『現代版』シンデレラのつくりかた@渋谷・横浜

ご訪問ありがとうございます。
目に見えない世界のホントを伝えます。


■現在開催中のキャンペーン♪■
【ライトデライトセッション】


ベルご予約時間枠が拡大しました!(11:00~20:00迄)


ベル土・日・祝日のご予約 も可能です音譜




テーマ:

こんばんは。

いちいち細かいことを気にしないスピリチュアルヒーラー典子です。

 

 

 

 

 

今日はお友達と、写真展に行ってきましたウインク

 

 

フォトグラファー ヨシダナギさんのアフリカ少数民族を撮影した「HELOES」。

 

 

 

 

 

全身を赤土でコーティングしている「ヒンバ族」の写真に一目惚れ~ラブラブ

 

 

 

 

 

 
{80459273-6E91-4D98-92BF-98BD8D7F65D2}
 
 
 
 
 
なに、この生きている感じと躍動感!
 
 
 
 
 
 
カッコいい女性に惹かれてしまうわたくし。
 
 
 
 
アフリカ人はスリムなイメージがあったんですけど、ヒンバ族の女性は女性らしい体つきが健康的に見えて憧れちゃいます。
 
 
 
 
 
 
外国人の友人から、「日本女性は痩せすぎてる!」とよく言われたものですが、わたくしも同感です。
 
かと言って、日本国内でムチムチボディ(わたくしです(笑))でビキニを着る勇気がなかなか出てこないのも現実だったりして。
 
 
 

 

そもそも日本の男性も痩せているより、そこそこお肉がある女性を好む傾向があるとも聞いた事があるんですけどね~。

 

 

 

(軽く言い訳してマス)

 

 

 

 

 

女性が男性にひざまくらしてあげた時に太ももがガリガリだと心地良くありませんでしょ~!?

 

ペタンコのお尻は確かにスキニーパンツがキマって見えるんですけど、プリン!としたお尻も腰からのカーブがとても美しいとわたくしは思うわけです。

 

 

デレン!じゃあいけませんのよ、プリン!です。

 

 

 

(さっそく大殿筋を鍛えるエクササイズしなきゃですね(笑))

 

 

 

 

 

次に生まれ変わるとしたら、ヒンバ族の女性もありかな~ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な意味で楽しめた写真展は今月の28日まで開催していますので、ご興味がわいた方はぜひ足をお運びくださいネ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

絶対に持たされたであろう雑誌を読みふけっているスリ族。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)