半腐女ry生活?

腐っているような腐っていないような声優&アニメヲタが送る感想ブログ。
(と言いつつ、中身はドラマCDの感想ばかり・・・w)

お越しくださりありがとうございます!!


ネタバレ多めで、ドラマCD(ほぼBLCD)&PCゲーム、稀にアニメの感想を書いています。

※レビューは多少辛口です。

悪く捉えてしまいそうな方は、回れ右していただくようお願いします。


声優さん話、ドラマCD話をして一緒に盛り上がってくださる方(もちろんなんとなーくでもOKです)、ぜひぜひ何かしら跡を残して行ってくださいvご訪問いただくことが励みになっています^^

アメブロ様以外の方やブログを書いてらっしゃらない方のご訪問大歓迎です虹


何もないスペースですが、まったりしていってください♪



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。★




こっそりWeb拍手設置していますvv


ポチっと押してくださることが大変×100励みになっています。本当にありがとうございます!!



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。★


テーマ:

こんばんは。
18 禁 乙女ゲーム「吉原彼岸花」レビュー最終回です。


※18歳 未満の方の閲覧を固く禁じます。


あまりにネタバレがひどい時は白字にしていますのでドラッグしてお読みください。
ただ、白字にしていなくても結構なネタバレをしていますので、プレイ予定の無い方、コンプ済みの方用かと思います。ネタバレNGの方はご覧いただかないようお願いします。






桜華屋時雨
(CV.ほうでん亭ガツ)



凛の働く桜華屋の楼主が時雨です。とても頭の良い人で、抜群の才覚があります。

遊女たちに時に厳しく、日頃は優しく接していて、彼女たちはそれぞれ訳あって売られてきていますが、恨まれている風には見えず寧ろ信頼されているようにさえ感じます。
凛目線でゲームを進めているので余計にそう思うのかもしれません。凛に対しては特別甘いんですよね。時雨が初めて自ら育てた引っ込み禿だったから?なーんて上辺だけで判断していると真相ルートに衝撃を受けることでしょう。
時雨ルートに入る前から、少しずつなんだか彼から不穏な空気を察知するようになりました。凛への重い執着を纏っているというか。

それは例えば朔夜ルートで引き留めようとする際のもはや楼主という立場ではなく時雨という個人として出てしまった本心や、彰人ルートで彰人が幼馴染みの時雨に断って凛をもらっていく描写から薄々感じます。私は惣一郎ルートを先にプレイしてバッドを見た後に時雨ルートをプレイしその後再び惣一郎ルートでハッピーエンドを見て時雨真相ルートをプレイしたのですが、惣一郎ルートで決定的になります。凛が(たらいに入ってお歯黒どぶを渡るシーン)での会話を聞いていると先が大分読めたので、これはどういうおちをつけるのかということは何度も考えました。



まず、時雨との普通のルートですが、こちらでは過去の事件から左目の視力を失っている彼が、右目に負担を強いたためそちらの視力も失いつつあり、そっと楼主から退こうとして・・・というお話になります。
そもそも視力を失ったのは(禿だったころの凛をかばったからであり、凛は負い目を感じているんですね)。
が、こちらのルートでは凛が時雨の優しさや抱えているものを想って愛するようになっていきます。別に(負い目があるから支えなければならない)というふうに好意を履き違えているとは思いませんでした。

時雨の決意を知らなかった凛は、後任になるためにやってきた紫乃という美しい女性に複雑な感情を抱くようになります。そちらの方が好意を強くした要因だと思います)。



みんなで庭で花火をした後に2人だけ残って線香花火をして・・・のシーンなんて切なくて胸がきゅっとします。


きっともうすぐ、自分の花火も消える。
―二人きりの時間が終わってしまう。

凛、口づける
どうしても離れたくなくて、凛は時雨にぎゅっとしがみつき、なおも口づけをつづけた。
楼主に唇を寄せるなど、花魁としてあるまじきことだ。
けれど、もう引き返せない。
一度火のついてしまった花火が、あとはただ燃え尽きていくだけのように。
(遊女としてでもいい――ずっと時雨様のそばにいたい……)
時雨はやがて根負けしたように、凛を押しやろうとすることをやめた。

その手を凛の項に回し、逆にぐっと引き寄せる。
深い口づけを交わした後
「……これは、気の迷いだろう?」
「違います。気の迷いなんかじゃありません」
「――私は時雨様が好きです」

時雨は言葉をなくし、呆然としたように凛を見た。


これだけだとわかりづらいかもしれませんが、時雨は決して凛に同情して口づけを許したわけではありません。
美しいシーンだと思います。



が。
こちらの方のグッドエンドは真相エンドを見るとたくさんの疑問がわいてきます。
何も知らず幸せなままでいられれば良かったのでしょう。

もしこちらと真相ルートどちらかがパラレルであったならこちらがパラレルになるのでしょう。時雨の願いでありプレイヤーの願いでもある気がします。
あ、実際にはどちらも夢落ちなどではありませんよ!



