察

 

2014.2.07

 最近、アクセス履歴をみてると最近ご無沙汰のパーティー考察?らしきもののアクセスが多かったので、久々に最近使ってるパンドラパのパーティー編成について書いてみようと思います。

 5つほど画像で乗せてるんですけど、仕組みとしては単純で、ドロップ変換スキルドロップ強化、エンハンス等の瞬間火力をあげるスキルを有するキャラで、かつ属性強化・スキルブーストの多いものをつめていけばいいってのが方針かと思います。

 下記は、原則としてコラボキャラは考慮にいれずに考えています。




 完全無課金編成ということになれば、ティアマットをリーダーにして、フレンドのパンドラを使う形になるかと思います。やや倍率は下がりますが、片側ティアマットは全然ありだと思います。ティアマットのほうが属性強化は一つ多く、ティアマットをリーダーにすれば、その分あいたサブには変換もちをつめればいいからです。
 ただ、リーダーフレンドともに、ティアマットは、回復値が低くなりすぎる点と、属性エンハンスのスキルが被ってしまい有効利用しづらい点からあまりよくないかとは思います。

 無課金入手可能なドロップ変換はベルゼブブもありますが、入手難易度の点と、HPが多い点からドラゴンゾンビを採用しています。

 無課金編成でも、悪くはないですが、やはりややスキルブースト、属性強化が少ないという点はいまのところ避けられないです。スキル面だけをみると、軽い5ターン変換を2枚詰めますし、ヴァンパイアの変換はパンドラと同時使用する場合に限ってはペルセポネと同等の変換効率をたたき出すので、やはり悪くないです。

 基本この構成で、1枚だけでも、魔剣士のところを、属性強化もちのグリプスライダーフィンや、半蔵と変えたいところですね。特に、ここだけでも半蔵に変えれれば、属性強化5個、スキブ5個という満たしたい基準を超えることができます

 属性強化5個というのは、一般的に分けて消すよりも1列で消したほうが良くなる基準値で、スキブ5個あれば、開幕で5ターン変換が使え安定性がかなりあがるので、属性強化、スキブともに5個あると、かなりいいのではないでしょうか。




 上とほぼ同じ構成のを、属性強化の多いガチャ限で差し替えた構成です。スキブ7個、属性強化7個で格段に覚醒スキルの能力があがっています。また、ステータス面に着目すると、無課金編成では、ティアマットやドラゴンゾンビ(ベルゼブブにしても同じ)などの回復値の低いキャラを採用しなければならなかったのに対して、回復値がかなり上がっています。
 英雄神では、どうしても常に16倍を発動できない以上どこかで耐える必要があり回復値は重要なステータスとなります。

 ここでは、ペルセポネをのせていますが、ここは、闇ヴァルキリーやヴァンパイアロードと適切なものを選べばいいと思います。どちらもスキル面については、場合によりけりです。ペルセポネのメリットは、ステータスがかなり高くダブル攻撃態勢なので、ドロップを温存していない状態からでも強引に8個以上用意できる場合が多いことです。最近、スキブも追加されましたしね。




 こちらは、ドロップ強化を抜いて、擬似召喚陣を搭載した構成です。ハク+半蔵で、闇よりの闇・水の盤面2色にできます。この組み合わせ自体は、かなり典型的なものなのですが、ハクの覚醒スキルがいまひとつであまり使われていなかったという印象を持っています。個人的には、属性強化が付加されたことからかなり擬似召喚陣もありではないかと思います。






 悪魔タイプエンハンス
を積んで瞬間火力を一番上げた構成です。悪魔エンハンスはパンドラ2体にかかりませんがそれでも、瞬間火力は上記二つよりも上になることが多いはずです(∵悪魔エンハンスの場合3×4+2=14、属性エンハンスの場合、1.5×6=9)。

 ただ、この構成だと、キングわるりんをいれるために覚醒スキルがやや落ち、かつステータスも落ちるのが欠点です。よっぽどボスだけが強いという場合じゃなければ、上記の構成のほうをオススメします。英雄神では道中たえる必要がありステータスが重要だからです。




 フェス限まで使った構成です。強化花火3枠できっちりで打て、かつ覚醒スキル等も落とさないところに強みがあります(強化花火を打つだけならば、いろんな構成が考えれます。)。強化花火は、プラスにもよりますがざっと計算したところ500万程度(自分のパーティーなのでプラスわりとあったと思います)なので、エンハンス等なくても大概のボスを確定ワンパンできます。基本的には、強化花火を打てる状態でボスまで行くのが目的となります。

【闇メタと堕天使ルシファー】覚醒スキルについては、ほぼ同様といっていいかと思います。ステータス面は総合的には闇メタのが高いですが、回復に着目した場合には堕天使ルシファーが高いです。問題は、スキルですが、堕天使ルシファーのスキル上げがすすんでいれば闇メタよりも有利な場合がでてきます。9ターン以下まであげれていれば闇メタより早くうてるのですが、特に7ターン以下ならば、15ターンのソニア打つまでに1回余分に打てたり、スキルマの5ターンならば2回余分に打てます。この点から、闇メタ<堕天使ルシファーの場合も多々出てくるかと思います。

【緑ソニアと赤ソニア】赤ならば、半蔵と、緑ならばパンドラと合わせることで闇花火を打てます。覚醒、ステータスともそこまで違いはないので問題は、組み合わせる変換をボス間際では自由に使えなくなるので、半蔵とパンドラのどちらの変換を自由にしておきたいか?という点です。パンドラは防御変換も同時に使用できるようなもので、道中では半蔵よりも役立つので使いたいという言い分もあるかと思いますが、単純にパンドラは2ついるのでその片方が拘束されるだけにすぎないと考えると緑ソニアのほうが優秀かと自分は思います。
 ただ、フェス限☆5と☆6にはそのレア度に大きな違いがある点での入手難度他のパーティーでの使いまわしのよさからすれば、赤ソニアを採用するのも充分利点があるかと思います。


☆【封印耐性無効構成】
 昨日イザナミということもあり考えてみたのですが、完全耐性をつけるのはちょっと厳しそうです。。。ただ、ヨミ・オオクニ・ブリトラ等をいれることもなくはないのかなって思います。
 というか、封印耐性無効をいれたければ、サブもパンドラにしてしまうのが一番手っ取り早いかなとという結論に落ち着いてしまいそうです(個人的には、サブまでもリーダーと同じのをいれてしまえば強いってのは好きじゃないです)。とりあえず、また封印耐性もちの新しいキャラがでるのが待ち遠しいです。

 
 ◎まとめ◎
 という感じで特に目新しいことは書いていませんが、今まで議論されてきた点について自分的にまとめてみたり、パンドラで使えそうなキャラや組んでみたらどうなるのかというようなパーティーをステータスとともに紹介してみました。
 個人的には、英雄神等の属性強化系等はパズル系リーダースキル等と違う選択肢を与える点で面白意図は思うのですが、属性強化が多いのがガチャ限に多いので、もっと無課金系にも属性強化等をつけてくれてもいいかなって思います
 例えば、忍者はスキブ1、属性強化1ですが、魔剣士にはスキブだけ1個与えるとか、降臨系のゼウス、ヘラ、ヘライース、アテナ等にもその主属性と対応する属性強化を1個ぐらいあげてもいいのでは?と思っています。
 以上ですが、自分はまだパンドラしか使ったことないのですが、余裕があれば他の属性の英雄神のパーティー等についても考えてみたいと思います。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード