警察庁は21日、都道府県警の少年担当課長らを集めた会議を同庁で開き、安藤隆春長官が児童ポルノの根絶に向けた取り組みを進めるよう訓示した。インターネット上で拡散する児童ポルノについて安藤長官は「流通・拡散防止のために官民一体の取り組みが必要」と指摘。「悪質な(インターネット関連)事業者に対して厳しく責任追及するなど、児童がインターネットを通じて被害を受ける事態を一掃するための取り組みを推進してほしい」と述べた。

【関連ニュース】
警察庁:安藤長官のカンボジア訪問を中止
警察庁長官:「弘道会に打撃を」都道府県警に要請
警察庁:初動活動強化へ 全国警察本部担当課長会議行う
警察庁長官狙撃:アレフが違反調査請願
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議

外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)
15日に電話相談窓口=B型肝炎訴訟の弁護団(時事通信)
政府、和解協議入り表明へ…B型肝炎集団訴訟(読売新聞)
お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)
中国中間層へも観光ビザ=発給要件を大幅緩和―政府(時事通信)
AD