さて、ここから真相ルートの話をしますが、全部ネタバレになるので以下白字にしました。大丈夫な方のみドラッグしてご覧ください。



プレイ中ずっと、代償について考えていました。
時雨は自身を保つために多くの遊女を○ ろし、なんとか装って生きていました。
その事実を乙女ゲームではどう扱うのか。
罪の意識を背負っているし、凛が支えていくのなら目を瞑ってあげよう、という赦される結末にするにはやっていることが酷で、それでも赦すというならやはり乙女ゲームであるという前提を取るということになるのでしょう。私はそれで納得できるのだろうか、と思ったんですね。
時雨が歪んでしまった原因は家庭環境にあります。
青年だった頃の彼は父の仕事の関係で訪れた駿河で最も深く沈んでいる時に凛と出会い救われ、以来彼女をよりどころにして生きてきました。
凛は実家の呉服屋が江戸に出棚したものの失敗し桜華屋に売られてきましたが、それは表向きの話で真相ルートとはまさにこのことかというような・・・とにかく、全部読むと恐ろしい真実が浮かび上がります。
他にも彼はもう1人消していますが、こちらはそこまでされれば現代の感覚なら情けをかけられるでしょうが、江戸時代なら言語道断の大罪であったことでしょう。
しかし、畳みかけるような事実の応酬があり、時雨を一概に非難することはできないところがライターさんのよく描き切っているところだと思います。
1人の人間の辛い生い立ちと、何人もの人間の命を天秤にかけることはやはりできなくて、時雨というキャラは好きなのですが結末をどう受け止めようかと・・・。
もしかしたら真相ルートの「彼岸花」エンディングでさえ本来なら甘いのかもしれません。でも私は
「凛が私を『人』にしてくれたんだよ」
という一言ですっと黒い憑き物が落ちていったような気持ちになりました。
このエンディングは最初のハッピーエンドと違い2人の間に夫婦になりたいという類の愛情が通っているとは言い切れませんが(体 を 重 ねるシーンはありますが、脅迫されてしているような甘さとは程遠いものばかりです)、傷のなめ合いであったとしても共依存であったとしてもあのエンディングは許されていいのではないかと思います
)。


あ、最後にもう1回だけ言わせてください。
ほうでん亭ガツさんが素晴らしかった!!!言葉に感情を乗せることの大きさを改めて教えていただきました。






これにて終了です。
たくさんのシーンが思い出されて楽しく書かせていただいたのですが、気づけばとても長くなってしまいました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>




追伸

9月20日?を持ちまして当サイトへのアクセス数が延べ50万人に達しました!

何も更新していないのにすみません(;´Д`A ```

そして、本当にありがとうございます!

Web拍手もいつもありがとうございます<(_ _)>。嬉しく拝見しております。



テーマ:

こんばんは。
18 禁 乙女ゲーム「吉原彼岸花」レビュー第5回です。


※18歳 未満の方の閲覧を固く禁じます。


あまりにネタバレがひどい時は白字にしていますのでドラッグしてお読みください。
ただ、白字にしていなくても結構なネタバレをしていますので、プレイ予定の無い方、コンプ済みの方用かと思います。ネタバレNGの方はご覧いただかないようお願いします。






伊勢屋惣一郎
(CV.佐和真中)



廻船問屋を営む惣一郎。

偶然?凛と出くわした日からほどなくして、客として桜華屋に登 楼してきます。
大盤振る舞いの宴を繰り広げ、穏やかで笑みを絶やさず気遣いも抜群なのでみんなにいい客だ~!と歓迎されます。
早々に明らかになるのは、薄々感じていらっしゃるかもしれませんが、(惣一郎は凛の幼馴染みです。彼は凛の家に引き取られ共に育った時期があり、子供の頃には結婚の約束もした人でした。凛の実家の呉服屋が借金を背負い桜華屋に売られた後もずっと彼女を助けるためにあれやこれやしていました)。忍の感想で健気!と書いた意味がこれでご理解いただけましたでしょうか。
たくさん苦労してきたのにこの上さらに惣一郎ルートでは時雨も大いに絡んで来て一筋縄にはいきません。この2人はある秘密を知っているため(凛が惣一郎に入れ込み過ぎて遊 女であることを忘れかけてしまうのが危なっかしいと時雨は弁明していましたが、それだけではないでしょう。)、時雨は惣一郎を凛と会わせないようにあの手この手で画策してきます。惣一郎も負けじと近づくために布石を打ってはいます。


終わってみると一番不安定なカップルになってしまったのでは・・・と。

いえ、恋愛面ではすごく素敵なハッピーエンドで、2人の気持ちは絶対揺るがないでしょうしいつまでも幸せに暮らしてください!と思えるのですが、(生活面で)不安定なんですよね。
バッドや他キャラのルートでは不憫なことばかりですし、全部を知っていていっちばん長く凛の為に尽くし生きてきたのは惣一郎なのに、もうちょっと報われてもいいのではないかと(^^;。
全部を知っていることはすごく辛いことでもあったと思うんですよね。他に苦しさを共有できる人もいなくて、一人で抱えこまなければならなかったわけですし、その気持ちひとつで泥水も啜って頑張ってきましたし。

誰一人話が被っていないところが素晴らしいので惣一郎はこれが惣一郎と凛のお話なのだ、と納得はできましたよ!

・・・[壁]_・)日常で2人が心置きなく仲良くしているところが見たいです。ファンディスクをお願いします<(_ _)>



シーンでは、再会のところなんてロマンチックだなと思います^^
惣一郎は最初危険な目に遭っている凛を助けて乱れた髪を整えるために鬼灯の簪をプレゼントします。登 楼後、凛はお礼を述べ・・・


「とっさだったから、あんなもので申し訳なかった」
「今度改めて、ちゃんとした簪を贈らせてください」
「いえ。わっちはあれが気に入っておりんす」
「本当に?」
「あい。鬼灯には、ちょっとした思い出がありんすゆえ……」
凛は言いかけて、言葉を切った。
「…………」
伊勢屋の面から笑みが引き、ひどく真剣な眼差しで凛を見つめていたから。
「主様……?」
囁く凛に、伊勢屋はゆっくりと口を開いた。
――鬼灯の笛は、もう吹けるようになった?
「え……?」
いつか迎えに行くって約束をしたよね。……凛は小さかったから、忘れてしまった?



惣一郎は廻船問屋をしているので異国の珍しいものも入手して凛始め遊 郭の人たちに振る舞います。ショクラアトや葡萄酒など貴重なものばかり!
凛には特別に自鳴琴をプレゼントしとても喜ばれます。このシーンはスチルも綺麗で、仄かな灯りに照らされた凛がまるで宝箱を目の当たりにしたかのように見つめ、惣一郎はその凛の姿に微笑んでいます^^。

残念なことに、やがて自鳴琴は手元から離れてしまいます。惣一郎は籠の中にいる凛にたくさん夢を見せてくれて、でも最終的にはたくさんの高価な物ではなく惣一郎と凛の身一つが残り、それが幸せというところが好きです。大恋愛という感じがしませんか?
シンプルだからこそ想いが際立つお話だと思います^^



ちなみに悲恋エンドも美しいのでぜひご覧いただきたいです。これはこれで(成就したというか、成就させるために来世に身を賭したというか、なんであっても最後に目に焼き付く光景が見知ったものであり、約束の人であったこと)が幸福に取れました。



3 P)は惣一郎ルートで見ることができます。相手は(惣一郎と時雨)です。
内容はかなりハードで、(国外逃亡して凛は軟 禁状態。時雨は家 畜とほぼ同等の扱いを受けます(;´Д`A ```)。と言っても彼は凛に陶酔しているのですからある意味幸せそうにも見えます。
ここに至るまでが私にとっては結構あれで・・・凛の手元狂いすぎ!
思わず(ム○カ並みに目がー目がー!と手で覆ってしまいました(苦笑))。
そういう状態になったからこそ彼は(飼われるような形になり)凛を無我夢中で貪 るわけです・・・。
惣一郎は(時雨を)汚いものでも見るように見下しています。
しかしそちらにい れることより凛の後 ろを初めて穢 せることの方が惣一郎にとっては嬉しいのですね。わからないでもないですが、(な か に出 さないよう忠告している)とはいえ、惣一郎が(彼の行動を色々許してあげているのは)意外と優しいのか?と・・・。凛を 気 持 ち良くするためだと言っても、(憎き敵)なわけですし。





テーマ:

こんばんは。
18 禁 乙女ゲーム「吉原彼岸花」レビュー第4回です。


※18歳 未満の方の閲覧を固く禁じます。


あまりにネタバレがひどい時は白字にしていますのでドラッグしてお読みください。
ただ、白字にしていなくても結構なネタバレをしていますので、プレイ予定の無い方、コンプ済みの方用かと思います。ネタバレNGの方はご覧いただかないようお願いします。






朔夜
(CV.木島宇太)



凛含め桜華屋の上級遊女の髪結いを担当しているのが朔夜です。毎日店へやって来て髪を結っています。髪結いとしての腕は独立も可能なほど良いようです。
体験版をプレイなさった方ならおわかりでしょうが、朔夜は初めの頃寡黙で黙々と仕事をこなしています。なので、仕事と恋愛は分けて考えているキャラだと思っていました。
ところがどっこい!w凛が天然で誘惑しちゃっているので気づけばものすごく惚れられています。
凛目線で話が進むので、彼女が手練手管で篭絡しているという風には思わず、ただ確かに考えてみるとこれは惚れさせているな、と。
最初は朔夜が実は甘いもの好きという一面がわかり凛が少し気を許して、凛が(拾った猫を連れ帰れず右往左往していると偶然通りかかった朔夜が飼ってくれることになり名前を付けて彼の家まで見に行くようになり、訳あって朔夜は読み書きができないということがわかり凛が教えてあげることになり・・・
ね?普通でしょう?・・・たぶん・・・。いや、(猫の為とは言っても家に頻繁に訪れていたのは)うかつだった気もしますが・・・。
その1つ1つが朔夜の心には特別になって積もっていってしまったんですよ!で、爆発しちゃうんですよ!!!


凛が周りからも朔夜との関係を気にされるようになり自制するため(文字を教えるのをやめ)元の関係に戻ることに決めた時も、傷つく彼におしまいを言いつつも最後の我儘とお願いされて本名を彼の掌に書いてしまって2度も音を乗せてしまいます。
「――凛。私の名前は、凛よ」
これはたまらない・・・朔夜が諦められないのがすっごくわかります・・・(´・ω・`)
おまけに朔夜にとっては初恋で、誰よりも素直で真っ直ぐに想いをぶつけてくるんですよね。だからこそ嬉しいのも辛いのも悲しいのも全部受け止めた瞬間から言葉や表情に出てしまって見ている私の心が痛いよー。ってそんな歌詞どこかにあったな。



個人的に1番萌えたのは凛と朔夜が初めてした時
「……ずっと、こんな風にしたかった」
「凛さんを抱 きしめて……口を吸って、その先も……」
「……何度も想像して……自分で し てた……」

>┼○ バタッ
人間何に萌えるかよくわからないなと改めて思いましたよ。萌えは何気ない中ところに突然やってくるのです!
あまり朔夜から性 よ くを感じなかったからか、彼がひとりで し てたと告白して、想像したらすっごく萌えました!!!その美しい容貌でど ー てーというのもいいですし(*´∇`*)年上のお姉さんに筆下ろしされる様がえろい!!!こういう作品で女性が上に乗って・・・というシチュは今までありそうでなかったので(忘れてしまっただけかもですが)、絶妙に朔夜が翻弄され喘 がされているのが素晴らしかったです☆



あと、(平仮名で)毎回手紙を書いてくるのですが、最初は他愛ないものだったのに徐々に「あいたい」「またうちにきてください」などのストレートで切々としたものに変わっていきます。短い文の中にぎゅっと凛への想いが詰め込まれていて(ただの文字の練習)じゃなくなっているのは明白!
初めて凛から返事を書くと・・・!そのシーンもオススメです^^とにかく可愛い!!!

他には、朔夜は立ち絵にしてもスチルにしても横顔も美麗なので、一瞬に息をのむことが多々ありました。思わず指でカメラを作って記憶に残したくなる感じ、でしょうか。



この2人のお話は、お互いの立場があるので距離を置こうとする凛と、好きという気持ちを抑えられない朔夜の恋が描かれています。
いざ朔夜が決別を心に決めても今度は凛が朔夜を失いたくなくなっているんですよね。



朔夜が(読み書きができないことや嘘をとても嫌う)という設定が生かされた事件が起こり、凛は彼の為に傾城の花魁に相応しくない行動に走り、またそれを時雨が目ざとく見張っていてという・・・なかなか難儀な恋路が展開していきます。
ハッピーエンドはとびっきり甘い!のですが(色々な意味で^w^)、バッドエンドは悲しかったり黒かったり様々です。私はあの凍った曇天が悲しかったです。
個人的に1番好きなハッピーエンドは朔夜なので、皆さんもご覧になってみてください♪



AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。